保育参観・育児講座

テーマ:

 

 

 

 

今年度初めての保育参観・育児講座を開催いたしました。

各フロアに分かれてお集まりや、夏の制作を行いました。

 

1階フロア

○ひよこぐみ・りすぐみ

 

子どもたちは、いつもと違う雰囲気に少し戸惑っている様子でしたが、

保育室の中に入ると次第に笑顔が増え、「見てー!」と保護者の方に

飾られている制作やおもちゃなどを見せてました。

 

まずは、子どもたちの大好きなお集まりをしました。

『あなたのお名前は』では、自分の名前が呼ばれると「はい!」と上手に

返事をしたり、元気よく手を挙げることが出来ていました。

 

 

 

『手を叩きましょう』では、リズムに合わせて手を叩いたり、足踏みをしたり

「わっはっはー!」「えんえんえん…」などと上手に気持ちを表現することが

出来ていました。

 

 

 

『時計のうた』では、人差し指を立て「カチコチ♪」と楽しそうに歌っていました。

 

 

 

『トントンアンパンマン』は、子どもたちが大好きな歌です。

アンパンマンに登場するキャラクターになりきり楽しそうに歌っていました。

 

 

その後は、各コーナーに分かれて制作活動を行いました。

 

 

<かき氷>

コーヒーフィルターをかき氷に見立て、ペンで色とりどりに模様を描きました。

「どれにする?」と尋ねると「あか!」「あおがいい!」と自分の好きな色を

選び、しっかりとペンを握って描いていた子どもたち。

色を描いた後は、霧吹きで水をかけました。

色がにじんでいく様子を見て「おぉ~!」と嬉しそうな姿が見られました。

 

 

 

 <スイカ・短冊>

 制作を始めると「やりたい!」と言いながら、やる気に満ち溢れた子どもたち。

保護者の方とのりを付けたり、種に見立てた黒いシールを貼ったりと楽しそうでした。

短冊作りでは、自分の好きな色の色画用紙やペンを選んでいました。

上手にシールを台紙からはがして画用紙に貼ったり、ぐるぐると円を描いたりと、

ひとりひとりの個性があふれた作品が出来上がりました。

 

 

 

<ヨーヨー>

ビー玉に好きな色の絵の具を付けてコロコロ転がしてヨーヨーを作りました。

保護者の方と一緒に箱を持ち、一生懸命転がして子どもたち。

ビー玉から描かれる模様に「おぉー!」と声を上げて喜んでいました。

 

 

2階フロア

○こあらぐみ

<織姫と彦星>

 自分で綿棒にのりをつけて、塗る姿が見られました。

トイレットペーパーの芯に折り紙を巻いて

織姫と彦星ができていました♪

 

<かき氷>

コーヒーフィルターにサインペンで描き、

霧吹きの水でにじむ様子を見て喜んでいる子ども達でした。

色々な色に染まり綺麗な色になると、

「大きくなった!」「綺麗だね♪」と

声を掛けあう姿が見られました。

 

<七夕飾り>

 七夕にむけて、七夕飾りを作っていました。

保護者の方と一緒にはさみで切り終わってひらくと、

色々な模様の飾りができ、驚いた様子の子どもたちでした。

 

○うさぎぐみ

<パイナップル>

 黄色の画用紙に顔や模様を描いたり

葉っぱの大きさや形なども1つひとつ異なるものを貼ったりして、

個性豊かなパイナップルが完成していました。

<花火>

 保護者の方々の一緒に、

きれいな花火を作ることができていました。

クレヨンを使ったりシールを上手に並べて貼ったりして、

花火が中心から広がっている様子を表現していました。

 

<あさがお>

 コーヒーフィルターに色のついた水に染み込ませて、

中心だけ白く残すことで、開くとあさがおが完成します。

ピンクや水色、紫など優しい色のあさがおを作ることができていました。

 

○きりんぐみ

<ビーチサンダル>

 型をもとにえんぴつで下書きをして

ビーチサンダルの形に切る子どもたち。

さらに好きな柄を選び、切って貼り付ける作業は

難しかったようですが、かわいいビーチサンダルができていました。

 

<ひまわり>

 丸く切られた花びらの折り目をつけて、

立体的なひまわりをつくっていました。折り目にも個性がでて、

元気に咲いているひまわりが完成していました。

 

 

○ぞうぐみ

<ひまわり>

 切込みの入った茶色の丸に、

細長く切られた色とりどりの折り紙を

編みこんでいる子どもたち。

交互に入れるのが難しいと思っていた子でも、

慣れると素早く完成させることができていました。

 

<魚>

一番人気があった制作です。

絵本「にじいろのさかな」にでてきそうな、

カラフルなうろこをもった魚の制作を、

小さく切られた折り紙を丸い形のまま

1つひとつ丁寧に貼っていました。

 

<花火>

 キラキラの星やシールを用いて、

思い思いの花火をつくっていました。

保護者の方々も楽しんで制作に参加する姿もみられ、

個性が光る花火ができあがっていました。

 

○育児講座

現役助産師である溝上ひとみ先生による講演会がありました。

親と子との在り方について心に響くお話をしていただいたことで、

涙を流される方もおられました。

お母さんお父さんは子どもの“帰る場所”であるために、

たくさん抱きしめて子どもに示してあげてほしいという言葉がとても印象的でした。

 

保護者の皆様、保育参観・育児講座に参加していただきありがとうございました。

次回は11月に保育参観・育児講座を企画する予定です。

次回もたくさん楽しい企画を考えたいと思います。

 

 

 

担当:柴田・重藤