愛のある空間は一人では創れない | 魂の望みを知る宙詠み~月とカラーとナンバーから詠む天体色数~

魂の望みを知る宙詠み~月とカラーとナンバーから詠む天体色数~

日々の天体色数図から詠み取るメッセージをお伝えします。天体色数は神聖幾何学のフルーツ・オブ・ライフの図形を使って魂の望みを思い出し現実創造するためのツール。天体色数協会の活動記録ブログ

天体色数協会代表ゆみっちですハート

 

ということで、

亜紀さんの公開エネルギー

整体の日を迎えました虹

 

最初の約1時間は

みんなに自己紹介して

もらったり、

和歌さんから

亜紀さんについてや

エネルギー整体について

お話してもらいましたハート

 

和歌さんのpipカードを

みんなに引いてもらって、

pipのカラーを目で見て

触れてもらいました。

 

私は亜紀さんのエネルギー整体

で何が起きているのか、

集団ですることの価値について

の見解を簡単に説明しました。

私達の心は

意識と無意識があります。

(↑細かい所は、はしょります)

 

普段から自覚できている領域が意識。

 

自覚できていない領域が

無意識ですが、無意識の領域

のほうが圧倒的に広く、

自分の行動や個性や性格に

影響を与えています。

 

その無意識は、自分では

知覚できていなくても

体にもサインは出ています。

 

自分自身でまだ知覚していない

体のサインを、亜紀さんが

触れることで

亜紀さんの言葉にし、

あなたへ届きます。

 

ということは、

あなたの無意識を

意識化するための媒体として

亜紀さんの言葉があるということ。

 

無意識が癒されると

その人の周りにいる方にも

そのエネルギーは届きます。

 

意識では

個人個人で、別の固体という

認識ですが、

無意識は繋がっているからです。

 

無意識の領域に重なりが増え、

癒しのエネルギーが広がります。

 

全員が重なって、深くなると

集合無意識に変容が起こります。

 

一人一人への亜紀さんからの

メッセージは、全体への

メッセージとなります。

 

みんなのエネルギーから

受け取った亜紀さんからも

全体へのメッセージもありましたね。

 

皆で共鳴して皆で創り上げた

空間でした。

最後はシェア会お願い

 

どんな体感をしたのか、

どんなメッセージを受け取ったのか、

共に分かち合う時間。

 

なかなか言葉にならない

あの感じを、みんなで味わいました。

 

言葉にすると色んな想いが

溢れて、また言葉にならなくて、

涙が溢れて、笑顔に包まれて、

そして、

お菓子が美味しかったですね。

 

最初に見た、pipカードの問いが

エネルギー整体後に見ると

感じることが違ったという方も

多かったのではないでしょうか。

 

集団でする時に

怖れは出やすくなります。

 

どう思われるんだろう、

何を言われるんだろう、

恥ずかしい、

感じるのが怖い。

 

でもあなたはここにいた。

それって、

怖い以上の何かを得る確信が

あったからだと思います。

 

怖れ以上に自分が自分を

大切にしようと思う気持ちが

あったからだと思います。

 

どんな怖さがあったとしても、

それでも

体はここに在るということ。

 

そこに心は伴なっているということだから。

 

準備ができた方々が

集まるべくして集まったんだと

思います。

 

 

感じること、

受け取ること、

守られていること、

支えていること、

誰かを大切にしていること、

自分を愛すること。

 

そんな空間をみんなで

創造できたことに感謝で

いっぱいです。

 

共にいてくれた皆様

ありがとうございましたキラキラ

また、皆で創ろうお月様

 

 

 

そして亜紀さん、和歌さん、

ありがとうございましたお願い

 

↓勝手にハロウィン仕様

私は、無いものから、

一緒に在るものに

想像して創造していく

そのプロセスが好きです。

 

それぞれの個性を

融合して創り上げる

世界が大好きです。

その大好きを

美味しい食事と共に

味わわせて頂きました。

ありがとうございましたお願い

 

最後まで読んでいただき感謝です。

~今日もあなたがあなたで在ることを心より祝福しています~

11/4札幌で天体色数お茶会します

宝石赤インスタフォローお願いします宝石赤

お月様鑑定書依頼

お月様個人セッション依頼

お月様天体色数養成講座実施中。

zoomのオンライン受講は随時受付。

天体色数鑑定士、講師への資格が1日で取得可能です♪

虹お申込・お問い合わせはコチラ