衣替えの段取り

 

衣替えの時期というと、住んでいる土地はもちろん、ご家庭でもさまざまな準備が必要ですね。梅雨で衣替えがなかなか進まず、周りと季節感が違うことがある方もいらっしゃるかもしれません。衣替えは季節ごとに行われますが、6月末頃になると、最高気温が25度以上になる日が増え、夏服に衣替えするタイミングです。

衣替えはできれば湿度が低い晴天の日に行うのが良いです。雨の日は避けてください。湿気がこもると衣類がカビやすくなります。

 

 

 

衣替えの便利グッズは?

 

衣替えの際は、いつの季節のものが入っているか、また誰の衣類が入っているのかわかるようなものを選ぶと良いでしょう。透明のプラスチックケースに入れて季節ものを保管するか、通気性を良くするなら布製のものを使うと良いです。
前面やサイドが透明になっているものを選べば、中身も確認しやすいのでおすすめです。
また、炭や竹炭が含まれたケースなら、カビなどから守ってくれるほか、消臭効果も期待できます。ベッド下にスペースがある場合は季節もの服をベッド下に収納するのも良いでしょう。この時は、取り出しやすいようにキャスター付きのものを選ぶと取り出しが便利になります。

 

衣替えは保管サービスの利用も便利

 

洋服が好きな方はたくさん服を持っていらっしゃると思いますし、家族が多い方は洋服の数が多くて収納場所に困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自宅に衣類を収納するスペースがない場合には衣類の保管サービスを利用するのもおすすめです。月額制で、箱に入れて送るだけで、管理してもらうことができます。
また、こういったサービス会社は空調もしっかり管理されていて、カビが生えないような最適な湿度を保った場所で保管されているので、自宅で保管するよりも安心です。依頼をすれば最短で翌日には届けてもらうことができるサービスもあるので、保管の環境が整っているところやスピーディーな対応をしていただけるところにお願いすると良いでしょう。
また、保管だけではなく、ドライクリーニングと合わせて利用できる保管付きの宅配クリーニングもありますので、クリーニングと保管を同時に効率良く行いたい方は、クリーニングと保管サービスを同時に利用できる宅配クリーニングを積極的に利用されると良いでしょう。
保管サービスを利用することで、自宅で保管する衣類の数が少なくなるので、クローゼットもこれまで以上にすっきりしますし、クローゼット内も適度な湿度を保つことができます。