あなたのどんな今も、過去も、きっと
自分の力で幸せな未来に変えていける🌹
自分の人生を生きることの始まりは、
体と心をととのえることから💠

Shiori Pharmacyメールマガジン
「琥珀の涙、水晶の輝き。」
ご登録は→コチラ赤薔薇  



人間の意識っていつ始まるかご存知ですか?

赤ちゃんとして生まれた時から?

物心ついた時から?





「受精卵になった時点で」

実はもうはっきりと感覚はあります。

(もっと言うと細胞の一つ一つに意思があります。)










お母さんの意識が入った卵子と

お父さんの意識が入った精子がくっついて

受精卵というたった一つの細胞ができあがります。







そして、この受精卵から

手ができて足もできて目もできて…という風に

一人の人間として育っていきます。






このお腹の中って、とても生ぬるい幸せがあって。

この中ではお母さんが自分を守ってくれて

そこでぬくぬくと育つから

ここが自分の居場所だと信じてる人が多いの。





だからこそ、大人になっても

自分の軸を持てずに

親の価値観や社会や周囲を優先してしまう。





アダルトチルドレンという言葉があるように、

まだ子供時代を生きている人がとても多い。





アダルト

チルドレン

体は大人なのに、子供時代を生きている人






あなたは一人で自分の足で、立てますか?





大人の私たちは子供と違って

自分にパワーがあることを知っているので

なんでも自分でできます。







嫌だなと思ったらはっきりと愛を持ってNOを伝えるし

問題が起きたときには自分で対処します。

自分の力だけでどうにもならないことは

他者を頼ることだってできます。







「言葉」によって、ありのままの自分自身で

コミュニケーションを取ることだってできるし、

そして覚悟と責任を持って自分の人生を歩みます。







だけど、それができないとき。

まだまだお母さんのお腹の中で

ぬくぬくと幸せに浸っていたいとき

意識は"子供"のままです。








自分にとって都合の悪いことは相手のせいにするし

嫌なことを伝えられないから、

不機嫌になったり攻撃するという手段しか

持ちません。

そうやってでしか自分を守る術を知らないから。






大人は誰のせいにもしません。

なぜなら物事を解決していく力があるからです。






自立した大人は真の愛を知っています。

傷の舐め合いでもなく、依存関係でもなく

しっかりと自分の足で立ちます。






自分のことがわかるから

相手のこともわかるし、わかってあげられます。







だからこそ、

相手にとって本当に必要なものは何か?を

一緒に考えていくことができるのです。







それは時に優しさだけではなくて

厳しい言葉かもしれない。





だけど相手が受け取りやすい言葉で

投げかけてあげられます。

そして、それを待ってあげることだってできるのです。







自分が成長するのを見守ってきたように、

相手の成長も見守ることができるから。






子供は自分のことしか叫ばない。叫べない。

大人は相手のバックグラウンドまでちゃんと考えて

コミュニケーションを取りながら伝える。




大人に必要なことは泣き叫ぶことではなく

一人一人が歌を歌いみんなで奏でること。






あなたはまだ、

大人のふりした子供ですか?

それとも真に自立した

大人でしょうか?







私たち一人一人が自立していくためには

失われた子供時代の自分を赦し愛して、

癒すこともしてあげて

やり残したことをやり切ることが大切です。






「お母さんにこんなことしてほしかった。」

「お父さんとこんなことしたかった。」






自分の中にちゃんと愛があったのだと気付けた時、

子供から大人になることができます。





お母さんのお腹の中から自分の力で出て行き

自立した大人の「私」として生きていくコト。

とても大切なこコト。





そして自分のことを見る力がつくと、

親のことだってわかります。





親だって自分と同じ未熟で、

けれど一生懸命育てようとしてくれたこと。

不器用な生き方しかできなかったこと。

言葉で表現することを知らなかったこと。





けれど、愛は確かにそこにあった。

ちゃんとあります。

私たちの体と心の中にはたとえ記憶にはなくても

しっかりとそれが残ってる。





自分にとって最大のリソースである親の愛を

自分の力で見つけていくこと。

そのための旅を準備してくれてたのだと、

高い視点で観ることができるようになります。






自立するとすべての責任が

自分にあります。

だからこそ、自由なのです🗽





あなたが感じた音、

香り、

頬に触れる風、

聴こえてくるもの、

目で見ることができるもの。






五感で作られていく世界、

そしてそれを言葉によって表現していくこと。






親からもらった愛を十分に感じることができたなら。





次はあなたの見ている目で、耳で、

その手を使い、足だって動かして

与えられた自分だけの肉体で

授けてもらったこの心で、

自ら愛を溢れ出すとき。






自立することは真の愛で生きていくこと。

自分で自分の愛を見つけ出してあげることができるから

不足感から来る埋め合うだけの関係がいらなくなります。









「真の愛」「自立した愛」は

一人で神々と立ち、凛としていて

自ら光を放つもの。

その光は真っ白く鋭く、

それでいて優しいし柔らかいのです。






あなたにも、

この光を見ることはできますか?


感じることは、できますか?