親子遠足

テーマ:

 入園して3週間が経ち、登園する子どもたちの顔にも少しずつ笑顔が増えてきて、私たちもとても嬉しく感じているこの頃です。

さて、今日は箱崎公園で親子遠足を行いました。日差しが照りつく暑い中、たくさんのご家庭に参加していただきました。

 

 ひよこ・りす組の子どもたちは、いつも保育園で会う先生たちが箱崎公園にいることに少し不思議そうな表情を見せながらも大好きなお父さんやお母さんと公園に遠足に来れたことを喜んでいる様子が見られました。

こあら・うさぎ・きりん・ぞう組の子どもたちは、昨日から「明日遠足!」「お弁当持っていくんだ」など遠足を楽しみにしている声が聞こえていたこともあり、とびっきりの笑顔で公園に来てくれていました。

 

 集合時間になり親子遠足が始まり、園長先生の話を聞いた後は親子で遊べる『バスにのって』のふれあい遊びをしました。ハプニングもあり申し訳ございませんでした。

お父さんやお母さんに抱っこしてもらいながら右や左に曲がったり、でこぼこ道をがたがた揺らしてもらったりして楽しんでいました。お友だちと列になり、バスのように連なって遊ぶ様子もとても楽しそうでした。

 

 

 全体でふれあい遊びをした後は、各クラスに分かれてレクリエーションの時間です!

 

☆ひよこ・りす組

 ひよこ・りす組は合同で『新聞紙じゃんけん』をしました。

まず3チームに分かれて対戦をしました。初めは広い新聞紙の上にお父さんやお母さんと一緒に子どもたちが立ったり抱っこしてもらったりしながら乗ることができていたのですが、負けるたび小さくなる新聞紙に悪戦苦闘しながら耐えて落ちないように踏ん張る姿が印象的でとても楽しかったです。

 チームで戦った後は各チームから勝った2名を出して、全体で決勝戦をしました。

優勝者を決定するのも盛り上がり楽しいレクリエーションになりました!

 

 

保護者の方同士も話が弾んだようで、仲よくなる姿が見られて私たちも嬉しかったです♪

 

こあらぐみは、動物まねっこリレーをしました。

カードを引いてカードに載っている動物のまねっこをしました。

こあらやカンガルーなどお父さんお母さんと一緒に真似っこをする子どもたちの表情は

ちょっと甘えていたりと保育園で見られない表情も見られとても楽しそうでした。

そして、大きくなった子どもたちの重さをお母さんやお父さんは「重たいな」「大きくなったな」と改めて感じながらゲームが進んでいきました。

 

 

うさぎぐみは、いちごバナナゲームをしました。

イチゴチームとバナナチームに分かれ、裏表に印刷されたイチゴ・バナナを

自分のチームのものにひっくり返していきます。

1回戦・2回戦でいちご・バナナチームがそれぞれ勝ったので

3回戦を行ったところ、3回戦はカードが同数になり引き分けになりました。

子どもも大人も一生懸命に、そして楽しそうに参加していました。

 

きりん・ぞうぐみはしっぽとりゲームをしました。

子どもも大人も思いっきり走り、そして一生懸命「どうしたらしっぽを取れるのか」「どうしたらとられないようにできるのか」を考えながらゲームに取り組んでいました。

お父さんやお母さんを応援する子どもたちは、大きな声を出し「がんばれーがんばれー」とたくさんの声援を送っていました。

そして、それに負けないようにお父さんお母さんもたくさん走って頑張っていました。

たくさんしっぽを取ることができると子どもも大人もとても誇らしげな顔をしていました。

 

 

レクリエーションの後は、公園の遊具でたくさん遊びました。

お友だちと一緒に滑り台に何度も挑戦したり、虫さがしをしたりと

汗をいっぱい流しながら遊ぶ姿が印象的でした。

そして、お弁当の時間・・・・

みんなおいしそうなお弁当を囲んで、お話も盛り上がっていました。

お友だちと中身の見せ合いっこをしたり

早く食べてまた遊ぼうと一生懸命食べていたり…

短い時間でしたが、楽しい時間を過ごせたようでした。

暑い中、そしてお忙しい中たくさんの参加ありがとうございました。

また、CDが流れなくなるトラブルがあり申し訳ございません。

今後同じことが起きないよう、改善してまいります。

 

担当:石原田 田中