吉祥院心龍書道家のブログ・・・あなたの心に届けたい

日本書道と中国書法の伝統的革新的融合の実践者、心龍改め吉祥院心龍と改名。自らの流派を京都に興して北洞院流を樹立。現在師範の師範である正師範として弟子を育成。書聖王義之の故里中国リンイーにて認められ美術館で常時展示中。


テーマ:
心に響く書を画く
伝統書道家心龍のブログへようこそ


心龍のホームページ【心龍心】は

{EDC34C4F-4E80-4AFB-B618-9F65AB32BD63}


7月に行きました
【書聖、王羲之の地・臨沂への旅紀行】


その時、現地の新聞記者さんが
つきっきりでおられました


その時の臨沂(リンイー、リンギ)での
文化交流のこと、、イベントのこと、
街の視察のことなど、新聞記事にも
載せて頂きました❗️

{3CCC95ED-E41F-4045-9C86-E383E85EAAE2}



その後の交流イベント後に
作品も、載せて下さるとの嬉しいお話でした、、、


昨日、記者さんからメッセージが送られてきまして

何かしら、記事掲載して下さった様です❗️
ありがとうございます✨



ところが、言葉の問題から、
どんな扱いなのかは、詳しく分からず💦
通訳さんに問い合わせております



しかし、どちらにしても
ワタクシの経歴と写真、作品を
掲載して下さったのですから、
心より感謝致します


当初、お聞きしていた形と
少し、ズレが
あるのですが、


現地のやり方もあるでしょうし・・・


書道の本拠地、中国、臨沂にて
誌面とはいえ多くの方に作品を見て頂く機会を
得た事は、嬉しいです


『心龍女士  書法芸術鑑賞』このタイトルは

何とか読めました。


写真は、王羲之の庭園で撮りました
王羲之の幼少期の頃の像の横で   撮ったモノが
選ばれてました。


多分、集合写真が多く、あまりひとりの
写真が無かったと推測されます


作品は、ひとつを除いて   日本的な書き方
の作品が  多く、中国の方は  どのような
感想を持たれるか?

お聞きしてみたいものです



ワタクシは、18年ほど前より中国人の師に
ついておりますので、  中国的なモノも
書けます、、きっとその方が評価が良いと
思われます


しかし
敢えて、日本的な作品

もっと言えば、根底に本格中国の高技法を学び

その上で、日本的なモノと融合した心龍オリジナル

なモノを出しております


「たとえ、どんな評価を受けようともです」




夢だった海外進出✨

一歩ずつではありますが、、、

歩みを進めております


中国、臨沂行きに関わって下さった
みなさま、ありがとうございます。


半年前までは、思いもよらなかった事が
ドンドン展開して来ています



大きな夢も
小さな事から    ずーっと繋がって叶えていけます



これから

どんな未来が待っているか?

楽しみに・・・いい夢見よう〜✨✨



{48B611BA-D265-498E-8610-D1A101FA4BF4}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。