フランスも解散総選挙:マクロン大統領の賭け・欧州議会選挙の衝撃 | 舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

 6月6日〜9日、EU(欧州連合)の立法機関である欧州議会の選挙が行われたが、右派や極右が過去最多の議席を獲得した。

 フランスでは、極右の国民連合(RN)が31.4%の票を獲得し、マクロン大統領の与党連合14.6%の倍以上となった。極右の作家、エリック・ゼムールが率いる右翼政党「再征服」の票も合わせると、約4割が極右票ということになる。

 この結果に、フランスでは大きな衝撃が走り、マクロン大統領は、国民議会を解散する決定を下した。6月30日が第1回投票、7月7日が決選投票である。

 RN躍進の理由は、他のヨーロッパ諸国の極右政党も同じであるが、政党のイメージ・チェンジである。

 政策的には排外主義的な過激な主張を引っ込め、穏健路線へと舵を切っている。たとえばEU離脱論は取り下げている。

 この党は1972年にジャン=マリー・ルペンが、国民戦線(FN)という名で創立したが、その極右路線はフランス国民には受け入れられなかった。ところが、今では若者が寄ってくる。まさに隔世の感がする。

 2011年1月には、三女のマリーヌ・ルペンが第2代党首に就任し、党勢を拡大していった。2017年5月の大統領選挙では、第一回投票で、マリーヌ・ルペンがトップに躍り出たが、決選投票でマクロンに敗れた。極右を嫌う左翼が中道のマクロンに投票したからである。2022年5月の大統領選挙でも、決選投票では、負けたものの41.5%の票を獲得した。

 この党勢拡大の勢いが今も続いているのである。2022年11月には、ジョルダン・バルデラが第三代党首に選出された。彼はイタリア移民の子であり、28歳の若さを誇る。今回の欧州議会選挙では、バルデラはRNの変貌を象徴するイメージの演出に成功した。フランスでは、国民議会の選挙で過半数を得た勢力のトップが首相になるが、もしRNが勝てば、マクロン大統領・バルデラ首相というコアビタシオン(共存)政権となる。

 今のRNの勢いが3週間後に減退するとは考えられない。国民議会の第一党になる可能性は十分あるのである。そこで、解散総選挙というマクロン大統領の決定は、危険を伴う大きな賭けだとみられている。

 ところが、野党で保守の共和党(LR)のシオッテイ党首が、6月11日のテレビ・インタビューで、RNと協力すると表明し、大きな波紋を広げている。LRは、1958年にドゴールが創立した今の第5共和制の中心的な政党であるゴーリスト政党の流れをくむ。この伝統的保守政党がルペンと組むというのは、ゴーリストのシラク大統領やサルコジ大統領の時代にはありえないことであった。それだけに、党内でも反発を呼んでいる。

 一方、左翼陣営は、大同団結をしようとしている。「不服従のフランス(FI)」が75議席、「社会党・同盟グループ(SOC)」が31議席、エコロジストが23議席、共産党を含む民主・共和左翼グループ(GDR)が22議席を有しており、この4派が連携し、「人民戦線」を結成した。左翼4派の議席の合計は151議席である。

 フランスの世論調査機関IFOPの6月12日の調査では、RNの支持率は35%、マクロンの与党連合は2割以下である。また、テレビ局BFMTVなどの調査(6月11〜12日)によると、最大限に得票が伸びれば、RNが国民議会の過半数を制するという。

 7月26日にはパリ五輪が開幕する。その準備に追われるパリ市にとっても、直前の総選挙は迷惑であろう。

 フランス国民はどのような審判を下すのか。マクロンの賭けは成功するのか。