こんにちはシャイニーキッズピッコロですキラキラ

 

今大阪府では「手足口病」が警報基準値を超えて発生していますあせる

周りにもかかられている方、お子さんがかかった方も多いのではないのでしょうか?ショック

今回は手足口病がどういった病気なのかをお知らせしたいと思います。

 

手足口病とは・・・原因ウィルスはコクサッキーウィルス・エンテロウィルスです。複数の種類があるので何度もかかる可能性があります。

           患者のほとんどは乳児で5歳以下が80%を占めます。(まれに大人も感染します)

 

〇潜伏期間3~6日

〇症状・・・口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1~3日間発熱することがありますが高熱になる事はほとんどありません。水疱は1週間程度でなくなり、また1~2か月後に手足の爪がはがれることがありますが大事には至らず新しい爪が生えてきます。

口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。

また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。

〇感染経路・・・くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。また、回復後も口から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されます。

 

★対策★

口内炎が痛く、水分の取りが悪い場合は、のどごしの良い少し冷たい飲み物(冷たいスープや麦茶や牛乳)、

食べ物は刺激が少なくあまり噛まなくても良いもの(ゼリーやプリン、豆腐等)がおすすめです。

 

どうしても口内炎の痛みで、不機嫌になってしまうお子さんが多いですが、こちらでも食事を工夫したり水分も様子をみながらこまめに摂ったり・・・とそれぞれの症状に合わせた保育・看護を行っています。

 

私の周りにも大人になってから手足口病にかかった方がいますが、大人の方が症状が重いようでみなさん「あれは大変だった・・・」とお話しされていました。大人も免疫力が弱っているときなどにまれに感染するようなので、ご家庭でも手洗い・消毒などを行い予防していけるといいですねニコ