第27回 管打楽器ソロコンテスト 北東北大会 

昨日無事閉幕致しました。
5月の下旬には高校生の部、昨週末には中学生の部が開催され、当教室からは9名の生徒が参加しておりました。

そのうち高校生から1名、中学生から1名、上位大会への推薦を頂くことが出来ました。

東北大会に進んだ2名はもちろんですが、結果に満足いかなかった子、自分の持てる力を最大限まで発揮した子、既に次の本番に向けて意欲満々な子、様々です。

私はコンクールであってもコンサートであっても、人前で演奏することで力が磨かれると思っていますニコニコ

そういう方針なので、生徒にも出来るだけ多くの本番を経験して貰っています。

まだまだ学習中の彼女ら。
結果ではなく、経過を評価してもらえる年代ですから、思う存分挑戦し続けて欲しいですねヒヨコ

今年は実際の会場でのホール練習も実施して、生徒と共に響きの事など検証してみました。

指導者(私)から情報を与えられるだけでなく、自分たちが仲間の演奏を聴き、考え、発信する力を身に付けるために、ディスカッション形式にしています。

中学生は聴き方に関してもまだ自信なさげですが、高校生たちは頼もしく意見交換してくれます。

保護者の皆さんからも感想や意見を頂いたりしながら、みんなで作り上げていく雰囲気がとても有意義でした。

私も生徒たちも、次の目標へ向かって頑張ります筋肉
今後とも応援宜しくお願い致しますおねがいルンルン



音譜みんなでうまくなろう!フルートハートFlute音譜


牧野詩織

先月末の日曜日にベルリン在住のフルート奏者・関根雅裕先生をお招きしてフルートクリニックを行いました。

 

私自身はもう10年くらいのお付き合いになりますが、生徒たちもレッスンを見て頂けるようになって3年目に突入します。

 

今回はソロのコンテストに出場する生徒を中心にレッスンをしていただいたのですが、それぞれの課題とそれを改善するためのアドバイスをいただきました。

 

何よりも「音」について日々研究していらっしゃる先生の音色を直に聞くことが、私にとっても生徒にとっても最大の勉強です。

 

コンテスト前に良い刺激をいただき、たった1週間でメキメキ上達していく生徒の姿に驚きましたびっくり

 



※写真掲載許可済

※写真撮り忘れた方もちらほらガーンごめんなさいあせる

 

音譜当教室では定期的に外部講師をお招きして各種クリニックを開催しております照れ

みんなでうまくなろう!フルートハートFlute

牧野詩織

ながらく放置してしまったブログですが、2018年は諸々環境を整えていきたいと思います。

 

こちらのブログも少しずつ整備しながら、情報の発信などしていく予定です。

 

すでに年が明けて1か月経ってしまいましたが、まずは過ぎてしまった1月の事をまとめながらアップしていこうと思います。

 

ゆるゆるとよろしくお願い致します照れ

 

牧野詩織