世界システム論から見た覇権国と挑戦国:アメリカと中国、そしてインドは? | 舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

 ブエノスアイレスのG20の場で初の日米印首脳会談が開かれたが、これは中国を牽制するためである。世界システム論からこの動きを見ると、どのように解釈できるであろうか。

 世界システム論が主張するのは、以下の4つのポイントである。①100年周期で覇権が交代すること、②覇権国に対抗する挑戦国が存在すること、③覇権の交代の契機が「30年戦争」であること、④国力の指標を海軍力とすること、である。

 1945年に始まったパックス・アメリカーナは、現在もまだ続いているが、この4つの点を適用してみよう。

 ①パックス・アメリカーナが成立したのが1945年であるから、それが終わるのは100年後の2045年頃である。②いずれかの国が挑戦国としてアメリカの覇権にチャレンジする。③2015年頃に大国間で戦争が勃発し、それがほぼ30年間続く。④経済力が必ず軍事力に転化し、それが世界を動かしていく。

世界システム論が正しければ、もっと正確に言うと、世界が過去の歴史と同じようなコースを辿るとすれば、以上のようなことになるはずである。

 ①については、1945年から73年が経った今でもパックス・アメリカーナは続いているので、100年周期が間違っているということにはならない。これからの27年間を注視するほかなはない。

 ②については、今のところ、挑戦国は中国となる可能性が大きい。30年前の1988年には、軍事的にはソ連が、経済的には日本が挑戦国であるとするのが大方の見方であった。しかし、1989年にはベルリンの壁が崩壊し、米ソ冷戦は終結して、ソ連はロシアに生まれ変わった。

 今日の時点で言えば、米中間の貿易摩擦や軍拡競争を見れば、中国こそが挑戦国と考えられても不思議ではない。2045年が過ぎてから、実際にヘゲモニーを握る国を見てから、正解が出てくるであろう。

 世界システム論の主張によれば、次の次期にヘゲモニーを握る国は、挑戦国以外の国(モデルスキーによれば、同盟国のトップの国)である。今は、アメリカと中国が貿易摩擦など、激しい競争を展開しているが、両国が共倒れになると、次はインドの天下になるかもしれないのである。

 第一次、第二次世界大戦はイギリスの覇権(パックス・ブリタニカ)にドイツが挑戦したものであるが、その結果、次期覇権国になったのは、第三国のアメリカであった。歴史は繰り返すか。

 

 

舛添要一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース