こんばんは☆
Hana*てまりですおねがい



台風が去ったあとのソラ。
お昼、
強風吹き荒れる中にも関わらず…
とらねこ文庫主催のフォーラム
『子どもに言葉の楽しさを届けよう』
行ってきてました。

新聞社さんや、
テレビカメラも入っていて、
アーサーさんの注目度の高さを実感。

子どもたちをはじめ、
本当に沢山の方々に
集まっていただきましたニコニコ

アーサー・ビナードさんは、
アメリカ出身の詩人で、
『はじまりの日』
『ドームがたり』など、
沢山の絵本の翻訳家さんでもあります!





子どもたち向けには、

目玉焼き(sunny  side-up)を例に出して、
同じ卵でも、
アメリカでは「太陽」をイメージ
日本では「眼球」をイメージ など、
ことばが変わると、
同じものでも違って見えること、
その面白さを、
伝えてくださってました☺️

その後、
「あり得ない事」を絵で描いたり、
言葉にするという実験!ということで、
モノになりきって、
そのモノの言葉を使って表現する
ワークショップを展開。

なかなか難しいワークでしたが、
蚊だったり、髪の毛だったり…
子どもたちの発想力に驚きました‼️👀


子どもたち一人ひとりに
丁寧に言葉をかけて関わる
アーサーさんの姿。

ふと前かがみになった時、
「アメニモマケズ」と書かれた
ベルトがチラリ‼️
お知り合いの方が気付いて
教えてくださり、
シャッターチャンス‼️爆笑
逃しませんでした〜(笑)


ホントに日常的に、
言葉を心から楽しんでる様子がわかって、
なんだか嬉しかったです☺️❤️


大人向けの講演会では、
自身が翻訳された
『ドームがたり』の絵本を片手に、

できる立ち位置にいて、
やれることがあるのにやらない。
語れるのに語らない。
それは、
本質的な理由がなければ文学者として
ダメだと。
「モノたち」が語る必要があることに注目して、
「奇跡」じゃない話をきくことが、
アーサーさんのやりたいこと。

原爆のことについても深く、、、
まとめ切れないほど、
かなり熱量多めに語ってくださいました。


あまりに日本語が上手で、
アメリカ人であることを
完全に忘れてしまってた自分がいます😅



枠にとらわれず、
『本質を見抜く』大切さを、
子どもたちに伝えたいという想いが、
とても共感できる、今日の内容でした❣️



10月16日(火)
13:30〜15:30(13:00開場)には、
NBCビデオホール(NBC別館3階)で、
ピーストークがあるそうです!
ぜひ、アーサーさんの熱いお話、
聴きに行かれてください!!
(入場無料です)

※写真掲載は、
参加者さんの了承を得ています。


子どもを笑顔に!

お母さんも笑顔に!!

繋がる活動を
サポートしていますはぁとv虹キラ葉っぱ


手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー
よろしければ、
私のことがよくわかるプロフィールも
覗いてみてください!
コチラ非公式プロフィールはこちらから
手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー手描きふうクローバー


  

各マークからそれぞれのサイトにいけますポイント。
(LINE@ ID検索:@awz8510t)


目には見えないけれど
私たちはいつも
大きな存在に守られていますハート


今日も一日
お守りくださって
ありがとうございました
☆