気持ちを切り替えないと縁も切れちゃうよ! | 作家☆鈴木詩織のブログ

作家☆鈴木詩織のブログ

愛知県で作家をやっています。

小説とかエッセイなどを書くのが好きです。

お楽しみいただけたら光栄です。


テーマ:

 

 

先月は気持ちも体調も運気もズドーンと落ちてしまって。嫌なことが重なったこともあって、泣いてしまうこともあったり。

 

 

そうなってくると仕事に対しても自暴自棄になりかかる場面も多々アリ。

 

 

「もう私何やってもダメだわ。もうほんと何やってんだろ、私。やってもやっても無駄じゃん」

 

 

なんてことをぐるぐる。

 

 

月が変わったのと、乙女週間が終わったのが重なったのもあって、今はだいぶ気分が安定しているものの。それでもやっぱりまだまだ仕事に希望が見出せずにいます。

 

 

「どうせ無駄」

 

 

ふとした瞬間にそんな暗い気持ちがスッと心を冷たく撫でる。

 

 

そんな気持ちを引きずりつつ、先日はモデルのお仕事の現場へ。

 

 

この日もまだまだ自暴自棄モード。正直なところ、自宅で仕事をしていた方がお金の上でプラスになるんじゃないかなんてことまで考えていました。(実際のところはお金をもらう時まで分からないのですが)。

 

 

現場で一緒になった同じ事務所の女性が。

 

 

「この仕事お金でうんたら言っちゃうのって、あんまりこの仕事に向いてないのかもしれません」

 

 

って言われちゃいました。

 

 

そうなのかな……とも思いつつ、私にも生活費を稼がないといけないという現実もあるのも事実。

 

 

私のそういう事情も踏まえてくれた上で彼女は、

 

 

「そうやって自暴自棄になってると、仕事との縁も切れちゃうからどっかで気持ちを切り替えないといけない」

 

 

……胸に刺さりました。

 

 

そして、

 

 

「鈴木さんこの仕事を『辞める理由がないから続けてる』って言ってるけど、続けてる以上なんだかんだ言ってこの仕事が好きなんだと思います。自暴自棄になっちゃう人って別に珍しくはないけど、そこで気分無理やりにでも上げていかないともっと悪い状況になってっちゃいますよ」

 

 

って。

 

 

そうだよな……。

 

 

最初「向いてないのかもしれない」と言われた時、正直ちょっとムカっとしたんです。

 

 

それが正解で。

 

 

私、この仕事本当に好きなんだな……。嫌なことも、悩むことも多くても、それでも好きだから続けているんだろうな。

 

 

別に彼女がの性格が悪いだとかではなく、言われたくないことを言われたから心が瞬時に反応した。

 

 

その反射が、私の本音。

 

 

だって私昔大っ嫌いだった会社辞めてるもんね!恨み倒して辞めてるもんね!私は嫌なことを辞めるだけの勇気がある人間だってこと、もう証明済み。

 

 

運に左右される仕事だし、自暴自棄になっちゃうのってある意味仕方ないんだけど。そこで自暴自棄を断ち切らないと本当に仕事の上での縁って切れちゃう。好きなんだから仕事の縁は大事にしないといけないし、そのためにも早くこの自暴自棄モードから脱さないと。

 

 

頭では分かってるんだけど、時々現場で一緒になる彼女から改めてそう言われると胸に響いちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンド

 
kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌
『Chocolate』
を毎月刊行しています。
 
コーヒータイムのお供に、
チョコっと心がほぐれる文章を提供します。
 
1冊250円です。
 
今月号はこちら下矢印
 

 

Chocolate vol.16 Chocolate vol.16
 
Amazon

 

 

電子書籍も販売中です合格
 
 
ランキング参加してますひらめき電球
ワンクリックお願いします下矢印
 
 
にほんブログ村 本ブログ 作家・小説家へ
にほんブログ村
 

人気ブログランキング
ダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンドリボンダイヤモンド
 

鈴木詩織さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス