快適に暮らせる間取り

賃貸物件はもちろん戸建て住宅であっても家族みんなで生活するのであれば、それぞれがリラックスして快適に生活できるよう間取りにはこだわりたいものです。
現在、家族向けの賃貸マンションも増えており、間取りにこだわって物件を選ぶという方も少なくありません。
間取りを決めるときには、部屋数を意識するだけでなく暮らしやすさにも重視することが大切です。
特に小さなお子様がいるご家庭の場合は、子どもが大きくなったときのことも考えてベストな間取りを選んでみると良いでしょう。

ファミリーが注目している間取りは?

快適なに暮らせる空間を確保したいファミリーに人気を集めているのが4LDKです。
子ども2人分の部屋を確保しているだけでなく、夫婦の寝室や書斎があり、それぞれがライフスタイルを気にせずリラックスして生活できます。
また、お客様が遊びに来たときのために客間を用意することも可能です。
若い世代では、和室は必要ないと考える方も少なくないようです。
しかし、和室が一つあるだけで多くのメリットを実感できることをご存知でしょうか。
たとえば、リラックスできる空間を作ることが可能です。
和室でゆっくりとくつろぐことができるのはもちろん、冬場にはこたつを立ててのんびりと足を伸ばせます。
さらに小さいお子様のいるご家庭では、お昼寝スペースとして活用する方も増えています。
和室には、押し入れが備え付けられているため、広々とした収納スペースが確保できるのも嬉しい点です。
坪数が小さい物件の場合、収納スペースを作ることができないことが悩みになってしまうこともあります。
しかし、収納力の高い押し入れを備えた和室が一つあれば、布団をはじめ衣類などの保管しておくことができ便利です。

メジャーなのは3LDK

ファミリーが選ぶ物件の間取りの中で最もメジャーとなっているのは3LDKです。
4人家族の約半分の家庭が3LDKの間取りの物件を選んでいます。
夫婦の寝室と子供部屋が2つあれば十分というご家庭も多く、できるだけ無駄な部屋は持ちたくないといった考えを持つ方も少なくありません。
しかし、3LDKといってもリビングの広さは16畳以上と広さにこだわっている方がほとんどです。
長い間過ごす住まいだからこそ、家族が快適に過ごせることを重視して間取りを選ぶとストレスがありません。
お部屋の間取りを検討するときには、家族がリラックスして快適に過ごせるかをイメージしてみると良いでしょう。