ウガンダ選手団への対応が示す五輪優先の問題点 | 舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

 19日に来日したウガンダ選手団から2名のコロナ陽性者が出た。しかも、感染力の強いインド(デルタ)変異株である。成田空港で「検査と隔離」の原則を徹底しないまま、キャンプ地の大阪の泉佐野市までバスで移動している。

 濃厚接触者かどうかは、受け入れ先の自治体任せだという呆れた方針だ。バスの運転者や市の職員は後で濃厚接触者とされた。大変な迷惑である。何でもかんでも五輪優先で突っ走ると、こういうことになる。

 ウガンダ選手団は、アストラゼネカのワクチンを2回接種済みだったという。

 少人数の選手団でもこのような事が起こる。本国での検査や接種体制も十分でない国も多い。五輪開催のリスクを浮き彫りにした出来事であり、海外のメディアも、ワシントンポスト紙やBBCは五輪開催のリスクについて警告している。

 WHOが警告を発したように、世界ではインド型変異株の感染が拡大しており、100%の水際対策はありえないのである。

 政治とは選択である。つまり、優先順位をつけることである。コロナ感染の恐れのない寒村で全住民がワクチン接種を受け、東京や大阪など大都会の感染地では遅い。東京で五輪を開催するのなら、首都優先で都民の半分は開催前に接種完了とすべきである。それが実現すれば、選手も観客も不安なく東京に来れるあろう。

 政府や東京都が何が何でも東京五輪を開催しようとするのなら、東京でのワクチン接種を最優先にしなければならないはずである。ワクチン接種を見ても、政府の体をなしていないと言わざるをえない。

 東京五輪観客数の上限、5者協議で、収容定員の50%以内で1万人を原則とすることを決定したが、これも合理的な根拠があるのだろうか。しかも、大会関係者は1万人とは別枠である。

 水際対策も抜け穴だらけだ。将来に禍根を残す大会となりそうである。