1月18日の土曜日は休診にさせていただきまして、18日~19日にかけて下関市海峡メッセで開催された「日本エンドメトリオーシス学会」に出席致しました。

 

 

 

エンドメトリオーシスとは子宮内膜症を意味し、その子宮内膜症は生殖年齢女性の約1割が罹患する頻度の高い疾患です。

原因は不明とされていますが、卵管を月経血が逆流することが原因とされる説が最も支持されています。主に月経時の疼痛や妊娠に大きく影響を与えるほか、エストロゲン依存性の疾患であるため、生殖医療の妨げにもなります。

また、患者さんの生活背景によって治療の選択肢も様々です。手術を選択すべきか薬物療法を選択すべきかということも、しっかり熟考すべきポイントです。

 

 

本学会では、生殖、QOLの低下、癌化、免疫反応、術後再発、薬物選択…様々な観点で勉強させてもらいました。

 

 

1日目の夜は「意見交換会」という名の懇親会に出席しましたが、専門家の方々に萎縮してしまい、しっかり食事は堪能しつつも早々に引き上げてしまいました。汗

 

ふぐ刺しを食べようとして、テーブルクロスにポン酢をこぼして汚してしまったことは深く反省ですあせるでも、美味しくいただきました(笑)

 

 

所属するJISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関)では、以前子宮内膜症患者の生殖鍼灸を研究テーマとし、数名の会員と共に学びました。しかし、なかなかはっきりした結論に結び付けることが出来ませんでした。

今回学会に出席したことで、論文だけでは知り得なかった内容に触れることが出来たことは大きな利益でした。

しかし、本疾患を理解するには、まだまだ浅知恵でしかないなという印象も否めません。

喝が入りましたパンチ!

 

3月には、前述したJISRAM公開講座が開催されます。

ご興味をお持ちの鍼灸師さん、必見です!

 

 

 

 

 

あれよあれよと、1月も後半です。

新型肺炎もどこまで感染を拡大させるのか…。

つい忘れがちなマスクと手洗い、後で辛い思いをしないためにも予防の心を強めていきましょう!

 

 

2月は8日土曜日の診療が通常20時のところ、17時までとさせていただきます。

日曜、祝日は前日までのご予約ですと可能です。

 

 

 

 

純はり・きゅう院https://junhariq.com/