OJT代行型研修の株式会社シンスター スタッフブログ

OJT代行型研修の株式会社シンスター スタッフブログ

株式会社シンスターのスタッフが、ビジネスや人財育成に関して、日々考えていることを発信。

こんにちは。シンスターの菅原です。

早いもので、今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。例年であれば、紅葉を満喫する季節ですが、今年は新型コロナの影響もあり、観光も違った様相となりそうですね。

 

特に、新入社員教育をご担当されている皆様におかれましては、今年は新型コロナの感染拡大を受け、大変なご苦労をされていると存じます。

 

シンスターでも、4月から多くの企業様から戸惑いの声をいただいておりました。そこで、弊社でも、何かお役に立てないかと考え、配属直前の確認や配属後のフォローとしてお使いいただける「ビジネスマナーWebテスト」を、期間限定で無料公開させていただきました。

 

「ビジネスマナーWebテスト」は、ビジネスマナーの基本問題20題(4問×5回)で構成されていて、PCやスマホで気軽に受けていただけるように作成しまして、6月から8月末までの約2ヵ月間で、様々な企業で200名を超える新入社員の方々にご活用いただきました。

 

今回は、その全員のテストの解答を集計し結果を簡単にまとめました。今年の新入社員のビジネスマナーにおける傾向や苦手としているカテゴリなど、ご参考にしていただき、今後の新入社員教育にお役立ていただければ幸いです。

 

まず、カテゴリ別で見ると、「訪問」が80%と一番正答率が高く、続いて、「挨拶」、「お辞儀」で、63%という結果になりました。カテゴリの中で、一番苦手とされていたのが「封筒の準備」の32%でした。普段郵便物を送る習慣が少なくなってきているため、その影響もあるかもしれませんね。

 

【カテゴリ別正答率】

 

続いては、全問題の中で正答率が最も低かった問題2問についてご紹介させていただきます。

 

ワースト1位は、「言葉遣い」カテゴリからの問題で、敬語の使い方に関する問題は、正答率は17%という非常に低い結果となりました。敬語については、今年だけに限らず、最近の新入社員に共通する苦手領域のようですね。先輩社員ですら怪しいという話もあります。(笑)

 

【正答率の低かった問題(ワースト1位)】

 

 

ワースト2位は、「名刺交換」の問題で、正答率は、ワースト1位から上がったものの28%と低い結果となりました。配属直後、もしくは配属前の方々が受けられていることも考えられるため、まだ実践的なビジネスマナーは苦手に感じられているのかもしれません。

 

【正答率の低かった問題(ワースト2位)】

 

さて、皆さまはいかがでしたか? 

社会人経験豊かな皆さまですので、きっと問題なく正解いただけたかと思っています(笑)。

 

こちらは限られたサンプルに基づく、あくまでもご参考程度の結果ですが、ビジネスマナーは新入社員にとっては組織内でコミュニケーションを図る上での基礎となるため、こちらの結果が少しでも新入社員教育のご参考になれば幸いです。

 

最後に、ちょうどこれから新入社員へのフォロー施策もお考えの企業も多いと思いますので、シンスターでは、ビジネスマナーWebテストを再度皆さまに公開させていただくことにしました。まだ、コロナの収束が見通せないこともあり、ご不安に感じられている人材育成ご担当者の方も多いかと存じます。新入社員の方々の配属後のチェックや復習等に是非お気軽にお使いください。

 

テストへのアクセスは、メルマガ本文のURLをクリックしてご活用ください。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こんにちは、シンスターの曽我です。

 

みなさんの会社では、どれくらいオンライン会議が浸透していますか?

今回のコロナ禍では、否応なしに社会全体にリモートワークが進みました。最近では、出社体制を徐々に戻されている企業も多いようですが、オンライン会議は以前と比べて格段に増えていると思います。きっとコロナが収まっても、このトレンドは続くのでしょうね。

 

 

さて、私どもシンスターでは、実は10年以上も前から社内会議でGoogle  Meet(当時Google Talk→Hangout)を使っています。皆さんの企業でも、多かれ少なかれオンライン会議は実施されていたと思います。しかし振り返ってみると、今まで社外のお客様とは、ほとんどオンラインで話したことがありませんでした。それが今では、オンラインが第一選択肢、半年ほど前には全く想像していない状態になっていますよね。

 

このオンライン会議ですが、私が登壇したファシリテーション研修や議論の見える化研修の参加者に話を聞いてみると、これまでのように対面/リアルで議論するのとは違った難しさを感じている人も多いようです。

 

などなど、いままさに普及し始めた段階なので仕方のない面はありますが、皆さんはこのようなことを感じることはありませんか?

 

オンライン会議でも、定例会や進捗報告会といったある程度決まったことを議論する時には、さほど苦労はないようですね。(逆に横道に逸れず効率的になったという声も)。

一方、新しい取り組みや企画に関するブレスト、少し込み入った問題への対応策の議論といったような、自由に意見を発言していくオープンな議論は、オンラインではやり難さを感じている人も多いのでないでしょうか? やってみると意見が出ない、議論が広がらない/深まらない、最後は、みんな沈黙・・・。オンラインでシーンとなると・・・つらいですよね(苦笑)。 

対面で集まって議論をしていると、こういった時には、脱線気味の話も出しながら場を和ませたり、発言を茶化したりと、気の利いたことをしてくれる人がいたりします。それがきっかけとなって、場が緩んだり、意見が広がったりする。でも、オンラインだと、なかなか気軽な発言がしにくいのが現状です。

 

