作家☆鈴木詩織のブログ
私の作品一覧が見られるamazon著者ページはこちらです。↓

  • 19Jan
    • 「豊かな社会の実現」と言いながらも、出世欲だってもちろんあります

      こうして毎日好きな仕事をさせてもらっていますが、ちゃんと目標もあります。一つは「豊かな社会の実現への貢献」。もう一つは「自分自身の立身出世」。もう何度もこのブログなりSNSなりで「私は豊かな社会を実現するために今の仕事をしている」と言ってきましたが、その気持ちは本当です。一方で「有名になりたい」「たくさんのお金を稼ぎたい」という気持ちも本当です。立身出世は社会貢献のための手段でもあるけれど、それ自体が目的でもあります。私だって有名になりたいし、たくさんのお金を稼ぎたいです。今好きなことを仕事にしているのは、自分自身の欲望のために働いている面ももちろんあります。それの何が悪いとすら思っています。立身出世の欲望を抱くのと、社会のことを思う気持ちは両立するものです。社会への思いと自分の欲のバランスをとりながら仕事をすることが、一番うまくいくものではないでしょうか。変に純粋ぶって「私は無欲で、社会のことだけを思っています」なんて言うのは危険な気がします。仕事における自分の欲望は、社会貢献への手段でもあるので。自分の欲望の否定の上に、社会貢献は成り立ちません。それが「仕事」というものだと思います。kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      NEW!

      テーマ:
    • 私が落ち込んでいる時

      仕事で私が落ち込んでいる時は、だいたい「思うように本が売れない」というネタです。今でこそ、読んでくださる読者がいるものの、以前は本を出してもほとんど相手にされず苦しんでいました。今だって、もっともっと読者を増やしたいと思っています。思うように読者が増えないから悩んでいるんです。そんな私に「頑張って」と励ますことがいかに無意味か、少し想像すれば分かると思います。読者が思うように増えなくて悩んでいるのに、野次馬サイドの人間に「頑張って」と言われたところで元気になれるわけがないじゃないか。中には「ずっと頑張っていれば、ちゃんと見てくれる人が現れるよ」なんて言ってくる人までいる。「お前は私のことを見てくれないんかーい!」そうツッコまざるを得ません。野次馬サイドから励ましてくる奴なんざ、所詮ただの偽善者でしかないということは分かっています。私が落ち込んでいる時は、思うように読者が増えない時です。もっと言うと、作家の活動を通して「豊かな社会を実現していきたい」という私の思いを理解してくれる人が少ないと感じている時です。だから、本当に落ち込んでいる私を励ましたいのであれば、「よし!一緒に頑張ろう」と言って欲しいし、「もっと作品を広めるように私も協力するよ」と言われれば結構元気になれます。「何のために作家をしているの?豊かな社会を実現するためでしょ!」そうやって言ってもらえると、「私の思いって意外と理解されてるんだな。頑張ろう」って気になれます。kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      NEW!

      テーマ:
  • 18Jan
    • 死ぬまで働きたい

      割と昔から思っていたこと。「老後の資金について不安に思うのと、将来仕事から引退する前提って矛盾してない?」今の作家とライターとモデルの仕事が大好きで、今のところ死ぬまで続ける気でいます。確かに今好きな仕事をしているからこそ、老後の話をしている人が不思議になる……というのも大きいかもしれないけれど、割と会社員時代から「死ぬまで働く」という意識は私の中にありました。今の仕事、大好きです!!!悩むことはもちろんあるけれど、どの仕事も楽しくやってます。引退なんか考えたこともありませんでした。作家の仕事の話をすれば、今あるネタを全部書ききるだけでも30年かかる試算です。これから先にネタが増えることも考えると、120歳くらいまで生きないといけないと思います。モデルの仕事も含め他の仕事にも死ぬまでそんな感じで死ぬまで働く意思があります。引退とか考えている場合ではありません。確かに会社員時代から死ぬまで働くつもりでいたけれど、こうして前向きな気持ちで「死ぬまで働く!」と言い切れる乗ってやっぱり私が幸せな証拠でしょうね。kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 17Jan
    • 「アイディアがどんどん湧いてくる!」という状態の代償は大きい

