周回遅れでもいいんだよ。

今頃こんなことしてますよ的なブログです。


テーマ:
くのんが入院してひとりになったので、久々にB2000Wを引っ張り出してみた。
くのんは気にしないというけれど、あれは鶴の恩返しと同じで『誰かが見てる前だと触りにくい』のですよ、おいらの場合。
元々打ち込み派なのでプレイヤースキルが高いわけじゃないし(むしろ低い)。

そして電源を入れてみると…

Battery Low

の表示が。
これは困ったことになったなと、しららは試しに『B2000 バッテリー』とぐぐることにしたのでした。

すると、
実際にB2000のバッテリーを交換された方がいらっしゃるではありませんか!
しかも、この方もB2000Wだったりする!
http://blogs.yahoo.co.jp/aaaabbbbddddxxxx/26897516.html
留美音さんのありがたい記事に敬意を表しつつTBしてみましたが、うまくいってなかったらゴメンナサイです(汗)。
おいらのB2000Wは留美音さんが書かれた記事のとおりにするとうまくいきました。
作業自体に難しい箇所はありませんが、お手持ちのB2000が同様にできる保障はいたしませんので、作業は自己責任でお願いしますね。
なお、万が一のことを考えると、データのバックアップは作業前にやっておいたほうが良いでしょう。

用意するもの(EOS本体除く)
・ プラスドライバー(ビスと合うサイズのもの) 1本
・ 布団か毛布等のクッション 1個
・ リチウム電池CR2032 1個

1:裏板の取り外し
B2000の電源プラグを抜いたら、シンセ本体をひっくり返します。
このとき、布団か毛布をクッション代わりにしたほうが安全かと思われます。
B2000自体の重量が20kgくらいありますので、液晶画面やノブ、ホイールなどに負荷がかからないよう注意してください。

B2000の裏側は中央及び左右スピーカー裏側の3つの部品に分割されていますが、今回の作業で取り外す必要があるのは中央の裏板だけです。
裏にひっくり返して最初に目に付く黒い板は取り外しても意味がないので、そのままです。
それ以外の25本のビスを取り外していきます。
ただし、25本のビスのうち4本だけは長いので注意が必要です。

20090716212552.jpg
中央の裏板を取り外したところです。
左右のスピーカー裏側の板は取り外す必要がないので、そのままです。

2:電池の交換
さて、B2000の電池がどこにあるかというと、中央基盤の左下、フラットケーブルの裏に隠れています。

20090716214415.jpg
上の図は電池がある場所をアップにしてみたものです。
では、フラットケーブルをめくってみます。

20090716214519.jpg
電池が出てきました。
おいらのB2000Wに使われていた電池はソニー製でした。
たまたまそうだった、というだけで、深い意味はありません(笑)。
さて、この電池を交換するわけですが、B900以前と違い、B2000は電池を簡単に取り外すことができます。
調べているときに分かったのですが、どうやらB900以前は電池に半田付けがされているようです。
余談はさておき、電池の取り外し方です。

電池を図の右方向に指で押し込み

押し込んだ指を上に傾ければ、簡単に取り外せます


くれぐれも

   無理やり電池を取り外そうとして基盤を壊すことにないように!

お願いいたします。
ちなみにおいらは、最初、取り外し方が分からず無理やり取り外そうとして、基盤を壊しかけました(笑)。
そして、用意した新しい電池を先ほどとは逆の要領で取り付けていきます。
電池の上下はプラス面が見えるように取り付けます。
くれぐれも、電池の取り付け方向を間違えないように気をつけてください。

3:裏板の取り付け
最後に、1と逆の要領で裏板を取り付けていきます。
このとき、

25本のビスのうち、4本だけ長いビスがある

ビスをまっすぐ取り付ける

の2点に注意してください。

以上で完了です。
非常にあっさり終わりましたが、これをヤマハに依頼すると1万円ほどかかるそうです。
今回、おいらが使ったお金は電池代200円ちょっと(笑)。
電源を入れてみて『Battery Low』の表示が出ず、かつ、VOICEを適当なものに変更して、EOSを再起動した際に先ほど選んだVOICEが表示されていたら正常です。
電池が切れていると、起動直後のVOICEは強制的に『Dist B2000』となってしまいます。
ちなみに、電池交換をしても、サンプルは消えていませんでしたが、事前のバックアップは推奨です。

残念ながら既にB2000は生産終了となっています。
しかし、シーケンサーの使い勝手がよくて好きなシンセですので、長く使っていきたいものです。

余談:B2000の基盤を眺めていたら、日立SH-4等の表記がありました。
どうやら『ドリームキャスト』のCPUもSH-4らしいです。
B2000って、そんなに贅沢な部品を使っていたのか、と驚きです。
本体価格が税抜き248,000円もするわけだ…。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
E3でFF4続編がWiiウェアで英語版のみ発表されて悔しい思いをしていましたが、ようやく日本語版が7月21日でるぽいです。(byファミ通)
携帯電話版同様に小出しにしていき、9月頃に全編が遊べる予定だとか。

Wiiポイント取っておいて良かった~。
ちなみに800ポイントらすいですが、ファミ痛の立ち読みでは毎回800なのか全体で800なのかは確認できませんでした。

しかし帰宅後…

公式サイトにて

本編が800Wiiポイント(800円相当)
追加シナリオが1ストーリーにつき300から800Wiiポイント(300~800円相当)

と確認できました。
よって、める凸は中止。

しかし、参考までに携帯電話版の価格は

本編が800ポイント(800円相当)
追加シナリオが1ストーリーにつき300から500ポイント(300~500円相当)

と、明らかな

値上げ

が認められます。
う~む、買うべきか迷うところです。
ドラクエ9の定価に続き、これがスクエニ価格(By和田)なのでしょうねぇ…。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。