みなさん、こんばんは音譜

 

3連休も終わりですね。久々に私ものんびり。

昨日映画館で観損ねた「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観ました。

 

藁の盾」などの狂気的な役も見事に演じられる藤原竜也と、

悪の経典」などでさわやかイケメンイメージから脱却した伊藤英明の

Wキャストに加え、仲村トオルなど、主要キャストは非常に豪華。

ただ、脇を固める役者さんの演技はちょっとはてなマークですけど。( ̄_ ̄ i)

 

この映画は、2012年の韓国映画「殺人の告白」のリメイクです。

 

正直言って「殺人の告白」は楽しめたけれど、

「22年目の告白-私が殺人犯です-」はキャストの豪華さとは裏腹に

イマイチの印象がぬぐえません。

 

あらすじは記事の後半にぎっしり書きますが、ここからもすでにネタバレです。

映画を楽しみたい方は観てからの方がいいかもしれませんね。

 

まず、「殺人の告白」。シリアスなドラマのはずが、なぜか犯人と名乗る

ドゥソクを狙う遺族たちの復讐心が描かれるのはいいのですが、

途中ドタバタコメディみたいなシーンがあって、先行きが不安になりますうっ。あせる

 

なんとか途中で持ち直すのですが、あのシーンは要るのだろうかはてなマーク

と思ってしまいます。

それでも全体的には良くできていて、楽しめた作品でした。

ドゥソク役のパク・シフの切れ長で、何を考えているのかわからない目つきが

とても色っぽかったと思います。

 

そしてラストは納得できる形というか、観ている方も安堵できる終わり方なので

私は好きですね。

 

 

一方「22年目の告白-私が殺人犯です-」ですが、リメイクなので

あらすじは知っているとは言え、藤原竜也のあの髪型はないよねがーん汗

単なる気持ち悪い男にしか見えないです (´・ω・`)

せっかくのイケメンぶりが台無しで、本人もよく了承したなと思います。

 

刑事役の伊藤英明は、その髪型によって、過去の回想なのか、

今なのかがわかるようになっていますが、逆に言うと、それがないとわかりにくく、

しょっちゅう出てくる回想シーンもうっとおしいとしか思えません。

 

韓国版が、司会者はただの司会者なのに対して、

日本版はキャスターである仙堂役の仲村トオルが犯人だったわけですが、

この犯行の動機とかがすこぶる変で、精神科医として納得できない。

 

また途中で「あれはてなマーク」と思ってしまったのは、「真犯人」と名乗る男のシーン。

マスクを被って出てきたこの男が、実はネット代行業で誰かから頼まれただけ

だとするならおかしなことになってしまうのです。

 

完璧主義で自己陶酔型、自己顕示欲の強い真犯人が、

あの場にいないわけがないのです。

テレビを通して観てるはてなマークそれはこの犯人の場合あり得ません。

なぜなら犯人は殺人を「作品」と言い、殺人現場の映像を「記録」として残し、

後日それを観て楽しむようなサイコパスな人間なのです。

自分がその場にいて、事の顛末を見届けなければ気が済まない」はずです。

完璧主義者ならなおさらあの場にいるはずで、他人任せにするとは思えない。

実際に韓国版では真犯人はスタジオに現れ、自らマスクをはがし、

薄ら笑いすら浮かべて、挑発的な言動を繰り返します。

きちんとした精神科医ならここは絶対に違和感を持つはずなのです。

 

じゃあキャストから藤原竜也と伊藤英明を消去したら、仲村トオルしかいない。

つまりはキャスターの仙堂が真犯人だとすぐにわかってしまいます。

興醒めというかなんというか( ̄□ ̄;)

 

さらに、実は仙堂がPTSDで、それによって犯行を行ったというのも

違和感がありすぎて納得できません。

拉致され、目の前で大切な人を殺され、成す術もなく目撃させられる。

これは確かにPTSDの要因であることは間違いありません。

 

ただ、PTSDの人たちは深い傷を心に負い、生き残った罪悪感で

抑うつ的になったりして、生きるエネルギーを失ってしまいます。

不眠になったり(過覚醒)、その場面が何度となく蘇ったり(再体験)、

そういう場面を想起させるものは極力(回避)するようになるものなのです。

 