      仕事をしていると「アイディアがどんどん湧いてくる!じゃんじゃん書ける!うぉぉぉ!」という瞬間は確かにあります。確かにそういう時はものすごい勢いで仕事ができたりもします。……でも、個人的にそういう瞬間が来るのはあんまり嬉しくないです。むしろそういう瞬間が来てしまうと警戒してしまいます。脳みそが120%くらいの働きをしたあとってクタクタに疲れてしまいます。カーッと頭を使ったあとは脳みその働きが40%にも満たない……という状態がしばらく続きます。40%の稼働率に落ちた私の脳みそはかなりネガティブになります。仕事は全然捗らないし、捗らないことにイライラもするし。後にこういう辛い時期がくることが分かっているから、脳みそが極端に冴え渡る日はあまり来ないで欲しいと思っています。理想的なのは60%くらいの脳みそ稼働率が毎日続くこと。毎日60%だと、激しい波もなく健康的に、しかもクオリティとしてはいいものが一番作りやすいです。ただいま無料キャンペーン開催中です。 7.懐王 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 16Jan
    • エッセイ雑誌『Chocolate』の本音

      「有意義な暇つぶしになる読み物」として毎月1日に発行しているエッセイ雑誌『Chocolate』ですか、よくよく考えると自分でも疑問に思うことがあります。……最近の私、チョコレートを食べてない……。20代前半の頃はコンビニなんかで買ってまで食べていたのに、今はそこまで「食べたい」と思わない……。もちろんチョコレートは好きですけど……以前のように「今すぐ買って食べるぞ!」という気持ちはない……。なんで自分で発行するエッセイ雑誌に『Chocolate』なんてタイトルをつけたのか。それは自分の中で「コーヒーのお供にはチョコレートでしょ」という強烈な主観があったからです。積極的にチョコレートを食べなくなりましたが、今でも「コーヒーとチョコレートは恋人」と勝手に思っています。今も昔も、コーヒーを飲みながらチョコを食べるのが好きなんです。だから「コーヒーを飲みながら読む読み物」という意味で雑誌の名前を『Chocolate』にしました。ちなみにエッセイ雑誌の『Chocolate』は「駅前のドトールコーヒーで飲む時に読むもの」というイメージで作っています。駅でちょっと人だとか電車を待つ時間に、コーヒーを飲むことって多くの人に経験があると思います。その時にちょっとスマホで読むもの……としてのエッセイ雑誌『Chocolate』です。ちょっとした隙間時間に、コーヒーでも飲みながらちょこちょこっと『Chocolate』読んで「有意義な暇つぶし」をしてもらう。そういうイメージで毎月エッセイ雑誌『Chocolate』は作っています。ただいま無料キャンペーン開催中です。 7.懐王 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 15Jan
    • 私だって有名になりたい売れるようになりたい

      私にだって野心はあります。「もっと売れるようになりたい!」「もっと有名になりたい!」どんなに「豊かな社会の実現を目指して作家活動をしています」と言っていたとしても、仕事でやっている以上私個人としての目標だって当然あります。もちろん売れることだとか有名になることは「豊かな社会の実現」のための手段でもありますが、私個人の話に限って言えばそれ自体が目的です。そもそも仕事ってそういうものだと思っています。仕事って他人への思いやりと、自分の利益の両方を考えてするものです。このバランスが崩れた時、仕事は崩壊するとさえ私は思っています。過去に私はこのバランスを崩して盛大に失敗し、恥をかいたことが何度もありました。他人の利益のために身を削って体を壊しただけではなく、自分の利益しか考えずに周りに迷惑をかけたことなど何度あったことか。過去にたくさん恥をかいたからこそ、「豊かな社会実現」と言いながら同時に「有名になりたい売れるようになりたい」と言っている今自分のことを少しもおかしいと思っていません。周囲への思いも、自分の欲も、どっちも本当であり、仕事をする上ではなくてはならないものです。これは「好きなことを仕事にする」以前に、全ての仕事に言えることではないでしょうか。kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 14Jan
    • 私が欲しいのは「賞賛」ではなく「賛同」

