広告宣伝を上手に活用しよう

不動産はただ所有しているだけでは、利益を生み出しません。
貸したり、売却したりしないと利益が出ないため、収益を上げたいなら早めに借り手や買い手、利用してくれる人を探すことが大切です。
とはいえ、競合物件は数えきれないほどありますし、いかに良い物件でも見つけてもらえないことには意味がありません。
そこで、いかに上手に広告宣伝を活用するかがポイントになります。

不動産賃貸物件の空室を防ぐために

不動産賃貸物件の広告宣伝というと、かつては物件に看板を付ける、賃貸情報誌に掲載するのが主流でした。ですが、今の時代はネットが基本です。
不動産賃貸物件の仲介を依頼する場合には、自社のサイトだけでなく、全国的に有名なポータルサイトにも広告宣伝を掲載してくれる不動産会社を選びましょう。
田舎の賃貸物件だから、全国レベルのサイトに掲載しても競合が多すぎて意味がないと考える方もいるかもしれません。ですが、実は逆です。
検索する人は地域で絞り込んできますから、希望エリアの物件以外はライバルにはなりません。転勤や移住、住み替えを検討している方にとって、地域で検索しても、仲介を依頼した地元の不動産会社のサイトが検索上位に挙がってこなければ、いつまでも見つけてもらえません。
不動産会社は成功報酬制で、賃貸契約が成立しない限り、仲介手数料を得ることはできないので、ポータルサイトでの宣伝広告は不動産会社の費用負担で行ってもらえます。だからこそ、ポータルサイトの宣伝広告経由での契約成立実績が高い不動産会社に依頼するのがおすすめです。

コインパーキングの利用促進のために

コインパーキングは車が1台停められるスペースがあれば、比較的低コストで始められる不動産運用法です。
もっとも、住宅街の中など場所によっては見つけにくい場合や商業エリアの場合、競合が多くなかなか利用してもらえないケースもあります。
宣伝広告の代表的なアイテムは、大手パーキングのシステムを利用する場合の、Pのマークを描いた目立つブランド看板です。
奥まった場所にある場合には、交通量の多い道路沿いやパーキング需要がある店舗などの敷地にも看板を設置するのがおすすめです。
また、最近は多くの方がネットやネット地図などを利用してコインパーキングを探しています。
検索エンジンのビジネスアカウントを取得してマップ広告を出すことや近隣のお店のホームページで紹介してもらうなど、ネットで検索する人の目につく宣伝広告が効率的です。