百寿者

テーマ:

平均寿命は、延び続けていますが、

 


まだ100歳越えと言うようにはならないようです。

 


寿命が延びても、健やかにすごせないと意味がありません。



2017年の高齢者調査によると、

 


100歳以上の高齢者は全国で6万7824人に上り、

 

 

10年間で約6.7倍に増加

 


平均寿命と健康寿命の差は男性で約7歳、

 


女性では9~12歳と言われていますが、

 


100歳以上の人には病気やけがで寝込むことなく

 

 

元気に過ごしている

 


百寿者がいらっしゃいます。


ポイントは、バランスの良い老化

 


百寿者を調べてみると、極端にダメージを受けている部位はなく、

 


からだ全体がゆるやかにバランスよく老化している・・・



筋肉量の調査によると、男性も女性も大腿、

 


すなわち「ふともも」と、腹筋と背筋を合わせた

 

 

「体幹」の筋肉の衰えが目立つ。

 


100歳近い人たちの変化が興味深い・・・



男性では体幹の筋肉量が90歳から100歳にかけて増加、

 


女性では下腿の筋肉が増えていた。

 


筋肉は30歳を超えると年1%ずつ萎縮し、

 


70歳で全盛期の7割以下、80歳では6割以下に減少。



ちょきん・・・貯筋がポイントだと(笑)