      今まで「すごいですね」「素敵ですね」と言われたことはたくさんありました。「頑張ってますね」「努力家ですね」も言われてきました。そして「これからも頑張ってください。応援してます」なんて何度言われたことか。けれどもそういう賞賛の言葉にはほとんど意味はありませんでした。賞賛の言葉をかけてくる人は、別に私の取り組んでいることを理解している訳ではありませんでした。だから私がいざ前進しようとすると、今まで私を賞賛していた人たちはあっさり姿を消しました。そんなことを何回も、何年も繰り返してきました。「賞賛されるだけありがたく思え」と言われたこともありますが、どんなにポジティブな言葉を言われたところで、私のことをまるで理解していないのだからその言葉には意味がないのと同じです。今まで私に「すごい」なんて言っていた人は、実際のところ別に相手なんか誰でも良かったのだから。そんな言葉に意味などないだけでなく、むしろかけられるだけ孤独になって苦しめられてきました。だから私が「たくさん賞賛されてきました」と言ったところで虚しくなるだけで自慢にも何にもなりません。私は今、豊かな社会の実現を目指して活動をしています。豊かな社会を実現させるために活動している私に対して「すごいですね」という言葉が無意味であることくらい、少し考えれば分かると思います。私がずっと求めてきたのは「賞賛」ではなく「賛同」です。「私も一緒に豊かな社会を実現していきます!」そういう姿勢を私は読者に求めてきましたし、日々の文章を執筆しながらも求めています。そしてこれは今に始まったわけではありません。2014年に初めてミスコンに挑戦した時から、ずっとそうやって思ってきました。あの時はまだまだ漠然としていたから、私自身の伝え方にも限界があったかもしれません。けれど当時頑張っていた私に、ただポジティブな言葉をかけるだけで満足しているような人は根本的に思考力が足りていないと思います。あの頃も、今も、そしてこれからも、私は別に「すごいですね」という褒め言葉が欲しくて活動をしているわけではありません。「一緒に社会を豊かなものに変えていこう!」そういう賛同の姿勢を求めながら、ずっと活動をしてきました。これからも求めて活動していきます。こうやって自分の活動に取り組んでいる私に対して「すごいですね」くらいの感想しか抱けないのであれば、少し考え直して欲しいです。賞賛している時点であなたは遅れています。ただいま無料キャンペーン開催中です。明日の夕方までです。 1.始皇帝の崩御 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 13Jan
    • 私が作っているもの

      私は今、作家を名乗っています。単純に言ってしまえば私の仕事は「文章作品を作ること」です。けれども私は日々やっている自分の仕事をそういう風に思ってはいません。私は読者にとって「有意義な暇つぶし」になるような読み物を作っています。忙しく過ぎていく日々の中で、心が震えるほんの一瞬の時間の積み重ねが、人の人生を豊かにするものだと信じています。その「心を震えさせるほんの一瞬の時間」を私は「有意義な暇つぶし」と名付け、広めるために数年前から作家活動を始めました。多くの人に「有意義な暇つぶし」を提供し、積み重ね、豊かな人生を歩んで欲しい。「有意義な暇つぶし」を積み重ね、豊かな人生を歩めるようになった人を社会全体に増やして、社会全体を豊かにしたい。そう思いながら日々作家活動をしています。作家の私が日々作っているものは、ただの文章作品に非ず。全ての人が自分の能力を思う存分に発揮できる、「豊かな社会」を、作品を書きながら目指しています。ただいま無料キャンペーン開催中です。 1.始皇帝の崩御 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 12Jan
    • 無料キャンペーンの裏には想像した通りの裏がある

      もちろん、無料キャンペーンをするのにはちゃんとした目的があります。私ももっと作家として売れるようになりたいです。そして作家としてやり遂げたいことがある以上、売れるようになる・たくさん読まれることを目指さなければなりません。より多くの人に私の作品を知ってもらうために、無料キャンペーンを開催しています。キャンペーンを開催するときは「星5つの高評価のレビューなども欲しい」とも思っています。確かに今支えてくださる読者に感謝はしています。でも、それとこれとは別の話です。私自身はまだまだ作家としての野心もあるし、目標もあります。もっともっと売れるようになりたいです。そして、売れるようになることは、豊かな社会を実現させるためには必要不可欠です。自分自身の目標を果たすために、無料キャンペーンを開催しています。「無料には裏があるんじゃないの?」と思われる多くの人がご想像される通り、無料キャンペーンにはこのようにちゃんと裏を用意しています。私は社会全体を豊かにするために作家活動をしています。関連記事私が作家活動を通して成し遂げたいことただいま無料キャンペーンを開催しています。 1.始皇帝の崩御 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 11Jan
    • 本屋で注文しすぎて、顔を覚えられていないか不安

