幸せを形づくる要素の1つとして、

「人間関係」があります。

 

 

人間は人との強い絆を感じるとき、

幸せホルモンと呼ばれる

オキシトシンが多く分泌されます。

 

オキシトシンは癒しをもたらしたり、

不安を鎮め集中力を高めてくれるホルモン。

 

 

だから、

人との絆を強く感じている人ほど、

自分自身が成長するための時間に

多くを費やすということも分かっています。

 

つまり、

良好な人間関係の持ち主は

向上心が高く前向きな人が多い

ということですね^^

 

 

 

良好な人間関係が

精神的にも身体的にも

よい影響を与えるということは

その他にも様々な研究で実証されていて、

 

それは

 

人生がうまくいくことと

人間関係を楽しむことの相関関係が

とても強い

 

ということを表しています。

 

 

パートナーシップ、友人関係、職場…

 

様々な環境の中で

たくさんの人間関係を持っている私たち。

 

 

私個人として

" 良好な人間関係 " というのは、

相手の顔色を伺うような

本音と建前の世界ではなく、

 

「自分自身がリラックスして」

「相手のことに興味を持てる」

関係性だと考えています。

 

 

仲良しだけど、

「心の中では何を考えているんだろう?」

と思うような関係性は、

お互いにとても疲れてしまうから。

 

それは、" 良好な人間関係 " とは

言えないと思うのです。

 

 

その上で、

自分がラクでいられる

" 良好な人間関係 " のために必要なことは

『聴き上手になること』

 

 

 

以前こちらでも書きましたが、

コミュニケーションにおいては

話すことよりも相手の話を傾聴することが

何よりも大切です。

 

 

相手へ質問を投げかけたり、

良いなと思うところを具体的に褒めたり…

 

態度聴く姿勢

相手とのコミュニケーションをとる^^

 

 

積極的に聴く姿勢というのは

相手に必ず伝わります。

 

反対に、

「これ、あまり興味なさそうだな」

「話さない方がよかったかな…」

と思われる反応をしていると、

それも必ず伝わります。

 

 

 

相手の話に自ら興味を持つこと。

 

「どんなことがもっと聞きたい?」と

自分自身に問いかけ、相手だけでなく

質問をしている自分にも興味を持つこと。

 

『聞く』のではなく、『聴く』こと。

 

 

積極的に聴くことをするだけで、

今までの自分の反応とは

全く違う反応をしていることに気付くはずです。

 

 

相手にも安心感を与えることで

正のループとなって自分にも返ってくる。

 

すると、

 

「ここでは何を言っても大丈夫」

「思ったことを素直に口にできる」

 

そう感じられる

安心できて、ラクな

人間関係が構築されていくのです。

 

 

 

自分がリラックスできて、

ラクな人間関係が増えていくと

日頃の表情に変化が必ず出てくるもの^^

 

 

折れないしなやかな心を持っている人というのは

人との関係性をとても大切にしているのです。

 

 

グループセッション

「やわらか思考の育て方」

7月19日(日)残席1名様

8月16日(日)

9月12日(土)

>>詳細&お申し込みはこちら

 

 

ダイヤモンド現在受付中のサービス
グループセッション
「やわらか思考のつくり方」

小人数制のグループセッションです。

>>グループセッション
詳細・お申し込みはこちら



わたしを幸せにする心づくり*
個別マインドアップセッション

自己肯定感を上げ、自分をもっと好きになれる個別セッションです。
仕事、恋愛、人間関係etc…ご相談内容は問いません。

>>個別マインドアップセッション
詳細・お申込みはこちらから

 

 

ダイヤモンド久保しおりLINE公式アカウント

「やわらか思考」になれるメッセージを不定期に配信中♡

LINEでもお問い合わせを承っています。

 

友達追加はこちらをクリック

https://lin.ee/38MxWDdf5

ID検索 → @shiorimakeup

※@をお忘れなく



ダイヤモンドメールでのお問い合わせ
>>こちらから