毎日暑い日が続いていますね。この夏、みらいの森保育園ではカブトムシやクワガタを飼いはじめました。登降園するたびに虫かごの中を覗いている子どもたちの姿が見られ、夏の訪れを感じているこの頃です。

 

 さて、今回の避難訓練は”地震からの津波”でした。午前10時ごろ、地震が発生したとの放送がはいりました。子どもたちは速やかに机の下に避難し、そのあと1階フロアのひよこ・りす組の子どもたちは一生懸命階段を上ったり、保育士に抱っこされたりしながら3階のふれあいルームに移動しました。2階フロアで生活していた、こあら・うさぎ・きりん・ぞう組の子どもたちも保育士の誘導に従ってすみやかに避難していました。

 

 今回の避難にかかった時間は、4分32秒!

 

 3階に上がってからは、保育士と園長先生からの話がありました。

 

 

 津波の怖さを少しでも知ってもらえるよう、写真を見てもらいながら話をしました。津波にのまれる家を見て、子どもたちも驚いた表情をしながら話を聞いていました。 

 ここ最近では九州北部豪雨などの自然災害も相次いでいます。いつ災害が起きても、子どもたち全員の命を守れるよう、気を引き締め今後も避難訓練に取り組んでいきたいと思います。

 

 今月は、みらい祭りも開催されます。子どもたちの笑顔をたくさんお届けしますので、次回もお楽しみに!

 

担当 石原田