オンライン研修でも、受講者全員に講師が問いかけ、自由に発言してもらうといったオープンな議論はかなりやり難い。基本、話す人以外はマイクをミュートにしているので、おいそれと発言ができない。講師が指名して、一人一人発言してもらうことになるのですが、数も限られる上、その意見に対して気楽に突っ込んだり、かぶせたり、話を和ませたり、膨らませるような発言が起きません。

 

そこで、オンライン研修では「チャット」を織り交ぜて、発言してもらうように工夫しています。議論のテーマに対して、数分個人で考えてもらって(この個人で考える時間を取るというのが特に重要)、一斉にチャットで自分の意見を出してもらう。その意見を全員で見ながら、幾つかピックアップして今度は口頭での発言も交えて議論していく。短時間で一斉に全員が意見を出せる、オンラインならではの、有効な議論の手法です。

 

これは、オンライン会議でも取り入れられる考え方ではないでしょうか?
例えば、議論が停滞して意見が出なくなったら、思い切って個人で考える時間を取る。一旦Zoom映像(顔の画像)をOFFにして3分個人で考える。その後、全員がチャットで意見を出し、そこから議論を再開していく。そうすると議論がまた動き出します。

このやり方は、何も新しいものではなく、昔からあった手法です。対面の場であれば、全員にポストイット渡し、書いてもらって、それを一人一人貼りだしながら議論していくというものです。同じではあるのですが、リアルでやると大仰な感じになりますよね。でも、オンラインでのチャットなら、簡単に、気軽にやることが出来ます。

先日の研修で、受講者の方とこの話をしたところ、「自分がやった会議でもチャットを使って議論してみたら、うまく行った。特に、普段あまり発言しない若手からも、いろいろと意見が集められた。」と、アンケートにコメントを頂きました。オンラインにはオンラインならではの議論のやり方があるんですよね。ちょっと工夫してみるだけで、議論がもっとやりやすくなるかもしれませんよ。

 

さて、我々シンスターも、オンライン研修を本格的に提供して半年が経ちました。このようなチャットの活用は一例ですが、「オンラインだからできることって何だろう?」「もっと面白く、効果的な議論のやり方ができないか?」と、様々な手法を試行錯誤しています。

その中で出てきた良い手法あれば、ぜひまた皆さんにも共有させて頂きますね。

シンスターの菅原です。

朝夕はずいぶんと涼しくなり、日増しに秋の気配が深まってまいりましたね。

 

さて、今月シンスターでは全4回にわたって企業の人材育成ご担当者様を対象とした「Zoomを使ったオンライン研修を面白く、効果を最大にするためのポイント」をテーマとして無料オンラインセミナーを開催しました。

 

今回のセミナーは、研修のオンライン化を検討されている方、今実施しているオンライン研修をより良くされたい方を対象に、シンスターの実経験を踏まえ、事前準備から研修後のフォローまで、オンラインならではの具体的な事例を交えながら全4回でお伝えしました。

 

 

 

各回、定員20名の枠を超えるお申込みをいただきました。多くの企業にとって、オンライン研修をいかに効果的に実施するかは、関心の高いテーマであることを実感しました。参加者は既に実施している企業も多く、オンライン研修を実際に経験して課題がぶつかったり、試行錯誤で進められていたり、まだまだ情報収集を必要としている人材育成のご担当の方も多いようでした。

 

本セミナーは、オフィスや自宅から気軽にご参加いただけるように、各回30分で開催しました。短時間ではありましたが、オンラインのメリットを最大限に生かした企画、講義・グループワークの進め方、及び研修後フォローのやり方等など、シンスターのオンライン研修での実体験を交えてお伝えしました。

 

参加者からは

「集合、オンラインそれぞれのメリットデメリットについて理解できた」

「Zoomを使ったグループワークの実施について具体的な運用を知ることが出来た」

「オンラインならではのツールを使った工夫やアイデアが、とても参考になった」

「オンラインを活かしたフォローの手法、ログの活用法は斬新だった」

とのお声をいただきました。

 

また、セミナーでは、Zoomの投票(アンケート)機能を実際に体験いただいたり、実際の弊社のオペレーションの裏側(どんな機材を使っているか、どのように講師とオペレーターが連携しているか等)をリアルタイムでビデオを回して見ていただきました。あわせて実際弊社が使用しているチェックリストを基に、オンライン研修の肝でもある準備段階での見落としがちなポイント・留意点をお伝えしました。

 

【シンスターの研修現場・オペレーションの裏舞台もリアルタイムでご紹介】

 

【シンスターが実際に使用している「オンライン研修事前確認チェックリスト」もご紹介】

 

参加者からは、

「投票機能の活用方法がわかり、実際の研修運営時の活用イメージが湧いた」

「オペレーションの実態、裏側の工夫を教えてもらい、具体的なイメージがつかめた」

「オンラインでの成功のカギは事前準備にかかっていることが理解できました。どんなリスクがあるのか、何を誰が行うのかなど把握することができて参考になりました」

とのお声をいただきました。

 

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

今回のセミナーでは大変ご好評を頂きましたが、定員の都合上や時間の都合でご参加いただけなかった多くの方からのご要望もあって、10月にセミナーを追加開催いたします。前回ご都合が合わなかった方やご興味のある方は是非ご参加ください。

 

 

またセミナー参加者にはご案内させて頂いたのですが、「実際にシンスターのオンライン研修を見てみたい!」というご要望も多く頂いたため、現在、個社別に「オンライン研修無料体験サービス」をご提供させて頂いています。社内の方4~5名集まって頂ければ、1~2時間程度でシンスターのオンライン研修プログラムのエッセンスを体験して頂ける企画です。既にセミナーにご参加いただいた複数の企業でも実施させて頂き、大変ご好評いただいています。セミナー参加者に限らず、ご希望の方にご提供もさせていただきますので、まずはお気軽にお問合せください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。