「権威」で人を見て、人から見られること | 作家☆鈴木詩織のブログ

作家☆鈴木詩織のブログ

愛知県で作家をやっています。

小説とかエッセイなどを書くのが好きです。

お楽しみいただけたら光栄です。


テーマ:

 

「〇〇賞受賞」だとか「世界を股にかけて仕事してます」だとか。

 

 

素晴らしい受賞歴やら仕事。そういうのに人間性が伴っていれば問題ないけれど、中には自分で「私ってすごいでしょ?!」って周囲に言うためのネタにしかなっていない人もいる。

 

 

そういう人は本人が気づかないうちに「イタい人」っていう目で見られてしまいます。

 

 

一方で。

 

 

「あの人は〇〇賞受賞者だからすごい!」だとか「世界を股にかけて仕事してるなんてすごい!」だとか。

 

 

そういう人の背負っている「権威」しか見てない人も相当浅くて「イタい人」だなって思います。

 

 

他人のことを表面でしか見られない人。もっと中味を見ようという気になれない人。その程度の感性しかない人。

 

 

結局背負う「権威」って門みたいなものなのでしょう。

 

 

門が立派なだけではダメだし、門だけで全てを評価しようとしてはいけない。

 

 

そしてもう一つ。

 

 

門が立派なら多くの人が「中に入ってみたい」と思うもの。だから門を造るなら門の中身も造らないといけないということ。

 

 

多分そういうもの。

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンド

 
kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌
『Chocolate』
を毎月刊行しています。
 
コーヒータイムのお供に、
チョコっと心がほぐれる文章を提供します。
 
1冊250円です。
 
今月号はこちら下矢印
 

 

Chocolate vol.16 Chocolate vol.16
 
Amazon

 

 

電子書籍も販売中です合格
 
 
ランキング参加してますひらめき電球
ワンクリックお願いします下矢印
 
 
にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ
にほんブログ村
 

人気ブログランキング
ダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンド
 

鈴木詩織さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス