What to do when machines do everything

テーマ:

去年は、人手不足・人口減少・高齢化ということを

 


実感した1年だったかもしれませんね。

 


その中で、人工知能・ビッグデータ・ロボットと言ったものが

 


現実の社会に意識され、

 


将来・・・現実になった時、何が起きるか?

 


期待と不安が入り混じった思いが

 

 

交錯しているのかもしれません。


What to do when machines do everything
(機械が全てを行うとき、人間は何をすべきか)



今後10年から15年で、アメリカの仕事の12%が

 

 

機械に取って代わられるだろうと予測

 


奪われた仕事は本来、人間がやる必要のない仕事とも

 

 

いえるかもしれません。

 


その代わりに、新たな仕事が生まれるかもしれないとも…

 


ロボット時代のキャリア?


・データ調査官


・歩き仲間/話し相手


・AR(拡張現実)ストーリービルダー


・フィットネス・コミットメント・カウンセラー


・倫理的調達責任者


・最高信頼責任者


理解不能のキャリアもありますが、

 

 

機械ができない事を人間が?

 


それは、それで・・・楽観的すぎるかもしれませんね(笑)