専業トレーダー 引退の危機せまる | 元相場の営業マン しん

元相場の営業マン しん

2006年2月22日、妻・子供失踪。テレビ、洗濯機等家財道具の全て喪失。銀行預金も突然ゼロに・・・一瞬で全てを失いました。
それでも五体満足に感謝し、残りの人生全力で頑張っていきます。

自分の考えをまとめるために書きます。

 

12月現在約400万円の含み損を抱えております。

今年の株の損益が、-220万円 FXの損益が-150万円 生活費が約800万円なので

資産が約1200万円、昨年より減ってしまいました。

 

 これでも一応専業トレーダーですが、現金が減ると成績に直結しますので

もう1年同じことを繰り返したら引退です。(仕事あるかな・・・)

 

 来年は勝負の年になるのですが、よりによって4月から東証の市場再編がスタートしますので

今までのルールが使えなくなるケースもあり試練の年になりそうです。

 

 新しい戦略

よって、来年は少し資産の使い方を工夫しようと思います。

資産の半分をこれまで通り、総合ルールで運用します。

残りの半分は、デイトレで運用し、大暴落が起きた時に勝負ができるように、ポジションを常に開けておきます。

利回りが減ってしまうかもしれませんが、その代わりに超短期の戦略をいくつか作りました。

パラメーターを少し変えただけの戦略ではなく、コンセプトそのものが違う面白そうなルールができましたので

楽しみもあります。

 

 儲からないFXのこだわりをすてて、しばらく株に集中します。