チッチの時事評論 第145回:ちょっとした節約術 | 質 篠原商店 ブログ

質 篠原商店 ブログ

栃木県宇都宮市塙田の質屋(質店)、篠原商店 のブログです

 

 街の樹々が色づいてきました。秋が深まってきましたねえ。雲はちぢれてますし、夜は月がきれいです。昨日は犬の散歩中にカマキリと大きなバッタを見つけました。街中を流れる川にはカモちゃんたちも来ています。

 

 第145回は【ちょっとした節約術】です。節約のプロから見ればたいしたものではありませんが、チッチが日頃行っている節約術をご紹介します。

 

                                                                   

 

【 目 次 】

 

⑴ 予算内に収めるためには【節約】が必要

⑵ 節約術①―エアコンの【電気代】を削減

⑶ 節約術②―【ガス代】を削減

⑷ 節約術③―【まとめ買い】を駆使する

⑸ 節約術④―【保険】や【通信】の契約を見直す

⑹ 頑張り過ぎちゃだめですよ

 

                                                                   

 

⑴ 予算内に収めるためには【節約】が必要

 

 

 前回は予算についてお話ししましたが、項目ごとに予算を設定し、その予算内に収まるように生活するためには、どうしても【節約】が必要になってきます。というわけで、今回はチッチが日頃から実践しているちょっとした節約術をいくつかご紹介します。

 ちなみに、チッチは料理ができないので、節約料理の情報はお届けできません。そこのところはごめんなさいね。また、せっせと節約生活に励んでいる方には釈迦に説法になりますが、しばらくおつき合い下さい。チッチの書く記事は何事においても初心者の方を対象としています。【初心者の方が読みやすいように、そして分かりやすいように】がチッチのモットーです。

 

 

⑵ 節約術①―エアコンの【電気代】を削減

 

 

 まずは電気代の削減術からいきましょう。電気代が最もかかるものはエアコンです。エアコンはつけたり消したりするよりも、つけっ放しの方が電気代がかかりません。例えば暖房の場合は、部屋が暖まったら切るのではなく、設定温度を下げましょう。消して部屋が冷えたらまた暖房を入れるということをくり返すことが、1番電気代がかかります。

 また、冷房・暖房効率を高めるために扇風機を使いましょう。扇風機を使うと、部屋全体に温風・冷風が行き届き、エアコンの風量や設定温度を過剰にしなくてすみます。それから、遮光カーテンも利用しましょう。これは、せっかく暖まった・冷えた空気を逃さないためです。

 エアコンのフィルターも毎月1回は掃除しましょう。フィルターがほこりで詰まると、エアコンの効きが悪くなります。効きが悪いと、風量や設定温度を強くしないといけなくなります。


  ① エアコンを頻繁に付けたり消したりしない
  ② エアコンを使用する際は扇風機も併用する。
  ③ 暖まった・冷えた空気を逃さないように遮光カーテンを使用する。
  ④ エアコンのフィルターを毎月1回は掃除する。

 

 

⑶ 節約術②―【ガス代】の削減

 

 

 次はガス代です。まず夏場はガス代を大幅に削減できる機会です。夏場の給湯器の温度は冬よりも下げて使いましょう。例えばチッチの場合は、冬は42~43度ですが、夏は38度まで下げます。

 冬場は入浴時のシャワーの温度は、夏場よりも上げると思いますが、食器洗いの時は温度を下げましょう。最初はめんどうかもしれませんが、慣れれば何の苦もなく無意識にやるようになります。

 あとは、体を洗っている時はシャワーを止めましょう。そうすると、ガス代のほか水道代の削減にもなります。1人暮らしの人間がこれらの方法を取っても、削減幅は微々たるものですが、3人4人家族の場合ですと1,000円以上の削減(年間に換算すると10,000円以上になります!)を期待できるので、家族全員で取り組んで下さいね。

  ① 夏場は給湯器の温度を下げる
  ② 食器洗いの時はシャワー使用時よりも温度を下げる。
  ③ 体を洗っている時はシャワーを止める。

 

 

⑷ 節約術③―【まとめ買い】を駆使する

 

 

 日々の買い物については、何とか【まとめ買い】を利用したいところです。どんな商品にせよ、バラ(単品)で買うよりは複数セット商品の方が、1個当たりの値段が安くなっています。例えばチッチには愛犬がいるので、ドッグフード、お掃除シート、体ふきシート、おしっこシートなど、犬関連の商品は必ずまとめ買いをしています。

 計算すると、年間を通しての節約幅はこれだけで軽く10,000円は超します。まとめ買いの威力は絶大なので、「今月はAをまとめ買いするから、Bの予算はいつもより減らす」という具合に、【予算のデコボコ】を駆使して何とかまとめ買いの費用を捻出しましょう。

 それができない場合は【家庭内ローン】を組むという手もあります。どういうことかといいますと、例えばあるものをまとめ買いするために12,000円必要だったならば、貯金から12,000円下ろすのです。1月に4,000円を貯金口座に入れてゆきますと、3ヶ月で貯金額がもと通りになります。ということは、この場合まとめ買いしたものは、最低でも3ヶ月は持たせなければならない、ということです。

  ① まとめ買い術A(当月短期)…予算のデコボコを駆使する。
  ② まとめ買い術B(複月長期)…貯金を利用して家庭内ローンを組む。

 

 

⑸ 節約術④―【保険】や【通信】の契約を見直す

 

 

 

 それから、保険の保障プランを見直してみましょう。今の保障プランが今の家族構成と生活スタイルに本当に適しているのかどうか確認し、過剰な場合はプランをグレードダウンしましょう。

 もし今の保障プランが適正だったとしても、他社の同プランで安いものもあるので、保険相談の店やネットサービスを利用してみましょう。うまくいけばプランを変えるだけで数百円から数千円の削減となり、実はこれが最も手っ取り早い出費削減法なんですね。

 また、スマホやプロバイダに関しても、知らない間に今よりも割安のプランが出ていることもあるので、見直してみましょう。調べれば毎月の固定費を削減することができます。

  ① 医療、火災、ペットなどの【保険料】を見直す。
  ② スマホやプロバイダの【通信費】を見直す。

 

 

⑹ 頑張り過ぎちゃだめですよ

 

 

 ほか、いろいろ節約術はありますが、紙面の都合もあり、この辺で終わらせていただきます。最後に1つ、節約で大切なことは、頑張り過ぎないことです。極限まで切り詰めた生活は節約というより、もはやサバイバルです。

 そんなサバイバル生活では家族全員が長く持ちません。節約は家族全員で臨まなければ大きく効果が現れないものです。だから節約生活は、家族全員が楽しく長続きできるようなものでなければなりません。

 というわけで、毎日のビールやジュース、それから湯舟に浸かることなどを大幅に削減しないで下さい。それは企業でいえば【販促のための必要経費】になります。これらがあるから、子供もダーリンも日々の生活を頑張れるわけです。もう1度くり返しますが、節約で大切なことは頑張り過ぎないことです。無理のない節約生活を心掛けましょう。
 

 

(原稿用紙6.3枚)

 

 

【 主婦への応援企画 】

 

〈良い休息の取り方〉

⑴ 第137回:深呼吸で思考停止(2020年9月3日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12622244883.html

⑵ 第138回:イメージ深呼吸(2020年9月9日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12623628165.html

⑶ 第139回:マインドフルネス瞑想(2020年9月12日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12624407844.html

⑷ 第140回:不安を恐怖に転換して対応する(2020年9月16日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12625340316.html

⑸ 第141回:サンクチュアリの時間を持つ(2020年9月19日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12626046088.html

 

〈家計やりくり必勝法〉

⑴ 第143回:家計簿で支出を把握する(2020年9月30日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12628456645.html

⑵ 第144回:予算を組んでやりくりする(2020年10月3日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12629129884.html

 

 

* 篠原商店は〈主婦〉や〈働く女性〉を応援する【生活改善質屋】です 💓

篠原商店の応援企画 👉 https://shinohara78.co.jp/menu