舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba

舛添要一オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

Benoît Huet  ‘La liberé d’expression au défit des <fake news>

(“Le Monde” 26 août 2017 )

 

 インターネットの普及、ソーシャルメディアの全盛時代とあって、嘘が拡散される厄介な時代となった。Brexit(イギリスのEUからの離脱)を決めた国民投票で、数々の嘘(fake news)が流され、それがポピュリズムを煽ることにつながり、マスコミの予想外の結果となった。事情は、トランプを政権に就けたアメリカ大統領選挙でも同じである。フランスの大統領選挙でも、様々な情報操作が行われた。人々はSNSを通じた情報を信じ、「ポスト真実」とか「alternative fact」とかがその行動を左右する。

 世界中で、この問題が大きな話題となっているが、フランスの新聞、「ルモンド」に弁護士のユエ(Huet)氏が、fake news  の跋扈に対して、「表現の自由」はどうなるのかという論考を寄せている。表現の自由は、基本的人権の重要な柱であり、多元的な民主主義の基礎である。それだけに、fake news を取り締まればよいというほど簡単なものではない。

 法律専門家の著者によれば、特定の状況下で嘘情報を犯罪の対象にする法律は既に存在しているので、新たな法規制は不要という。たとえば、それがテロ行為、ハイジャック、株式市場操作、選挙妨害などに結びつく場合である。しかし、実際には流布された情報がそのような行為にどこまで影響したかを判断することは容易ではあるまい。

 法律違反の場合、司法当局が結論を下すことになるが、司法に頼らない方法として、ソーシャルメディアを対象にした独立行政委員会を作るという考え方もある。しかし、運営によっては、これもまた表現の自由を阻害する危険性がある。

 日本でも、fake newsにどう対応するのか、広汎な議論が必要なときが来ているように思う。国家の将来を決める大事な選挙すら、間違った情報によって左右されるような愚は避けないと、全体主義の再来を阻止できないからである。「感情よりは論理を」というのが私の訴えであるが、残念ながら、今は人々がそれに耳を傾けるような時代ではない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

舛添要一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース