日本の国籍法について調べてみた | 元小学校教師による学校現場目線からのメッセージ

テーマ:

 

 

 

 

日本の国籍法について簡単に調べてみました。

日本の国籍法は、なんと、つい最近の1985年まで、日本人父親の子どもにしか国籍が与えられない「父系血統主義」をとっていた。

例えば、アメリカ人男性と日本人女性の間の子どもには日本国籍が与えられていなかった。

大坂なおみは当時だったら、日本の国籍は取れなかった。

1985年国籍法が改定され、日本人母親の子どもにも日本国籍が与えられる「父母両系血統主義」が採られることになった。このほか、帰化条件に関しても男女平等になった。

ところが、外国人女性と日本人男性の間の子どもにも日本国籍が与えられると、これまで以上に二重国籍者が増えることになるため、「国籍選択制度」という、二重国籍者を管理・排除しようとする仕組みが導入されることになった。

ということで、生まれつきの二重国籍者は22歳に達するまでに、国籍を選択しなければならない。

期限内に選択をしないと、法務大臣名で本人に書類が送られ、国籍の選択をするように催告がなされる。催告を受けた者が1カ月以内に日本国籍を選択しなければ、日本国籍を喪失することになる。

……、こんなことを子どもたちにも話をしてあげたらどうだろうか。

しおちゃんマン(塩崎義明)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス