しんさいニート | カトーコーキ(しんさいニート 作者)

カトーコーキ(しんさいニート 作者)

震災、原発事故、うつ病、親子、家族、故郷。

エッセイ漫画 『しんさいニート』 を通して皆様が何かを感じ、何かを考えて頂ければ幸いです。

メンタルヘルス、カウンセリングに興味のある方是非どうぞ。


テーマ:
『しんさいニート』

2011年3月11日14時46分
東日本大震災発生。

ボクは福島県南相馬市で被災しました。

それから二年、原発事故の影響により北海道函館市に移住していたボクは、職を求め上京しましたが、鬱になり仕事を辞め、そしてニートになりました。

皆さん、はじめまして。
カトーコーキと申します。

ボクは現在、自分の震災体験、鬱になってしまうまでの過程を描いた『しんさいニート』というエッセイ漫画を執筆しております。

あの東日本大震災から、早3年半が経ちました。
震災は、終わった事、過去の事と思われている方も沢山いらっしゃるでしょう。

しかし、被災者の中では、震災は終わった事ではありません。
まだ今現在もずっと続いている事なのです。

近頃では、震災関連の情報がメディアに取り上げられることもめっきり少なくなってきました。
そんな震災の風化を悲しく感じ、被災体験をした自分だからこそ、皆さんにお伝え出来ることがあるのではないかと考えはじめ、『しんさいニート』の執筆を開始するに至りました。

一般的に鬱になる方の、鬱になる理由は様々です。
身近な人との別れ、社会生活でのストレス、家族の問題、等々。
震災はあくまでその一つであり、どれが一番大変だなどと言えるもではありません。

ボクにとっての震災は、鬱の引き金となった事は確かですが、根本的な原因は著しい自己肯定感の欠如だと考えております。

生きていると、悲しい出来事は否応なく起こります。
先程挙げた、身近な人との別れや災害等々。
それは、ボクだけではなく誰にでも起こりうることです。
『しんさいニート』は、そうした事に見舞われた時、心を壊す事なく生きていく為に、何が必要なのか、家族とは何なのか、親子とは何なのか、そんな事を皆さんが少しでも考えて下さるきっかけになればと思い描いております。

しんさいニートさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス