テーマ:



8月20日(日)
場所 創成グランド
新陽 3-0 琴似工業





試合開始1分
前線に抜け出した三年大脇の待望の先制点。
その後も終始ボールを支配し、チャンスを作る新陽。

後半2点を追加し
二回戦にコマを進めることができた。

ウォーミングアップからかなり緊張気味の
メンバーでしたが、開始早々の先制点で優位に
ゲームを進めることができました。

まだまだ決めれる決定機はたくさんあったので、
それを点に結びつける精度と落ち着きが足りないことが、次への課題。

守備においても、はっきりとしないマークや、ファーストDFの決定が遅くてもたつく場面もあり、二回戦に向けしっかりと修正して行きたいと思います。

応援に駆けつけてくれました保護者の皆様、職員の皆様、OB諸氏、多くの方々に感謝致します。

二回戦は8月26日(土)
創成グランドにて11時45分より
静修高校に5-0で勝利した札幌北陵との対戦になります。

しっかりと準備して
臨みたいと思います。

サッカー部 監督 盛田 至
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
7月31日(月)
午前7時30分 学校到着。

遠征中、私の運転したバスの走行距離は1000キロを少し越えました。

遠征の実現にあたり、支援していただいた保護者の皆様、そしてそれぞれの場所で対戦していただいたチーム 選手 関係者の皆様、理解頂いた学校に心から感謝します。
ありがとうございました。
サッカー部監督 盛田 至
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
遠征最終日
昨日に引き続き岩手県紫波で、二試合を行いました。
新陽 2-3 盛岡中央
新陽 5-5 盛岡中央




一試合目 新陽は三年生中心のメンバー構成。
チームで声をかけ、何でも言い合って悔いのない毎日を過ごして行こうと、昨日のミーティングで話し合った通り、前向きな気持ちで試合に向かっていた。
前半2点を取られ苦しい展開が続く中、得点をあげて最後まで追い上げたが、結果2-3で敗れた。
PK戦をお願いし、行ったPK戦では、全員が冷静に決める中、GK落神が一つ止めて勝利した。

二試合目は壮絶な点の取り合いとなった。
前半の入りは声もなくスピリットに欠けた内容であったが、徐々に気持ちの入ったプレーが出てきて最後まで攻撃の手を緩めず戦えたと思う。このゲームで1年武田がハットトリック。2年古谷の突破のパスも冴えた。
これで遠征の全てのゲームが終わった。

あと三週間に迫る選手権
思い通りにプレー出来なくて、感情的になったり、ぶつかり合ったり、大量に失点して落ち込んだり、決定機を何度も決めれず周りに厳しいことを言われたり、意欲を失いかけたり、
本当にいろんなことがあったこの遠征。

だからこそ、チームは一つになり
同じ目標に全てをかけてチャレンジする
強い集団になれると私は思う。

バスは岩手県紫波から八戸へ。
これから22時八戸発のフェリーで、
北海道に帰ります。

監督 盛田 至
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
場所を岩手県紫波に移し、
トレーニングマッチを行った。
新陽A 0-6 専修大北上
新陽B 1-8 専修大北上



専修大北上は素早いハイプレスとテンポの良いポゼッションで新陽に自由を与えず、隙あらば何処からでもシュートを打って来る非常に力強いチームであった。
ボールの持ち方や置き方が少しでも悪ければ、体をねじ込んでボールを奪い、新陽は何度も低い位置でボールを奪われ失点した。
周りのサポートや、前線の選手の動き出しの悪さも影響し、身体だけではなく精神的にも追い込まれていた。試合を終えて戻る選手たちも疲れ切っている様子であった。
まさに ここから
この苦境をどう乗り越えて行くのかが、この遠征の一番の目的である。
宿舎に戻り、時間をかけミーティングを行っている彼らが、明日の最終日にどのような答えを出すのだろうか?
選手権まで三週間。
悩んで苦しんで 強くなってほしい。

監督 盛田 至
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
下越サッカーフェス初日
新陽A 2-0 アルビレックスU-18
新陽B 0-2 開志JSC B
新陽A 7-1 今市工




時折どしゃ降りになり、人工芝でも水溜りでボールを動かすことも容易ではない状況でしたが、三試合で2勝1敗の結果となりました。
今市工との対戦では、良い形からの得点もあり、決定力の足りない課題に明るい兆しが見えてきました。
宿泊している場所からは日本海が目の前に広がり、とても綺麗です。