      私は読書をほとんど電子書籍でしています。でも、「書店で紙の本を購入することは、作家さんの応援になる」といわれいるのを真に受けて、贔屓にしている作家さんの作品は書店で買っています。さらに「予約注文するとさらに効果的」とのことなので、発売日が分かり次第書店に行って注文してます。……正直どこまで本当の話なのかよく分かりませんが。電子書籍の購入でも十分作家さんの応援になるように、書籍の流通が変わってくれないかな……なんてことも思わなくはありません。そんなことを言っていても仕方がないので、贔屓にしている作家さんの本は相変わらず発売日が分かり次第予約注文していますが……。来月22日発売の古寺谷 雉先生の『項羽と劉邦、あと田中』を注文した時のこと。 項羽と劉邦、あと田中 1,296円 Amazon 店員さん「書籍のタイトルをお願いします」私「『項羽と劉邦……」店員さん(ああ、司馬遼太郎の……)私「……、あと田中』」店員さん(田中ぁ?!)なんて表情のやりとりがありました。そして今日は2月10日に発売される、友達の今井良さんの作品の予約に。「角川から出る『風俗警察』」……失礼ながら、エッチな小説を注文しているような気分になってちょっと恥ずかしかった……。内容は警察の捜査の現場ルポなんですけど……。このタイトルでエッチな想像をするような私のスケベレベルは中学生男子。私も小売店でアルバイトをしていて、常連さんの名前やいつも買っていくものも覚えたことはあります。それと同じことがあの書店では起きていそうだ……。あまり気にしてはいないけれど。そういう「本の購入にまつわるエピソード」が生まれるから、書店で本を買うのも悪くないなと思います。電子書籍便利だけど!!!だからやっぱり電子書籍で買いたい気持ちもあるけれど!!!ちなみに近所の喫茶店で私についたあだ名は「北斎」です。以前このTシャツを着て行ったら一発で顔を覚えられました。ただ今無料キャンペーン中です。 1.始皇帝の崩御 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 10Jan
    • やりたかった仕事

      今やっている仕事は、数年前にやりたいと思っていた仕事です。まだまだ伸びたいし、自分の理想を叶えるために読者の数も増やしたい。もっと仕事で成長して、お金を稼ぎたい。目指すべきところはちゃんとあります。それでもやっぱりこうしてやりたかった仕事ができるのは嬉しいです。読者と、支えてくれる夫に感謝!……ただ、最近猛烈に忙しいです。年末年始に休んだので、その分仕事を増やして詰め込んだらてんやわんやになっています。〆切は問題なさそうだけど……私は〆切前に暇になるタイプなので、今が一番忙しい時期になります。こうして仕事が忙しいことにも感謝です。ただいま無料キャンペーン中です。 1.始皇帝の崩御 項羽と劉邦 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 09Jan
    • 夫がインフルエンザに……

