平成30年度 みらいまつり

テーマ:

8月18日(土)、みらいの森保育園の園舎にてみらいまつりを開催しました。

子どもたちは浴衣や甚平を着ていたり、保育士もはっぴを着ていたこともあり

いつもと違う雰囲気を感じ、子どもたちはとても嬉しそうにしていました。

 

 会場は子どもたちの作品や今年のテーマでもある「そらまめくん」で溢れており

自分の作った作品を見つけると指を差し「あれ作ったとよ!」と保護者の方に

嬉しそうに話している姿が見られました。

 

~1階~

1階ではゲームコーナを設け、的当て、積み木、射的、輪投げをしました!

 

○的当て

 年齢に合わせて投げる位置を変えて行いました!子どもたちの中には、「近いところから投げたい!」と言っている子どもの姿も見られました。1から9までの的を目がけてボールを投げる子どもたち。ボールと数字がマジックテープで張り付くようになっていて、なかなか難しく悔しがる子もいましたが中には、上手に的を狙ってビンゴになったお友だちもいました。

 

○積み木

 積み木では、3箇所に分かれており、壁に「ここまでだよ!」と書かれた高さまで積み上げることが出来るかというルールでした。子どもたちは自分がやりたい高さを3箇所から選んで行いました。手で押さえながら頑張って積み上げる子、倒れることをあまり気にせずどんどん積み上げていく子、慎重にゆっくり重ねていく子など様々で一人ひとりの性格が出ていて面白

かったです。

 

○射的

 棚に沢山のキャラクターが並んでいて、ゴム鉄砲で狙って撃っていました。子どもたちが好きなキャラクターもいっぱいあり、「アンパンマンだ!」や「ドラえもんだ!」と嬉しそうに見つけながら順番を並んで待つことが出来ました。なかなか狙った所に当たらず悔しそうにしていたり、狙ったキャラクターに当てて倒して喜んでいたり子どもたちの楽しそうな姿を見ることができました。

 

 

○輪投げ

  輪投げでは、投げる範囲が指定されており、その中で一生懸命投げていました。上から投げたり下から投げたり、両手で投げたり子どもたちなりにどうしたら棒の中に輪が入るのか試行錯誤しながら真剣に挑む姿が見られました。保護者の方や保育者に「頑張れ~!」と応援してもらいながら楽しくすることができたようです!

 

 

~2階~

2階には、制作コーナー(お面作り、メダル)と飲食コーナーを設けました。

 

○お面作り

 お面作りでは、子どもたちの大好きなキャラクターのお面に色を塗り、自分だけのお面作りを行いました。

それぞれいろいろな色で好きなキャラクターに一生懸命色付けをする子どもたちの姿が見られました。

 

○メダル

 メダル作りでは、「自分で作る!」と、やる気満々の 子どもたち。

作り方の紙を見ながら保護者の方々と一緒にメダルを完成させている姿が見られました。

 

○飲食コーナー

飲食コーナーでは、みらいまつりに来てくれた子どもたちにクッキーとポップコーンを
プレゼントしました。

ポップコーンは機械を使い、実際に子どもたちの目の前で作りました。

ポップコーンが出来上がる様子を「すごーい!」と不思議そうに見ていたり、クッキーと

ポップコーンを「おいしい!」と嬉しそうに食べている姿が見られました♪

 

~3階~

3階には、どうぶつすくいやおかしつり、くじのコーナーを設けました。

 

○どうぶつすくい

  動物や海の生き物が数種類浮かんでいるプールに大興奮の子どもたちでした。

「たこかわいいね」「ねこさんがいい!」と選ぶ子や、

「これやぶけないの?」とすくう網を見て不思議に思う子と様々でした。

 

○おかしつり

 木の釣り竿を上手に使って、お菓子を釣る子どもたち。

釣れた時は、保護者の方や先生の顔を見て、「とれたよ~」と得意げな表情でした。

竿を持って釣るのが難しい子は、お父さんお母さんに手伝ってもらったり、

子ども自身手づかみで大胆に取ったりと色々な姿が見られました♪

 

○景品

 ゲームコーナーのスタンプラリーを集めた後、「楽しかった!」「いっぱいになったよ!」と

嬉しそうに教えてくれました!

5つの箱の中から1つ好きなものを選び、当たった景品を手に取るとワクワクしながら

開けていました☆

 

 

○くじ

 

 

 たくさんの景品を見て大喜びの子どもたち。

「これがいいな~」「あれ欲しい!」と声を上げ、真剣な表情でくじを引いていました。

 

 

当たった景品を嬉しそうにお父さんやお母さんに見せていました☆

 

 

限られたスペースと職員の数の中での開催で

お待ちいただくことも多かったかと思います。

おまつりの反省もしっかり行い、また今後の行事についても

子どもたちの思い出に残るものにしていきたいと思います。

 

 

お忙しい中、沢山のご来場ありがとうございました!

 

 

担当:重藤 守山 柴田 波多野