漢方薬で生理痛が消えるなんて思ってもいませんでした。 | 福岡 博多 漢方 カウンセリング Bloom(ブルーム)症状翻訳家 渡邊ブログ

福岡 博多 漢方 カウンセリング Bloom(ブルーム)症状翻訳家 渡邊ブログ

博多ヨドバシ徒歩5分。症状デパートの方、流行りものでは健康になれないと思い知らされた方は、症状翻訳家の漢方サロンBloom(ブルーム)で開花をしていきましょう

 

症状翻訳をすることで症状を軽くし

人生を輝かせるナベこと渡邊です

症状翻訳家とは

自己紹介

 

女性にとって生理痛というのは

毎月あるもので憂鬱になるものです

 

特に痛みが強いと余計に辛いものです

 

こちらは全国1000名の人に生理痛のアンケートをした結果です

 

 

おしえて★生理痛より
 
 
生理痛の程度について、30%以上の人が「かなりひどい」
「どちらかといえばひどい」と回答しました。
日常生活への影響で目立つのは「外出が億劫になる」
「料理・掃除・洗濯などの家事が億劫になる」で約半数。
生理痛がひどい女性たちは、「寝込む」「外出できない」
「家事ができない」など、日常生活にも大きな支障を来しているようです。
 
このような状態の中
痛み止めで痛みを抑えるということで
その場をしのいでませんか?
 
生理痛がそもそもなぜ起こっているのかというと
 
1.血行不良
2.血虚(血液不足)
3.冷え
 
ここを解消してあげないと生理痛は
減って日常に差し支えなくなって来ます
 
上記の理由3点は
漢方薬だからこそ体の内面から
いい変化を起こしていくことができます
 
漢方薬の働きでいうと
 
1.血液の流れを良くする
2.血液を増やしていく
3.腎を強化することで冷えを減らす
 
ということを行っていき来ます
 
生理痛卒業したい方は
症状翻訳家カウンセリング受けてみてくださいね
 
 
ちなみに
痛いときに痛み止めは飲まれていいですけど
痛み止めは解熱鎮痛剤ですので
冷えを産みやすくなり
短時間で痛みは抑え込むものの
長期的には痛みを作る原因となりますので
気をつけてみてくださいね
 
 
 
 

本日も

症状翻訳家ブログ最後まで

読んでいただき

ありがとうございました

 

Bloom

福岡市博多区博多駅南1丁目

092-287-6205
(クリックで電話がかけられます)

症状翻訳カウンセリング

 
 
ペタしてね