あなたのどんな今も、過去も、きっと
自分の力で幸せな未来に変えていける🌹
自分の人生を生きることの始まりは、
体と心をととのえることから💠

Shiori Pharmacyメールマガジン
「琥珀の涙、水晶の輝き。」
ご登録は→コチラ赤薔薇  





今日は私の薬剤師の仕事について

ちょっとご紹介ニコニコ





私はいつも、小児科がメインの薬局で

薬剤師をしています。







白衣がどうして真っ白かご存知ですか?





それは、もちろん清潔感を出すためでも

あるのですが

もっともっと深い理由があるんですよキョロキョロ





それはね、




お薬そのものに、もし何かあったときに気づくため







私たち薬剤師は、

患者さんに

お薬を渡すだけかと思いきや

五感を使いながら

実は色んなことに注意を払って調合しています💊






医師が処方したものは合ってるかな?


薬から変な匂いがしてこないかな?


薬を見た感じ、おかしいところは無いかな?


機械はちゃんと動いているかな?






そしてもちろん、






患者さんに副作用は出ていないかな?







特に小児科は粉薬やシロップを作ることも多くて

お薬そのものに異変がないかどうか

しっかりと確認をしていますウインク






もちろん、安全な工場で

作られているはずのお薬ですが

それでもやっぱり!やっぱり!

何が起こるかわからない…






だからこそ、

薬剤師がチェックできることは

すべて確認しますキョロキョロ






もうね、五感をフル回転!笑

特に患者さんにお薬をお渡しする時は

お話をするとともに

細かく体をチェックしています






そして、そんな大事なことをチェックしないと

いけない時に

もし白衣が青やピンクだったら…






お薬に異物が混ざってても

すぐに気がつくことができないかもしれない。






そんなことになったら本当に大変ですよね。

だからこそ、白衣は真っ白なのです。







『清潔であること」

『整理整頓されていること』






そして一番大切なことは


『自分自身を信じること』






むかし、先輩薬剤師の先生に

とても大切なことを教わりました。






処方せんに自分の名前が入った印鑑を

押すということは

「その全ての処方に私が責任を持ちます」

ということだよ、と。






この言葉は薬剤師としての私の中で

一番大切にしていることで、

そして「在り方」を自分の軸に

取り戻すための言葉ですクローバー







そんな思いで毎日、薬剤師として

白衣を着て仕事をしていますピンク薔薇

毎日、白衣を着るたびに

私は背筋がピン!とするのです。