415日 私が協議会長を務めさせて戴いております「日本ボーイスカウト神戸垂水地区」の第31回スカウトラリーが舞子公園で開催され、出席をし、ご挨拶をさせていただきました。

ボーイスカウト運動とは、皆様ご存知のように「自立心のある健全な青少年を育てる」のが目的の100年以上続く、世界的な社会教育運動のひとつです。現在では世界169の国と地域、約4000万人が加盟する世界最大の青少年運動となっています。日本全国には団といわれる活動母体が約2000あり、105千人が活動しています。その中の、神戸垂水地区は垂水区・西区を活動エリアとし、垂水区内に8個団、西区内に3個団あります。

今回のスカウトラリーとは、年に一度行われる、スカウトたちの日頃の技能を確かめ合うイベントです。ビーバースカウト(最年少の小学1年から2年生)からローバースカウト(18歳から25歳)まで、この日は一堂に会して、ゲームや競技に挑戦し、各グループや組・班と競いみんなで楽しく活動する、いわば〈スカウトたちの運動会〉です。

当日朝は、前夜からの雨が残っていましたが、10時の開会と同時にぎりぎり上がり、曇空でのスタートとなりました。私は開会式のあと、公務があり、失礼をさせていただきましたが、スカウト達の家族の方もたくさん来られており、普段はふざけ合ったりしているスカウトがこの日は頼もしく見えたに違いありません。仲間と力を合わせることで一人では出来なかったことが出来たり、今まで出来なかったことが今年は出来るようになったり、この一年の成長を確認できる良い機会であったと思います。

 最後に「神戸垂水地区」の更なる発展を祈念し、準備そして当日の運営に携わった皆様に心より感謝と敬意を表します。ありがとうございました。