「譲る」ということ | しおちゃんマン★ブログ

しおちゃんマン★ブログ

学校現場目線からのメッセージ~教師たちへの応援歌~


テーマ:

おそらく全国的な低学年の子の傾向だと思うのですが、「譲る」という行為ができない子がほとんどだということ。

 

 

自分本位で譲らない、誰が先にやるかでトラブルになる…、そういった毎日をおくっている低学年の教室が多いのではないかと。

 

 

「先にやっていいよ」「自分は我慢するからあとからでいいよ」といった、仲間に対しての「譲る」という行為は、5歳までの友達との関わりの中で育てていかなければならない難しい課題。それができていないのでは?

 


なんでも自分でしないと気がすまない、自分の意見をなんとしても通そうとする、嬉しい・悲しい・悔しいなどの感情をストレートに表現する……、こういったことだけでは友達関係を維持していくのは難しくなるとを4,5歳までに学んでおかなければならないのです。

 


気になるのは、そういった発達をできなくしている子育て環境、幼児教育環境ってなに?ということ。

 

 

そういったことを研究するのが幼少連携であって、幼少連携とは生活マニュアルを揃えることではないということです。

しおちゃんマン(塩崎義明)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス