表現フェスタ(2日目)

テーマ:

 12月8日(土)は、うさぎ・きりん・ぞう組の表現フェスタを開催しました。

子どもたちは何日も前から「もうすぐフェスタだね!」、「オペレッタ楽しみだね!」ととても楽しみにしている姿が見られました。

 

 

 

①うさぎ・きりん・ぞう組による混合ダンス「学園天国」

 プログラムの一番最初に踊るダンスは、子どもたちにも大人気の明るいダンスです。

「ヘイ! ヘイ!」とダンスの最中に大きな掛け声があったりと、元気いっぱいのかっこいいダンスを見せてくれました♪

 

 

 

②きりん・ぞう組による合同オペレッタ「さるかに合戦」

 さるやカニ、はちなど様々な登場する役になりきって表現しました。一人でセリフを言う場面や、声をそろえて「さるのばんばへかたきうちに行くぞー! おぉー!」など、とても迫力のある演目でした。

 また、演目中にステージをいっぱい使って走りながら歌う場面もあるため、練習では苦戦する子どもの姿も見られましたが、本番ではしっかりと声を出して上手に表現することができました♪

 

 

 

③うさぎ・きりん・ぞう組による合同ダンス「無責任ヒーロー」

 学園天国と同様、とても元気で明るく子どもたちから人気のダンスです。

4つのグループに分かれ、お友だちと協力して踊るところや、ダイナミックな振り付けがとてもかっこよかったです。

 

 

 

 

④うさぎ・きりん・ぞう組による合同ダンス「心のプラカード」

 かわいらしい曲調のため、女の子から大人気のダンスです。

振り付けもとてもかわいく、子どもたちも踊っていると自然と笑顔になり、とても上手に踊ることができました。

 

 

 

 

⑤ぞう組による合奏「きらきら星、おもちゃのちゃちゃちゃ、大きな古時計」

 キーボード、ピアニカ、鈴、タンバリン、木琴、鉄琴、ハンドベルを使って演奏をしました。

 子どもたちの中には、初めて使う楽器もあり苦戦する姿も見られましたが、本番では保育士の指揮を見ながらしっかり演奏することができました♪

 

 

 

 

⑥うさぎ組によるオペレッタ「おむすびころりん」

 うさぎ組の子どもたちにとって表現フェスタでするオペレッタは、初めての挑戦でした。

 初めは緊張していましたが、うたを歌ったりセリフを言うと少しずつ緊張もほぐれ、段々と笑顔で表現する姿が見られるようになりました。みんなでねずみになり、「チュウチュウ チュウチュウ あ!おにぎりだ!」と言うセリフのところなどとてもかわいく表現することができました♪

 

 

 

 

⑥うさぎ・きりん・ぞう組による合同ダンス「おいでシャンプー」

 おいでシャンプーは二人一組になって踊ったり、場所の移動があったりと難易度の高いダンスでしたが、お友だちと協力して上手に踊ることができました。

 

 

 

 

 

⑦きりん・ぞう組による合同オペレッタ「てぶくろをかいに」

 子きつねや母きつね、ぼうしやさんなどの役になりきり、さるかに合戦とは違ったてぶくろをかいにならではの冬の寒さなどを上手に表現することができました。歌も静かな歌では優しく歌ったり、てぶくろをもらった嬉しさを表現するときは元気いっぱいに歌うなど、とても素敵な演目を披露することができました。

 

 

 

 

 

⑧うさぎ・きりん・ぞう組による合唱「にじいろ」

 最後は3クラスの子どもたち全員での合唱でした。

 ダンスやオペレッタなどが終わり、子どもたちの表情にも余裕が見られ、楽しく歌う姿が見られました。子どもたちの綺麗な歌声により、とても素敵な表現フェスタとなりました♪

 

 

 

 

 今回の表現フェスタでは、子どもたちの成長した姿がたくさん見られました。お忙しい中、参加していただきありがとうございました。

 

 

担当:永松