【中学校】制服の選び方~素材遍~ | 制服のシラカワBlog【堺で選ばれ続け65年】

制服のシラカワBlog【堺で選ばれ続け65年】

シラカワの歴史は、堺の学生服の歴史。
店舗情報や地域情報、マメ知識など幅広く発信しています!


テーマ:

制服の選び方~素材遍~

 

制服選びに大切な素材の特徴についてお話します。

 

冬の学生服に使われている素材は主にウール(毛)とポリエステルの2種類です。

その配合率によってなにが変わるのでしょうか?

 

【ウールの特徴】

ウールとは皆さんご存知の通り羊の毛です。

 

●ウールの3大メリット●

1.柔らかくでしなやかな風合い

2.暖かい

3.色が深い

 

柔らかくて暖かい、そして深い色合い。

高級素材なのです!

冬物にはもってこいの素材です。

 

●ウールのデメリット●

1.手入れが難しい(ナイーブ)

2.乾きにくい

3.虫食いの可能性がある

 

高級素材のウールは繊細な生地なので、お手入れが難しいです。

そして、天然繊維のため虫が食うこともあります。

 

【ポリエステル特徴】

ポリエステルは主に石油を原料とする化学繊維です。

皆さんも馴染み深いものだと思います。

 

●ポリエステルの3大メリット●

1.耐久性が強い

2.乾きやすい

3.しわになりにくい

 

強くて速乾性のある素材ですね!

 

●ポリエステルのデメリット●

1.テカりやすい

2.吸水性が弱い

3.毛玉になりやすい

4.静電気が起きやすい

 

制服がテカる!これはポリエステルの仕業だったのですね。

そして、乾きやすい反面吸水性に劣る。

 

ここからは男女別にお話を進めます。

 

【男子学生服の素材】

 

男子冬服

・ポリエステル100%

・ウール20%、ポリエステル80%

・ウール30%、ポリエステル70%

・ウール50%、ポリエステル50%

 

制服のシラカワでは主にこの4パターンご用意ございます。

 

制服のシラカワおススメはウール30%の商品です。

 

~なぜウール30%がおすすめなのか?!~

男の子は女の子に比べ活発に動き回ることが多いと思います。

なので、丈夫さ・速乾のポリエステルを70%

でも、「テカるのイヤ!」「暖かくないとイヤ!」というごもっともなお声にウール30%

 

ウール30%・ポリエステル70%は丈夫かつ暖かく、綺麗に長く着て頂ける割合です!!

同じ配合率の物でも生地により違った特徴を持っています。

 

皆さんそれぞれの希望に添って、丁寧に各商品説明いたします。

 

 

【女子学生服の素材】

 

女子冬服

・ウール50%、ポリエステル50%

・ウール70%、ポリエステル30%

 

女子学生服はウールの配合率が高くなっています。

やはり女の子は風合いを大事にされる方が多いです。

制服のシラカワではウール50%の商品をお勧めしています。

※ウール50%の物でも数種類ございます。

 

~なぜウール50%なのか?~

一番はお家で洗濯OK点です。

頻繁に洗濯するものではないのですが、いざという時はお家で洗濯できないと困りますよね。

また、女子冬服は使われている生地が多いので、ウールが多く軽い生地としておススメしています。

 

 

いかがだったでしょうか?

素材の特徴、配合率でなにが変わるかわかっていただけましたか。

もちろん、制服の違いは素材だけではございません。

知識豊富なスタッフが親切・丁寧にご説明いたします。

 

 

~取扱い中学校~

中学校

月州中学校・大浜中学校・陵西中学校・浜寺中学校・浜寺南中学校

旭中学校・三国丘中学校・長尾中学校・東百舌鳥中学校

中百舌鳥中学校・金岡南中学校・殿馬場中学校・三原台中学校

原山台中学校・福泉南中学校・庭代台中学校・美木多中学校・他

制服のシラカワさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス