【祭礼衣装】地下足袋の選び方 | 制服のシラカワBlog【堺で選ばれ続け65年】

制服のシラカワBlog【堺で選ばれ続け65年】

シラカワの歴史は、堺の学生服の歴史。
店舗情報や地域情報、マメ知識など幅広く発信しています!


テーマ:

 

地下足袋の選び方

 

祭の必需品、地下足袋。

どう選ぶのが正解か、プロの視点からアドレスいたします。

 

【エアーは必要?】

地下足袋の話になると、エアーが必要かどうかよく聞かれます。

 

祭中に歩くことが多いからはエアーをお勧めしています。

疲れが全然違います。

 

ふとん太鼓をしっかり担ぐ方にはエアーなしの祭ジョブをお勧めしています。

踏ん張りが効くので、担ぎやすさはエアーなしに軍配があがります。

 

中には担ぐ前までのエアーと担ぐ専用にエアーなしを買われる方もいています。

 

【サイズはどれがいい?】

サイズは基本的には普段の靴と同じで大丈夫です。

ただ、足の甲の高さなどで感じが変わるので試着をお勧めします。

 

また、0.5ピッチでしっくりこない場合はインソールの使用でピタッとくることが多いです。

サイズが合わないと疲れや靴擦れの原因となりますので、足に合った足袋でお祭りを楽しんでください。

 

【色はどうすればいい?】

色に関しては、各町で決まっていますので、それに従って下さい。

ほとんどが白か黒のどちらかです。

 

 

【ご相談ください】

サイズや種類に迷われたときは、スタッフにご相談ください。

ヒアリングを通し最適の地下足袋をご提案いたします。

制服のシラカワさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス