見えないものを見る力 | 福岡 博多 漢方 カウンセリング Bloom(ブルーム)症状翻訳家 渡邊ブログ

福岡 博多 漢方 カウンセリング Bloom(ブルーム)症状翻訳家 渡邊ブログ

博多ヨドバシ徒歩5分。症状デパートの方、流行りものでは健康になれないと思い知らされた方は、症状翻訳家の漢方サロンBloom(ブルーム)で開花をしていきましょう

昨日は

症状翻訳家養成塾

今年5回目でした


リアルで仲間と会うのが

減ってる中

養成塾はリアルでやる


そして

みんなが参加してくれるとこに

感謝する


関東からは

どうしても

移動できないという方も

いつも参加したいと

気持ちを伝えてくれます


ありがたいなぁと

感じてます


昨日は

コンテンツとして

病気の本質をどのようにみて

いい作用を働きかけるか


具体的なことも

伝えて行きました


その中でも

大切なのは

見えないものを見る力


症状は表面化してるし

大変かもしれない

ただ、もっと深く病人をみてく


病気にばかり

囚われると

病人が置き去りになる


悩んでる病人に

寄り添っていくことで

見えなかったものが

見えてくる


その方が

意識なく

症状の原因をつくっている

ということもある


そいうときに

指摘するのではなく

気づいていただけるよう

言葉を紡いで気持ちを

伝えていく


症状を作ってるかもしれない

習慣も心地いいから

やってきたと    感じる


やめるのはカンタンにはいかない


だから

やめなさい

なんて荒い言葉ではなく


負担になる

習慣をしていかないと

いけないくらいに

頑張ってきたことに

想いを馳せる


頑張ってきたし

頑張りすぎてきた

自分のことを後わしにしてまでね


だから

甘いものやめてください

ではなく

甘いものが欲しいストレス環境であり

その身体の流れをお伝えしていく


バッサリ甘いものをやめる

なんて

やらなくていい


いい方向を見出して

ひとつずつ煉瓦を重ねるように

やってけばいい


ゆっくり

焦らず


元気になるまで

一緒にいい方向を目指して

ゆっくり歩こう


方向は僕が示していくから

大丈夫


ひとりで元気に

歩けるようになるまでね


そんなことを

思いながら

接しているカウンセリングを

塾生に伝えいく


と毎回

気持ちが深まっていく


伝え方がまだ

足りないのは

日々鍛えていくしかない


参加してくださってる

塾生にありがとう


そして

塾生の先にいる

患者さんが元気になっていく報告もきくと

嬉しくなる


心配しなくていい

希望という可能性を

見出して行こう


一緒に