監督 盛田 至
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月24日(月)
フェリーの移動はほとんど揺れもなく快適。
9時に新潟港に着岸し、グランセナサッカー場にてトレーニング。
昨日の試合の反省と課題を修正するトレーニングを盛り込み、明日から行われる下越サッカーフェスに向けしっかりと準備。
風邪気味で出発した1名が、体調不良でバス内で休んでいる。明日から元気に復帰して欲しいと願う。

この遠征のために支援 協力 してくれた全ての方々に、心から感謝の気持ちを持って1日1日を大切にしようという私の言葉で、新潟初日がスタートした。


監督 盛田 至
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月23日(日)
場所 創成グランド
新陽 0-3 創成

場所 立命館グランド
新陽2'nd 1-2 丘珠

トップは前回0-2で敗れた創成との対戦。
前半はボールを持たれる時間が長かったが、要所でしっかりと守備を固めて決定機を作らせず、守備ラインも統率が取れてまずまずの出来。
後半開始40秒で相手のロングシュートに対応出来ず開始早々の失点。その後も一対一で対応出来ず開始五分で2失点目。
何とか点を取りに行きたい新陽であるが、前線のボールを失う場面が多く、攻撃が繋がらない。
その後も1失点し完全に相手のパワーにねじ伏せられた。
このゲームの課題は攻撃だ。同数でも個人の力でグイグイと仕掛け、フィニッシュに持っていくことができる相手に対して、新陽は数名しかそれが出来ていない。
選手権まであと1ヶ月。
攻撃において、もっとパワーをかけてゴールに向かう 意識をチーム全体として持たなければならない。



ゲーム終了後、選手同士ですぐに集まりミーティング。
彼らは終わった試合を冷静に検証し、次へ向けた課題を見つけ、次へ向けもうスタートしていた。


リーグ戦終わりのその足で夏期遠征合宿に出発です。これから小樽港を17時に出航し、明日から新潟で遠征合宿となります。
24人のメンバーと暑い新潟で熱く戦って、一回りもふた回りも成長して札幌に帰って来ます。
遠征の様子は夏期遠征日記として、アップして行きますので、どうぞよろしくお願いします。

監督 盛田 至

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月2日日曜日
新陽高校会場
新陽 2-1 コンサ2'nd

一部リーグは今日から2回りとなる。前回はコンサのホームゲームで0対5と完敗しているだけに、何としても勝ち点が欲しい。
試合開始からボールを支配しながらタイミングの良い縦パスを入れてチャンスをつくるコンサ。
一人ひとりの技術レベルが高く、ミスも少ない。
新陽は粘り強く守備をしながら、奪ってからのショートカウンターで一気にチャンスを作る。またポゼッションで相手のプレッシャーをかいくぐりながらサイドからのワンツーや、サイドチェンジからチャンスを作れているのは、前回よりも成長の証。
前半右サイドからのクロスをヘディングで合わされて先制される。その後もピンチの連続であったが、DFが身体を張って守り0-1で折り返す。
後半リズムをつかんだのは新陽。
プレッシャーを掛けて相手のミスを誘い、奪ったボールを繋ぎながら相手ゴール前でチャンスメイク。
新陽はコーナーキックのこぼれ球を押し込み同点とし、その後も流れを切らずに攻め続け、相手のファールによるPKを確実に決めて、逆転に成功する。
残り10分でさらにダメ押しとなる決定機を何度か作ったが、そこは決めることができなかった。
しかし、慌てずに残りの試合運びをコントロールし、2-1でリーグ初勝利をコンサからもぎ取った。



新陽2'nd 0-2 創成3rd
トップの勝利に刺激され、セカンドチームも気合いが入る。しかしプレーの質や精度が低く、なかなかボールが繋がらない。その中でも自分たちの今出来ることを精一杯やろうとする気持ちは出ている。
前半は押し込まれる場面が多い中 スコアレス。
後半2点を失い結果0-2で敗れたが、後半何度か意図して決定機を作れたことは成長と前向きに捉えたい。


来週9日時節では、アベック勝利を目標として成し遂げたい!

サッカー部 監督 盛田 至
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。