建物も冬の準備や管理が不可欠

建物は頑丈で中に入れば寒さも凌げて、冬に向けた対策は特に必要ないと思っていませんか。 室内に暖房器具を準備したり、自分が暖かい服装にしたりすれば、いつも通り過ごせると思い込みがちですが、建物も冬に向けた準備や対策が必要です。 たとえば、寒冷地にある一戸建てやマンション、別荘では水道管が凍結して、使いたいときに水が出ない、お湯が出ない、水道管が破裂して水浸しになるといったリスクがあります。 雪が降る地域などで特に注意したい点ですが、都心部であっても起こりえます。 特に冷え込んだ朝など蛇口をひねっても水が出ない、マンションの敷地に設置された外の共用水道が出なくなって掃除ができないなど思わぬトラブルが生じるのです。

水道管の維持管理

水道管の凍結や破裂を防ぐには、水抜きが必要です。 特に寒い日は寝ている間だけでも凍結してしまうことがあり、お休み前の水抜きが重要になることもあります。 別荘や民泊施設など毎日使う人がいない場合や、賃貸住宅も入居者待ちで空き室になっているときなどは特に注意しなくてはなりません。 冬に備えて水抜きを行い、凍結や破裂の予防が不可欠です。 対策を怠ると、いざ民泊利用者が現れたり、入居者が引越してきたりした際、水が出なかったり、お風呂に入れなかったり、破裂して部屋が水浸しといったリスクも生じてしまうので気を付けたいものです。

空調管理

寒い時期にはエアコンなどの暖房が不可欠です。 建物が全館空調である場合や、天井埋め込み式の業務用エアコンを利用している場合には寒い時期に突然不具合を起こすことがないよう、点検やフィルター清掃などが必要になります。 民泊や賃貸住宅の個々のお部屋も、利用者や入居者が入れば、いつでもすぐに使えるよう、エアコンクリーニングを行ったり、換気なども行っておいたりする必要があるのです。

結露対策

マンションやビルなど気密性・断熱性の高い建物ほど、外部の気温と室内の室温の差が大きくなり、結露が発生しやすくなります。 濡れている状態は見た目や気分的にも不快であるだけでなく、建物のシミやカビの原因になるので対策が求められます。 軽い結露なら結露防止スプレーやシートなどで対応できますが、酷い場合には二重窓の設置などの対策も検討するといいでしょう。

枯れ葉対策

戸建てのお庭はもちろん、都心のマンションでも近くに街路樹などがあると、枯れ葉が舞い込んできます。 エントランスが枯れ葉だらけになったり、オートロックドアが開く度に中に入り込んだりしてくることもあるので、日々の清掃や植栽の剪定・管理も冬対策の一環になってきます。