      ついに我が家にもやってきてしまいました、インフルエンザ。おとといの夜から咳き込んでいた夫。そして昨日の夜は「寒気がする」と言いながら帰宅しました。今朝病院に行って「インフルエンザ陽性」と診断されて、今日はずっと寝ています。私は仕事の合間に、食欲がなくても食べられるかつ栄養価がたかそうな食品を買いそろえたり、食事を用意したりしていました。「うつすといけないから」という理由で昨日から私は居間で寝ることに。……仕方のないことですが……さみしい。家の中に夫がいるのに、近寄れないっていうのがさみしいです。そして家の中に二人でいるのに、別々の部屋で寝ないといけないのもさみしい……。結婚して1年が過ぎましたが……まだまだハグとかキスとかしないと、満たされない気分になります。手を握るのさえ「うつしちゃうからダメ」と言われてしまいます。仕方がないのだけど!うつされても困っちゃうし!!年末年始で仕事ができなかったから、今月は思いっきり仕事を頑張りたいし!!!!……という思いから、今週はすでに仕事がキッチキチに詰まってます……。詰め込みました。健康であれば決して無理な量ではありませんが……もし、私まで倒れたら……だから今私がインフルエンザで倒れるわけには行かないんだ!!!!そういうわけで、満たされない気持ちを抱きながらも、ハグもキスも我慢して、手洗いうがいを徹底しながら一日中仕事の没頭していました。……没頭していたら、ブログの更新がこんな時間になってしまいました。別に誰かに怒られるわけでも、迷惑をかけるわけでもありませんが一応〆切ギリギリです。明日は明日でこなさなければならない予定があるため今夜は早く寝なければなりません。……今夜も居間で一人、さみしい夜を過ごす私……。今日の投稿がこんな風になってしまったのは、仕事に没頭していて時間を忘れたのもありますが、つまり私は今、欲求不満なんだぁぁぁぁっ!近くにいるのに「うつっちゃうから」という理由で夫に気軽に触ることもできません……。ただいま無料キャンーペーン中です。 Chocolate vol.22 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.22 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 08Jan
    • 読者への感謝……と反省

      言い訳がましくなってしまうけど、私は変なところでマイナス思考になってしまいます。水が半分まで入ったコップを見たら「半分しかない」と思ってしまうタイプです。だからついつい、私のことを見ようとしない、見たとしても見下しているような人たちばかりを見てしまうんです。どうせその人たちに愛を求めたところで、愛してくれるわけがないのに、その人たちからの愛を求めてしまう。そうやって求めて、得られないから憎んでしまう。私を見下し、馬鹿にする彼らを恨む自分を別に異常だともなんとも思っていません。……でも、今までの私はそっちを恨みすぎて、本当に自分を大切にしてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れていたのは確かです。私を馬鹿にする人間は確かにとてもたくさんいました。あまりにもたくさんいたから私は去年Facebookのアカウントを閉じたんです。一部の友達とも付き合わないようになったんです。でも、そんな中にも私を理解し、支えてくれる人は確かにいました。過去のことではなく、今私が取り組んでいることに注目してくれる人たち。私の幸せを祝福してくださる人たち。そして温かく支援してくださる人たち。去年までの私は、私のことを見ようともしない人を振り向かせることばかりを考えて、私を大切にし、支えてくださる人たちのことをないがしろにしていました。今思うと、その人たちに対してとても失礼なことをしてしまったな……と反省しています。そしてそういうところを見ると、私ってまだまだ未熟だとも感じます。だから私の今年のテーマは「読者への感謝」なんです。今まできちんと感謝ができなかった自分を自覚し、反省し、これからは自分を支えてくれる人たちに全力で集中する。年が明けて新年を迎えても、まだまだ寂しさや孤独感に苦しんではいます。それでも、私を支えてくださる方々と向き合えるよう努力して参ります。今年は読者の方々にきちんと向き合い、感謝できるように成長します。私は要領が悪いので時間がかかるかもしれませんが、これからも見守ってください。ただいま無料キャンペーン開催中です。 Chocolate vol.22 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.21 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 07Jan
    • 「毎日更新」は止まらない

