「日常備蓄」のすすめ | 舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

 スイスでは、備蓄も含めて、戦争や災害に備えるためのマニュアルが、政府によって全世帯に配備されている。『民間防衛』という本であるが、これは邦訳も出ており(原書房)、コンパクトながら、有事の際の行動規範から、日常生活での危険回避方法まで、具体的に細かく記されている。スイスの家庭では、たとえば電話機のそばに常備薬のように置いてあって、いつでも活用できるようになっている。

 そこで、都知事に就任してから、このスイスの例を参考にして、一家に一冊常備するために、完全東京仕様の防災ブック『東京防災』を完成させようと決意したのである。出来上がると、マスコミでも大きく取り上げられ、高い評価を頂戴した。そして、2015年9月1日から、都内の全世帯に順次配布していった。

 この本には、避難経路の確認や家族の情報を書き込める「東京防災オリジナルMAP」も一緒に付けてある。東京在住の外国人用に英語版も作成し、電子版では、中国語版、ハングル版も利用できるようにした。また、視覚障害者のための点字版、音声版、音声コード添付版も用意した。

 さらには、『東京防災』に依拠した教材、『防災ノート』を作成し、これを都内の全学校で活用している。私も、港区の小学校の防災授業を視察したが、子どもたちは皆、高層マンションの住民であり、そのことを念頭に置いた防災授業が行われていることが印象的であった。

 『東京防災』のキーワードは、「今やろう」であって、この本を参考にして、今すぐアクションを起こしてほしいと訴えた。たとえば、避難先の確認、防火防災訓練への参加、家具類の転倒防止、非常用持ち出し袋の用意、災害情報サービスへの登録、日常備蓄の開始などである。最後の日常備蓄について言うと、これは、災害時にライフラインが寸断されることへの備えをどうするかという課題である。

 ライフラインの機能を95%回復させるのに、電力で7日、通信で14日、上下水道で30日、都市ガスで60日かかる。そのため、商品の流通に支障が出て、生活必需品が入手困難となる。そのような状況の下、自宅が無事だった人は、そのまま自宅に留まって生活することが想定される。そのため、食料品や生活必需品を自宅に備蓄しておく必要がある。

 しかし、普段使わないものを集めるような、何か特別な準備となると、用意するのがたいへんであり、そのため備蓄があまり進まなかった。そこで、発想を切り替えて、「日常備蓄」、つまり、日頃から利用・活用している食料品・生活必需品を少し多めに購入することによって、準備をすることにする。そして、古いものから順に消費していく。この「日常備蓄」を進めるために、11月19日を「備蓄の日」{1年に1度はびち(1)く(9)を確認}とし、この日に、皆が備蓄状況をチェックするようにした。

 まさに、「備えあれば憂いなし」である。防災訓練も9月1日のみではなく、春夏秋冬、どの季節でも対応できるように、年に4回行うことにした。災害に強い、世界一安全・安心な都市を目指していくという決意を着実に政策にしていったのである。

 

 

 

舛添要一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース