何気なく使っていますが、よく言理解していない事。

 

 

いただきますというあいさつの言葉。

 

 

本質はとても、深かったようです。

 

 

食前の「いただきます」は日本特有の挨拶であり、

 

 

同じ意味のことばは外国のどこを探しても見当たらない。

 

 

「いただきます」の「いただく」は、

 

 

山の頂に宿る稲作の神様への

 

 

感謝の心を表すことばに由来したもの

 

 

神様が宿るとされる山の頂上や頭のてっぺんを

 

 

「頂」と言ったため、

 

 

「頂く」「戴く」は大切なものを頭の上に

 

 

うやうやしく捧げ持つことばへと発展・・・

 

 

「いただく」というのは単に食事をもらうという意味ではなく、

 

 

本来は命を分け与えてくれる自然に対する

 

 

感謝の気持ちを伝える言葉

 

 

先人たちの感謝があふれている言葉ということですね。