帰国直後の抑うつ状態の時に、自らが同じような犯行を行って、

仲間を増やそうなどとはけっして考えません。

殺人を何件も連続して行うエネルギーなど枯渇しているはずです。

 

まして自分が殺した相手の遺族に「取材」と称して深く関わり、その悲しみを

近くで見るなどは、サイコパスの狂喜以外のなにものでもなく、

サイコパスはサイコパスゆえ、なんら罪悪感も感じず、

またサイコパス自体は責任能力があるため、医療観察法の適応にならず、

刑務所に送られるはずなのです。

 

また精神を病んで精神病院に収監されているのに、手記を書く能力も

エネルギーもあるわけですから、すこぶるおかしな話ではないでしょうか。

 

ちゃんとして精神科医が医療監修を行っていないのでこうなるのでしょうね。

調べてみると「犯罪心理学監修-越智○○」となってますが、

いやいやこの人本当に大丈夫?って思いますね。

突っ込みどころが満載すぎでしょう。。

 

私も2回ほどドラマの医療監修を頼まれたことがあります。

テレビの世界ってどうなっているのか知りませんが、

こちらは専門知識を提供しているわけですから当然報酬も発生するのですが、

テレビに関わらせてやるのだからありがたいと思えとでも思っているのか、

無料でやってほしいとか言ってきます。当然お断りです。

忙しいのにそんなこと無料でやれるかい!って思います。

時々人の知識は無料だと思っている人がいて困ります。

逆に安請け合いしていい加減な知識を提供するのもどうでしょうね。

 

現実にこの越智なんたらさんがいくら報酬をもらったのかが知りませんが、

いい加減な指導をしたのか、言っても監督が聞かなかったのか、

観終わってみるとお粗末この上ない内容となっています。

 

それをすべて譲っても、ラストがやはり後味の悪さを残します。

時効がまだ存在するから刑事として止める牧村。

憎んでも憎み切れなくても法律の手にゆだねる曾根崎こと拓巳。

だから端役が最後に登場してってことなのかもしれませんが、

観ているこちらは「すっきりした」と思えないラストです。

 

せっかく藤原竜也や伊藤英明、仲村トオルといった実力派を擁しながら、

作品としては二流のものになってしまっています。

もっとも話題性が先行して興行収入は良かったようですが、

作品として後々まで残るようなものではないでしょう。

 

ただ、仲村トオルの演技はよかったと思います。

日本版ではこの仲村トオルに色気があってよかったと思います。

藤原竜也はいつも通り安定してますね。

 

DVDで観るなら断然「殺人の告白」をおすすめします。

 

 

では以下は例によってネタバレぎっしりのあらすじです。

 

殺人の告白」(韓国版)

 

韓国中を震撼させた、女性ばかりを狙ったヨンドク連続殺人事件を追う

チェ・ヒョング刑事(チョン・ジェヨン)。

路地を疾走し、犯人と思しき男を追い詰めたものの、刃物で口の横を斬られ、

その隙に逃げられてしまうが、男の肩に銃撃一発の反撃。

 

15年後、自分が事件に巻き込んだせいで、声の出なくなった女将の店で

飲んでいたヒョングは、店のテレビで殺人事件が未解決のまま時効を迎えた

というニュースを目にする。失意のヒョングに、最初の被害者の遺族で、

ヒョングが弟のように面倒を見てきたチョン・ヒョンシクから電話がかかり、

時効を迎えたことで絶望したヒョウンシクはヒョングの目の前で、

飛び降り自殺を図ってしまう。

 

その2年後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が、「自分が真犯人だ」と名乗り出て、

派手に記者会見を開き、事件の真相を克明に書いた手記を出版する旨を発表。

犯人である証拠に、17年前に自分がヒョウングに追い詰められて撃たれた

肩の傷跡を見せ、金属探知機をかざすとそこから反応音が。

 

ドゥソクの手記はあっという間にベストセラーとなり、殺人犯なのに、

ドゥソクはその甘いマスクで一躍人気者になって、まるでアイドル扱い。

 

