がんを患って、退院してから2

やっとやっと家族と外食をしました

 

コロナ禍で、外食は慎重になっていたんです

 

家族が食事に出る時も私は家で1人で食事をとっていました

 

ただ、状況を見てそろそろいいだろうと判断をしました

で、埼玉の友達の諏訪さんのところに行こうと言うことに

 

 

パパ友 諏訪さん

 

息子の高校時代の同級生のお宅で

私たち夫婦はいわば親しいパパ友、ママ友であります

 

諏訪さんはお肉屋さんを経営していて、さらに

池袋で「君に揚げる」と言う

とんかつ屋さんを営んでいるんですが、これがとても人気なんです

 

その諏訪さんが埼玉県朝霞に焼き肉店をオープンさせました

 

ちょうどコロナが蔓延してる時で

、この時期の出店はとてもチャレンジング

 

また私もがんから復帰したばかりだったので、なかなか尋ねることができませんでした

 

広い個室もあると言うので、ちょうど良いなと

 

 

 

 

 

 

他のママ友も誘って

夕日のきれいな日に尋ねてみてびっくり

とても大きな綺麗なお店❣️

 

 

 

 

 

お店の名前は何とこちら

 

 

 

 

あははは、

 

お肉屋さんが

「君に焼いて揚げる」()

 

焼肉と揚げ物(トンカツ、エビフライ)が自慢のお店

 

入り口は、マリリン・モンローならぬマリリントンローがお出迎え

()

 

 

 

 

 

 

 

いや、ほんとおいしかった

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに、人と食事をしました

それもおいしさに輪をかけました

 

 

 

 

 

コロナのリスクがありますから、

これで完全に解禁と言うわけではありません

 

でも、全く人と食事をしないで過ごしていくというのはやっぱり辛いものがあります

 

レジのところに大きな冷蔵庫があってお肉が売ってました

 

やっぱりお肉屋さんだなぁと思って諏訪さんに話を聞くと

 

「お肉だけ買いに来るお客さん結構いるんだよ」

 

へーそんな焼肉屋さんあるんだ、

お肉がおいしいと言う証拠ですね

 

「うちは食べ放題はやらないんだ、儲かるかもしれないけども、どんなお肉を使っているかわからないものね。本当の美味しいお肉では食べ放題やったらお店が潰れちゃうから。だからお肉を選んで皆さんに提供しているんだ」

 

さすが長年お肉屋さんを営んで来ている諏訪さんだけの事はあります

 

お店を出るとに肉屋の看板が出てました 

 

 

 

 

プライドですね

 

仕事先で

「いくらでも、なんでもしゃべりますよ」

なんて言うこともありますけれども、講演会でも、イベントの司会でも、やっぱり質の高いトークを提供しなきゃダメなんだなと改めて思いました

 

おいしいお店で良い体験をさせてもらいました

 

一応お店の紹介しときますね

 

 

 

でもステマじゃないですよ

 

ちゃんとお金払いましたから()

 

 

 

 

 

 

 

笠井信輔フォローバナー