7月17日(水)10:00から3階ふれあいルームで観劇会を行いました。

今回は劇団かすぺるに来ていただき、「しらゆきひめとゆかいな7人のこびとたち」という演目を観劇しました。

 

 ぞう組さんから順番に3階に上がり、「早く観たいな」「今日はしらゆきひめがあるんだよね!」とお友達同士で

話をしながら待ちました。劇が始まる前に劇団員の方と簡単なゲームをしたのですが、子どもたちは劇がスタートする前から元気いっぱいで

劇団員の方がお話するたびに声を出して笑ったり、手拍子をしたりと嬉しそうな様子でした。

 いよいよ劇の始まりです。お部屋が暗くなると動物たちが登場し、そのあとかわいい小人たちや白雪姫が登場すると

子どもたちは瞳をきらきらと輝かせながら、楽しんでいました。音楽が流れると自然と手拍子をしたり、白雪姫が毒リンゴを

食べさせられるシーンでは少し不安そうな表情になったりと、物語の世界に入り込んで楽しんでいる姿が印象的でした。

気になるシーンでは立ち上がりたい気持ちを抑え、後ろにいるお友達のことを考えて少しだけ背筋を伸ばして観るなど

周りに気を配りながら観る姿が見られました。45分程度の劇でしたが、終わるまで集中して観ることができました。

 劇が終わり、お部屋に戻る前に人形たちとハイタッチをして、挨拶をしました。

「ありがとう」「たのしかったよ」と感謝の気持ちを伝える子どもたちもいました。

 

 毎年行っている観劇会。今後も子どもたちが間近で触れられるような機会を

作っていきたいと思います。        

 

 担当 徳永