教えている生徒さんの楽器を弾かせてもらうことが多々あるがセッティング、またはコンディションが悪い楽器が多い。

 

多くの安価な楽器はナットの切り方、ブリッジの高さなど細かいセッティングがルーズなので一度リペアマンにきちんと調整してもらうと驚くほど弾きやすくなります。

 

またギターのネックが反ったりコンディションが狂っているのも多く見られます。高い楽器だからといってネックが全く反らないわけではありません。高くてもネックが弱いものもあるし、安くてもネックが安定しているものもあります。ネックの強度は楽器を買って時間が経ってみないとわからないのでその辺は運ですね...

 

以前より弦高が高くなったり音がビリつくようになったりしたらこれも調整してもらうと良いです。うまくフレーズが弾けなかったりコードが綺麗にならないのももしかすると弾き方が悪いのではなくただ楽器の状態が悪いだけかもしれません。

 

 

 

 

 

AD