私のお気にいり★ユチョンと韓国語と旅のこと

私のお気にいり★ユチョンと韓国語と旅のこと

ユチョン愛を叫びつつ、韓国一人旅日記(酒ネタ多しw)や、韓国語勉強のことも(^^)。
基本一匹オオカミ(かなり筋金入りw)です。

大好きなもの、心動かされるもの、素直に書いていきたいな・・。

7月2日まで、あと1週間。

 

振り返ってみると。

4月以降、自分の無力さだけを感じる毎日だった。

 

もしもね。

もしも、ユチョンが、日本のアーティストだったら。


無力は無力でも、何かしらできることがあったと思うんだ。

 

ユチョンのファン、基本的に大人女子が多いから!


みんなしっかり社会経験を積んで、得意分野だったり、すごいビジネススキルを持っていらっしゃる方もたくさん!

 

この事件の場所が日本なら、大人女子たちの力を合わせれば、メディアや警察、司法に、強く、合法的に、何かしらの働きかけができた可能性だってある。

 

私だって、微力でも、カラダ張って参加していたと思う!

 

でも。

今回、それが、全くできなかった。

 


韓国、一番近い隣国。


日本と似ているようで、実は様々なことが、日本とは大きく異なる国。

 

距離、言葉、文化の違い、風習・・その全てが壁になって。

 

ただ、精度の低い韓国メディアのニュースに一喜一憂(←いや、喜ぶことは皆無だったな・・)して、あれこれ思いをめぐらすだけだった。

 


本当に無力なのを痛感して。

何もできず、ただ、悔しいニュースに心を引っ張られるだけの、毎日の中で。

 

もう、できることと言ったら、今回の出来事を考えながら、自分の心と自問自答することぐらいだったの、私。

 

 ・・・・・・・・


・私、いつから、ユチョンが気になりだしたんだろう?

 

・いつから、「気になる」が「好き」に変わっていったんだろう?

 

・好きがどうにも止まらなくて、ブログまで初めてしまった日のこと。

 

・どんなユチョンが好き?

 

・どんなときが、一番嬉しかった?

 

・今回の件、自分の心の奥底ではどう思っているの?

 

 

そうやって、自分に問いかけながら、どんどん心を研ぎ澄ませていくと。

 

最後には、何だか全部削げ落ちていって。

 

初めて、パク・ユチョンさんという人を「チャジャッタ」したときのワクワク感とか、嬉しい気持ちとか、誰かに言いたいような、内緒にしたいようなドキドキ感とか、そういう気持ちにまで、心の時間軸が戻っていく・・。


 その、ユチョンを好きになったときの気持ちは、私の中で、今も、全く色あせてない。

 

こんな、宝物のような気持ちをくれたユチョン。

 

何度自分の心に問いかけても、「大好き」以外の気持ちが見つからないの。

 

・・・・・・・

 

7月2日まで、あと一週間。

 

私が無力なのは、何も変わらない。


現実的には、私、ユチョンに何もしてあげることができない。

 


持っているのは、「大好き」の気持ちだけ。

 

私、無力だけど。

 

でもね。


この「大好き」、実は相当パワーあると思うんだよなぁ(≧∇≦)。

 


それなりに人生経験積んだ大人女子wが、久しぶりに、誰かを本当に大好きになる気持ちになって。

 

自分と向き合って、何度も何度も考え、削って磨いて、作り上げた気持ちの結晶・・みたいなものだから。

 


私、これしか持ってないけど。

 

私がたった一つ持っている、この、研ぎ澄ませた「大好き」が、きっとユチョンの心の栄養になると信じて。

いつでも、どこでも、ユチョンに送るよ!

 

今できる、たったひとつのこと。

 


ふふん。

この気持ちはね。


海なんて、一歩で飛び越えちゃうし!

そんじょそこらの妨害電波(?)だって、負けないんだから、絶対に!

 

 

ユチョン。

無力で、ごめんね。

 

でも。

本当の「大好き」を、何度でも、送るから・・(///∇///)。

ユチョンが、はやく、おうちに帰れますように・・。



今日も、大好き!





いつも、本当にありがとうございます。

すべてに、感謝!キラキラ
・・・・・・・・・・・・・・