一方、ヨンドク連続殺人事件の被害者遺族たちは、時効が成立したため、

法律では裁くことができない犯人ドゥソクを、自分達の手で裁こうとしていた。

彼らを束ねるのは、娘を殺人犯に拉致されたままの女性ハン・ジス(キム・ヨンエ)。

遺族の一人がドゥソクの滞在しているホテルに清掃員として潜入し、

プールで泳いでいたドゥソクに毒蛇を送り込んで麻痺させ、偽の救急車に乗せ

拉致しようとしましたが、そこに本物の救急車が現れ、混乱が・・・。

結局遺族たちに拉致されたドゥソク。

後を追ったヒョングは遺族たちのアジトの山小屋を突き止め、密かにドゥソクを奪還。

病院に運ばれたドゥソクは、なぜか「熱狂的なファンの行動だ」とし、遺族を訴えず、

手記の売り上げも全て遺族に寄付すると発表。訝しむ遺族達たち。

 

その後、ドゥソクはヒョングを指名して、生放送の討論番組に出演することに。

二人は「なぜ事件の詳細を手記にして発表したのか」について討論していたが、

ヒョングは、ドゥソクは真犯人ではないのではないかと言い出す。

手記には未解決のままの最後の被害者である女性の誘拐事件についての

記述が一切書かれてないからだ。その女性こそ、ヒョングの恋人であり、

遺族を束ねているハン・ジスの娘、スヨンなのだ・・・。

ドゥソクはこの誘拐は別人物の犯行だと主張する。

ヒートアップするスタジオで、司会者がクールダウンも兼ねて、視聴者からの

電話による質疑応答を挟んだが、その時、スタジオに「J」と名乗る男から

電話がかかる。「J」はなんと自分こそが真犯人だと主張する。

 

「J」は突如生放送でインタビューに応じると表明。

「J」の電話を逆探知するとなんとヒョングの実家からかかって来たことが判明。

年老いた母親の心配をしてかけつけたヒョングに残されたテープとナイフ。

 

最後の被害者の女性を埋めたであろう場所を録画したテープと

17年前に追い詰めた時に自分の口の横を切り裂いたナイフであると判明。

繰り返しテープを見入るヒョングは、あることに気付く。

 

ドゥソクは犯人ではないのか?色めき立つマスコミ。

そしてドゥソクとヒョング、Jの三者を交えた討論会が始まる。

 

「J」が真犯人だと確信したら自分の手で殺させてほしいと懇願するハン・ジス。

薄ら笑いすら浮かべる「J」は着けていたマスクも取り、得意げに話し始める。

思わず掴みかかるヒョング。その時ドゥソクは「自分は犯人ではない」と告白。

 

なぜ事件の詳細が書けたのか疑問を投げかける司会者に対し、

ドゥソクは手記は別の人物が書いたと告白。その人物とはなんとヒョング。

ドゥソクは実は投身自殺を図ったチョン・ヒョンシクであり、

一命を取り留めた彼は整形して偽名を名乗り、自己顕示欲の強い真犯人を

あぶりだすために、ヒョングとともにこのような方法を取ったのだと言う。

 

そして、実はスヨンの殺害に関しては、まだ時効が成立していなかったのだ。

まんまと罠にかかった「J」は隙を突いて逃げ出すが、壮絶なカーチェイスの後、

「J」を追い詰める。毒薬で「J」殺そうとしたハン・ジスを制したヒョング。

薄ら笑いを浮かべる「J」だが、ヒョングに殺される。

数年後、刑期を終えて出所したヒョングをドゥソクや遺族らが笑顔で出迎え、

全員で集合写真を撮るのだった。

 

 

 

22年目の告白-私が殺人犯です-

 

22年前の1995年。阪神淡路大震災の年、東京で起きた5件の連続殺人事件。

その手口は残忍で、手足を縛られ、口を塞がれた上で、目の前で愛する人が

犯人によって後ろから絞殺されるのを成す術もなく目撃させられるというもの。

大がかりな捜査本部が設置され、警察が全力で捜査に当たったものの、

ほとんど手がかりがないまま捜査本部は縮小され、2010年に時効を迎えた。

 

7年後の2017年。連続殺人事件の時に捜査に当たった牧村航(伊藤英明)は、

チンピラを路地裏に追い詰めていたが、上司からの電話で署に呼び戻される。

22年前の連続殺人事件の殺人犯が、時効を機に告白本を出版するという。

テレビに映される記者会見の場。

派手な演出をバックに、曾根崎雅人と名乗る男が「私が殺人犯です」と言い放つ。

彼は、警察の捜査やマスコミの無能さゆえに、誰も自分のところに辿り着かず、

真相を告白するために手記を書いたと言う。

 

犯人は22年前、「今度のターゲットは私を追い詰めた牧村刑事だ」と

殺害予告の電話をして来た。

その1か月前に牧村は犯人を追い詰めたが、ナイフで口の横を切られ悶絶。

かろうじて犯人の肩に銃弾を一発撃ちこむが、逃走されてしまったのだ。

 

牧村の妹里香は、阪神大震災の後、心が不安定になり、恋人の拓巳とともに

牧村のアパートに避難して来ていたため、牧村は里香の身を案じて駆けつける。

戸口を開けると部屋にはガスが充満、焦る牧村は先輩刑事の滝に制される。

しかし先に部屋に入った滝が犯人の仕掛けた罠にかかって死亡したのだ。

そして里香の姿はどこにもなかった。

 

曾根崎は、予定したターゲットである牧村と目撃者にするはずの滝が

入れ替わってしまったと言い、それを契機に殺人は終了したのだと述べる。

 

公に顔を晒したことで、ネットやSNSでたちまち話題になる曾根崎(藤原竜也)。

「もろタイプ」「超美形」などと言われ、アイドルのような存在になっていき、

出版本もたちまちベストセラーに。

もちろん本の出版社前には抗議する人々のデモも見られるが、

世間の反応は牧村たちのの想像の範疇を越えていく。

 

一方、曾根崎は都内の高級ホテルで過ごしながら、世間の反応を見ていた。

彼は出版社の女性社員をマネージャーとして、イベントや記者会見を開いていく。

しかし曾根崎はもっと注目されることを強く希望し、テレビの生出演を望む。

さすがに曾根崎の生出演には二の足を踏むテレビ局。

 

ジャーナリストで、ニュースキャスターをしている仙堂俊雄(仲村トオル)。

彼は自分がキャスターを務めるニュース番組「NEWS EYES」で、

曾根崎を取り上げたいと言い出した。

仙堂は、22年前、戦場フリージャーナリストとして海外から帰国。

駆け出しだった彼は「東京連続絞殺事件」の取材を手掛けたことで出世したのだ。

 

牧村は、被害者遺族の娘で、本屋に勤める美晴の様子を見に来る。

曾根崎の告白本が積まれた部屋で美晴は悔しさを隠しきれない。

一方同じく被害者遺族で、都内の共立中央病院で院長を務める山縣明寛。

病院の玄関に曾根崎がマスコミ陣を引き連れて現れ、山縣に土下座する曾根崎。

曾根崎はその場に居合わせた牧村を挑発。牧村は、曾根崎に殴りかかる。

押し寄せるマスコミや、牧村を制止しようとする警備員らで大混乱となる。

曾根崎が病院を後にする時、「NEWS EYES」からの出演依頼が入ったが、

曾根崎のこうした行動にマネージャーは苦言を呈する。

 

曾根崎は出版記念サイン会へと移動した。

事件で愛人を殺されたやくざの組長(岩城晃一)が率いる橘組。

その子分が曾根崎を狙うと連絡が入り、牧村もサイン会場へと向かった。

 

サイン会の途中で発砲される曾根崎を守る牧村。

しかし会場の一角に避難した曾根崎を美晴がナイフで切りつける。

美晴をなだめて裏口から逃がす牧村。

 

その夜、「NEWS EYES」に曾根崎が生出演。キャスターの仙堂俊雄は

告白本に書かれていない、「第6の殺人」があったのでは?と

ネットの動画投稿サイトへアップされた動画を見せて曾根崎に迫った。

 

匿名で投稿された牧村里香を拘束・殺害する直前のシーン。

第6の殺人事件を追及する仙堂に対して、曾根崎は知らないと突っぱねる。

テレビを見ていた牧村は、里香の失踪事件の時効となった日、

牧村をビルの屋上に呼んだ拓巳がビルの屋上から投身自殺した出来事を思い出す。

 

動画投稿者から、仙堂に対して「自分が真犯人だ」と連絡が入る。

真犯人と名乗る男からの要求で、曾根崎、牧村との3者対談を行うことに。

一方牧村は、妹が拉致された事件について警察に届けていなかった責任を取り、

辞表を提出したが、上司の温情で辞表は預かられることになった。

警察署を出ると、橘組の橘大祐が牧村を車に乗せ、曾根崎に発砲した犯人は、

殺害された彼の愛人の一人息子だったと語る。

 

「NEWS EYES」の緊急特番で、プライバシー保護を求め、覆面姿で現れた「真犯人」。

真犯人である証拠として、「牧村里香の殺害現場」を記録したDVDを持参。

さすがに公の電波で流せないため、スタジオの出演者だけで見て、

その反応のみを映すことにしたテレビ局。里香の殺害シーンが映し出されていた。

兄である牧村は嗚咽と吐き気をこらえつつ見入る。

 

見終るや否や、曾根崎は仙堂の万年筆を奪い取って真犯人の頭に突き立てた。

マスクが破れ、狼狽する「真犯人」。男は「俺はネット代行業で頼まれただけ」と言う。

大混乱の中、曾根崎は、自分は犯人ではなく、告白本は牧村が書いたと言い出す。

曾根崎は、本当は曾根崎雅人ではなく、里香の恋人の拓巳だと名乗る。

 

7年前飛び降り自殺を図った拓巳は、一命を取り留め、医師の山縣の手助けで、

別人へと生まれ変わり、自らの手で犯人を捕まえると誓ったのだ。

事件に詳しい牧村が告白本を書き、拓巳が曾根崎雅人として「犯人だ」と

名乗り出て世間の注目を集めることで、自己顕示欲が強く完璧主義の真犯人を

あぶり出すために世間の注目をあびたのだった。

 

「真犯人」と名乗り出た男が偽物だったことから、牧村と拓巳は、一瞬途方にくれる。

 

拓巳は、パソコンで資料を見ていてあることに気づき、山縣の車を借りて疾走。

車は軽井沢方面に向かった。それを聞いて追いかける牧村。

 

仙堂の密着ドキュメンタリーのインタビューが軽井沢の別荘で行われていた。

仙堂は何者の侵入に気づき、地下室へ行くと拓巳が座っていた。

拓巳は、仙堂こそが真犯人であることを指摘。

牧村以外には里香との婚約を知らないはずなのに、仙堂がTV番組で

里香の婚約に触れたからだった。ナイフで仙堂を刺す拓巳。
 

仙堂は、自らが真犯人であることを認め、里香の心の不安定さについて、

生きる気力をなくした人間を殺すことほどつまらないものはなかったと言う。

挑発された拓巳は仙堂が「俺を殺せ」と言うまま仙堂の首をワイヤーで締めていた。

しかし追いかけてきた牧村に「里香の事件の時効はまだだ」と伝えられる。

里香の殺害時に背景に映っていた東京タワーの点灯が消え、

殺害時は日付が変わり、時効が撤廃された改正刑事訴訟法の適用されるのだ。

仙堂は逮捕・収監され、里香の白骨化した死体が発掘された。

 

仙堂かつて自身が戦場へ行った時に、ある武装勢力に捕まり、

目の前で友人を絞殺された。解放され、生き残った自分はPTSDとなり、

大事な人を目の前で殺されてしまって生き残った仲間を作ったのだと述懐。

「時間はあるからゆっくり考えましょうかね」と放心したように述べる仙堂。

 

拓巳は、海外へと旅立つことになり、見送る牧村。

事情を知らずにナイフで切りつけた美晴が山縣に付き添われて謝罪に来る。

それぞれの中で事件はやっと解決し、終焉を迎えたかに思われた。

 

逮捕された仙堂は、精神病院に収監され、そこで手記を書き上げていた。

近日中に出版予定で、旅立つ拓巳の空港でもその宣伝が背景に映し出される。

 

精神病院。清掃員に扮したかつて橘の愛人で殺されたホステスの息子、

曾根崎に発砲したチンピラが、ナイフを手に仙堂に向かっていくシーンで終わる。

 

Written by     まきメンタルクリニック  院長 西崎真紀

では今日は「殺人の告白」の予告編を贈ります音譜

AD