生活の利便性

住みやすい地域に必要不可欠なのが、生活の利便性です。
スーパーやコンビニなど利用頻度の高い施設が近くにあると便利ですし、教育施設や病院なども近くにあると良いでしょう。
さらに、どのくらいの距離に大型商業施設があるのかも重要です。
これは近すぎると喧噪が気になってしまいますし、遠すぎると不便です。
子育て世帯には教育施設は非常に重要で、近くにそれなりの水準の施設がなければ、わざわざ交通機関を使って遠方の施設に通わせなければならない可能性があります。
生活に必要な施設についてはそれぞれの家庭の状況に合わせて選ぶと良いでしょう。
若者ならばコンビニ、ファミリーならば学校といった具合です。

心が休まる場所かどうか

住みやすい地域は、利便性を追求した土地であるという一方で、心が休まる場所かという点も重要です。
そもそも、住まいを建てる場所なので、体を休めることができるという点は非常に大切になります。
そのため、騒音を発するような場所との距離感が重要です。
一つが道路でしょう。
交通量の多い通りからどのくらい離れているかを確認してみてください。
また、商業施設との距離感も大切です。
若者がたむろするようなコンビニが近ければ、騒音によって住みにくい可能性があります。
また、深夜遅くまで営業しているような、それなりに規模の大きい施設がある場合もうるさいかもしれません。
逆に、公園や池などの適度な自然が周辺にあると、とても癒されます。

治安が良い

住みやすい地域で重要なのが治安の良さです。
特に女性が暮らす場合には、必須ポイントになってくるでしょう。
日本は、そもそも治安の良い場所ですがそれでも犯罪率などは地域によって異なっています。
そのため、住んでいる人たちの属性を確認する必要があるでしょう。
犯罪など起こさないような層が周辺に住んでいれば、自然と治安が良くなります。
また、周辺を警察官が定期的にパトロールしてくれるというのも重要です。

土地に価値がある

これは現実的な部分になりますが、土地に価値があるのも住みやすい地域でしょう。
価値がある土地は、積極的に開発されていきますので、より住み良い街になる可能性があります。
さらに、土地に価値があれば、万が一その土地を手放すときにも資産を確保することができます。
単に、便利な場合や静かな場所という特徴のほかに、資産性も考慮して、住みやすさを計れば、かなり良い土地選びができるのではないでしょうか。