吉祥院心龍書道家のブログ・・・あなたの心に届けたい

日本書道と中国書法の伝統的革新的融合の実践者、心龍改め吉祥院心龍と改名。自らの流派を京都に興して北洞院流を樹立。現在師範の師範である正師範として弟子を育成。書聖王義之の故里中国リンイーにて認められ美術館で常時展示中。


テーマ:
心に響く書を画く
伝統書道家心龍のブログへようこそ


心龍のホームページ【心龍心】は

{035985A2-D045-40B2-AC8F-E5A057D3AAA8}


8月に  中国、臨沂へ再訪した際に

本屋さんの、視察に参りました


なんと❗️
驚き‼️   すごく綺麗で、すごく広くて、


沢山の専門的な本があり、


ディスプレイされて  並べられていたり、、

{F211D06E-D7C9-409B-85B7-0F3DECBD56C3}


書道関係の本も沢山ありました

日本では、ある程度  限られたものしかないのです

欲しいモノは沢山ありましたが
今回は、見本に  2冊程、購入しました



ひとつは   大きめの臨書本
一番初めの写真の本です、中身は

{DBBCEC02-BE6F-4AAF-A37F-0C9BE026FF02}



こんな感じで  大きくて見やすく
お手本としやすいですね(^_^)


書道を習い始めると
初めは、先生の書いたお手本で、日頃の
お稽古は  始めます


中級、上級と進みますと、、
プラスで、古典の臨書が   望ましいです

が    このあたりはお教室の方針であったり
で、やっている所、ない所が、ありますね


ワタクシの教室では  3段になりますと
紹介させていただき、本人の希望を、
お聞きします

上の段を目指す人は  必須となります



古典の臨書・・・わかりやすく言えば
古い時代の素晴らしい文字を   お手本として
自分で書く


この時に  出来るだけ  現本のままに
書きます


臨書をしていきますと
ドンドンと  力がついていきます



こちらの本屋さん、4階建❓か5階建
本当に沢山の本があり、


間の階段のところでは
みなさん
座って本をみています

{2E835EAE-EFA4-4294-BBAC-49F582087B8C}



臨沂は、書聖、王羲之の地、、顔真卿
(がんしんけい)の故郷でも
ありますが、、、



王羲之の代表作のひとつ、蘭亭序の
本も買いまして、少し臨書をしてみました


{C9512F76-88FE-4E87-AB1F-5133A0C6F0FB}

{D4BA1189-AFF6-461A-8E10-DB6B177E4D53}

{2B89C2DE-13B8-4661-BE53-8049C38F2885}

今回は、購入した本に合わせて
小さめに書いております

夜中に  書いていて、、、


ふと❗️不思議な感覚を覚えました



臨沂へいきまして、その土地に触れ、風に触れ
王羲之故居にもいきまして、、、


東晋の時代の方です


一瞬、王羲之が  書いている感触というか

タイムスリップして  王羲之と対話している
感覚になりました




え!なに⁉︎❓❓

い、ま、の感覚⁉︎

16歳の頃より  ずっと臨書してきて
初めて感覚です



書いたモノの良し悪しよりも
この、、その時代の人との対話をする

感じる❗️


これが、本当に愉しい✨✨✨✨✨


新しい発見でした


臨沂(リンイー、リンギ)の旅、続く、、、



{4DA0297D-6B9F-401B-AFD8-E90203414C14}


さいごまでありがとうございます♡


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。