      自分でも、よく毎日毎日ブログ更新ができてるよな……と思います。そんな自分を、私は褒めてあげたいくらいです。このブログ更新、もちろん作品の宣伝も目的のうちの一つですが、自分自身の「作家としての力」を鍛える基礎トレだと思いながら続けています。毎日更新することで、文章を書く習慣ができ、決められた時間内で文章を書き、期限までに公開する。さらに公開した文章は人に見られるわけなので、毎日更新しているとだんだん「人に見られること」にも慣れてくるんですよね。今はコメント欄を封鎖しているので、コメントされることもなくなりましたが(これにはこれでまた理由があります)、たくさんのコメントをされること自体からもたくさんのことを学びました。いろいろと嫌なこともたくさんありましたが、作家として「毎日更新」はやってよかったと思っています。もし今目の前に「私も作家になりたいです」と言う人がいたら「まずは毎日更新してみよう!」と勧めたいくらい!!!……しかしこんな私でも、「今日はあんまり書きたくないな……書いてもろくなものにならない気がする」なんてことは、実はかなり頻繁にあります。今日はそんな日でした。それでも私は今日の更新をしました。それだけで私って本当に作家としての才能あると思います。2年半毎日更新してると、だんだん「更新しない」「書かない」っていうのが逆に耐えられなくなっちゃうんです。あと、「更新しないこと」「書かないこと」に慣れるのが怖いです。特に明確な理由もなく「今日は気分が乗らないから」といって更新しないと、それっきりそれに慣れて途絶えてしまう気がしています。一種の強迫症状?!私は2年半こうして更新を続けてきて、たくさんのことに慣れてきました。毎日更新によって作家として必要なことをたくさん学びました。だからこそ、慣れの素晴らしさと恐ろしさを知っています。作家としての基礎トレーニングであり、多くのことを学ばせてもらえる毎日更新を、「ちょっと」お休みすることに慣れるのが、私は怖いです。例えどんなに今日気分が乗らなかったとしても、やっぱり続けていかないと……と思います。こうして続けてきたことで作家としてたくさんのことを学べただけでなく、私の理念を理解し、支えてくださる読者の皆様にも出会えました。確かに悩んだこともたくさんありましたが、得たものはとても大きかったです。ちょっと気持ちが乗らないとか、体調が悪いとかで、やめるわけにはいきません。ただいま無料キャンペーン開催中です。 Chocolate vol.22 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.21 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 06Jan
    • 「感謝」とか「謙虚」とか言ってる奴はだいたい胡散臭い

      恥ずかしながら、去年は今まで私を支えてくださっていた方々にあまり感謝ができずにいました。確かに多くの人から無責任なことをたくさん言われ、散々傷ついてたのもありましたが……。そんな人たちはどうせ無責任に適当なことを言ってるだけなんだからいちいち傷ついてないで、本当に応援してくださる人のことをもっと見て、大切にしていけばいいのに……と自分でも思います。むしろ無責任な人たちに傷ついてるのって、支えてくださる方々に対して失礼!!!!だから私は、今年はもっと日頃支えてくださる読者の方々や、夫、家族に感謝していきます。支えてくださる方々に集中して、感謝する。それが今年のテーマです。……これは嘘ではなく本気で思っています。だからこそ、日頃「感謝」だの「謙虚」だのと連呼している人間ってやっぱり胡散臭いな……と、自分で言ってみて思います。私は去年、自分のことを大切にしてくださる人たちに対して感謝の気持ちをきちんと伝えられなかったと反省しています。自分自身の傲慢さに気づいて嫌になったことなんか、何度あったことか。できてなかったから今、「今年は支えてくださる方々に集中して、感謝をしていこう」なんて言ってるんです。今感謝ができてないから、傲慢だから、私は「もっと謙虚になって感謝していかなきゃ」なんて言ってしまうんです。「感謝」だの「謙虚」だの言ってるあたり、私はまだまだ傲慢だし、人に十分な感謝もできていません。同時に日常および仕事に「没頭」もしていません。つまりやっぱりまだまだ人間として未熟です。自分に足りないのは「感謝の気持ち」だとか「謙虚さ」であること。気づいただけまだマシではあります。けれどももっと「感謝」だとか「謙虚」だとかの言葉を忘れるくらい日々の生活に没頭しないといけないと思っています。「感謝」「謙虚」なんて言わずに、人に感謝の気持ちを伝え、謙虚になれるくらい、今年は仕事に没頭します。※注意確かに去年は無責任な人たちに「詩織は傲慢だ」だの「感謝の気持ちが足りない」だのと散々責められはしましたが、この文章の中での「感謝」「謙虚」はその人たちの言っている意味ではありません。ただいま無料キャンペーン中です。 Chocolate vol.22 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.21 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
    • 量より質、質より量、どっち派?

      みんなの回答を見る質より量。量やってるといつのまにか質も伴うもの。「量より質」と言ってる人間は、すでに量をやっているか、「質の高い量」すらやってない。

      テーマ:
  • 05Jan
    • ちょっとした新しい挑戦

      noteの定期購読からは挑戦から1ヶ月で撤退したものの、今月の1日にはいつも通りエッセイ雑誌『Chocolate』をkindleストアにて発行しました。新年早々から手にとってくださる読者様もいて、本当にありがたいです。おかげさまで幸先のいい年始を迎えることができました。『Chocolate』はnote連載よりもkindleストアで続けた方がいいことが分かりました。そうやってまた一つ「正しいやり方」が分かったので、売れなかったとしてもとてもいい経験ができたと思っています。……が。今月からはまた別の定期購読マガジンを作ります。こちらはどちらかというと私が小説の技術を上げるための連載です。なんでもない日常を、小説風に描く。そういうコンセプトで連載していきます。日頃「有意義な暇つぶし」をモットーにものを書いている私ですが、こちらは私自身が成長するために書くものです。私の修行の場としてのマガジンになります。正直需要があるとかないとかはあまり気にしていません。まだまだ自分の未熟さを実感することはあるし、もっと上手く文章が書けるようになりたいとも思っています。人間的にも私はまだまだ未熟です。だからこれからも成長できるように、今年もいろんなことに挑戦し、修行を積もうと思います。年始の手始めとして、まずはこのnoteでの小説執筆を始めることにしました。1年後、小説の腕が一段と上がっていることを目指しながら続けていきます。ご興味のある方だけにお読みいただければと思います。毎週金曜日のおやつの時間ごろに配信していきます。また公開されたらご報告いたします。明日の夕方から無料キャンペーンも始まります。 Chocolate vol.22 Amazon kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.21 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いしますにほんブログ村人気ブログランキング

      テーマ:
  • 04Jan
    • 「大晦日から正月三が日の間の読書」に選ばれること

      大晦日は「終わり良ければすべて良し」の意味を込めて、正月三が日の間は「何事も始まりが肝心」の意味を込めて、私はこの4日間を何事も丁寧に慎重に行動します。 あいにく年末年始に夫と旅に出ており、私たちのこの4日間はあまり「年末年始」ムードがありませんでした。 それでも節々での選択は丁寧に慎重になります。 1年の締めくくりと1年の始まりを飾るにふさわしいものを選ぶ4日間。 読書もしかり。 大晦日と正月三が日の間に読む本はちょっと特別です。 1年の締めくくり・始まりを象徴するものなので、選ぶ時も慎重になります。 さて、私はkindleストアで電子書籍を販売して、作家を名乗っているわけですが。 アカウントをチェックすれば1日の売り上げをチェックできます。 売り上げは毎日チェックしてモチベーションにしています。 この大晦日から正月三が日の間も同じで。 この4日間特に大きな数字の変化はなくほぼいつも通りであるものの、この4日間の売り上げはちょっと誇らしくなります。 「1年の締め・1年の始まりに選ばれたんだ」 なんて勝手に想像してしまいます。 私自身が大晦日と正月に読む本にこだわる性格だから、どうしてもそんな想像をしてしまうんです。 読んでくださった読者の方々が本当はどう思っているのか知る由はありませんが……。 楽しんでいただけたら……と願いながらも、こうして私の考えでは大切な時期の読み物として選んでもらえたことはとても嬉しく、ありがたいと思います。 おかげさまでとても幸先のいい年末年始を過ごすことができました。 明日まで旅は続きますが、帰ってから仕事をするのがとても楽しみです。 引き続きお付き合いいただけたら幸いです。 kindleストアにて私のエッセイをまとめた雑誌『Chocolate』を毎月刊行しています。コーヒータイムのお供に、チョコっと心がほぐれる文章を提供します。1冊250円です。今月号はこちら Chocolate vol.21 Amazon 毎月15日にkindleストアにて「項羽と劉邦」シリーズの短編小説を連載しています。作品について詳しくはこちらをご覧ください。小説「項羽と劉邦」執筆日記電子書籍も販売中ですアマゾン著者ページランキング参加してますワンクリックお願いします にほんブログ村 人気ブログランキング

      テーマ:
  • 03Jan

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス