チッチの時事評論 第144回:予算を組んでやりくりする | 質 篠原商店 ブログ

質 篠原商店 ブログ

栃木県宇都宮市塙田の質屋(質店)、篠原商店 のブログです

 

 おかげさまで、当店のホームページのアクセス数がかなり増えてきています。最近は【応援企画】と【チッチの推薦洋服】へのアクセス数が増えてきていますね。ありがとうございます <(_ _)>

 

 第144回は【予算を組んでやりくりする】です。チッチが毎月こつこつ洋服を買えるのも、支出項目ごとに予算を組み、予算内に収まるように生活しているからです。予算を組んで行動すると、うまくやりくりできますよ。

 

                                                                   

 

【 目 次 】

 

⑴ 支出項目ごとに予算を設定してみましょう

⑵ 予算設定の前にまず家計簿を細かくつける

⑶ 家計のやりくりの理想は【2:6:2】です

⑷ 予算設定の利点①―出費過多を防ぐ

⑸ 予算設定の利点②―予算の凸凹を利用できる

⑹ 予算設定の利点③―生活の問題点に気づく

 

                                                                   

 

⑴ 支出項目ごとに予算を設定してみましょう

 

 

 前回は家計簿をつけていない方に、「まずは家計簿をつけて、ざっくりとでもいいから毎月の支出を把握しましょう」ということをお伝えしました。もしあなたが、家計簿の支出項目をけっこう細かく設定しており、支出の詳細を把握しているならば、さらに1つ上のステップに挑戦してみませんか。

 それは何かといいますと、【予算】を組むことです。項目ごとに予算を設定し、予算内に収まるようにやりくりするのです。そうすれば、赤字は解消し、毎月きちんと貯金ができます。ごくごく当たり前のことですが、家計簿をつけていないと、この当たり前のことができないんですね。

 

 

⑵ 予算設定の前にまず家計簿を細かくつける

 

 

 一方、今家計簿をざっくりつけている方は、そうですね、半年後にはこの予算式やりくりに挑戦することを目標としてはどうでしょうか。ただし、この方法は支出項目がある程度多くないと機能しません。

 そこで、家計簿ざっくりさんは予算式やりくりに臨む前に、家計簿のつけ方を細かくする必要があります。では、家計簿初心者の方のために、ロードマップを描いてみますね。家計簿をつけることを切りよく1月から始めたとすると、以下のような流れはどうでしょうか。

  Step 1……1~3月の3ヶ月間、家計簿をざっくりつける(支出項目5~7)。
  Step 2……4~6月の3ヶ月間、家計簿を細かくつける(支出項目10~15)。
  Step 3……7月から項目ごとに予算を組んで、予算内に収まるように行動する。

 

 

⑶ 家計のやりくりの理想は【2:6:2】です

 

 

 さて、肝心の予算設定の目安ですが、当然、年収や家族構成によって変わってきます。こちらについてはネットでいろいろ記事があるので、お手数ですが、そちらを閲覧して下さい。ただ参考までに1つだけ記事をご紹介しておきます(*)。

* 「【家計簿】はこれが正解!本当にお金をためるための方法」.ワレの頭をくりぬいて貯金箱にしたろか?.<https://kakeibot.com/expenses/>

 それから、家計には【家計のやりくり黄金比率】というものがありまして、内訳は【貯金=2割】【生活費=6割】【自己投資=2割】となります。この比率に則りますと、手取り25万円の場合で1人暮らしの場合は、【貯金=5万円】【生活費=15万円】【自己投資=5万円】となります。家計の理想はこの【2:6:2】です。

 

 

⑷ 予算設定の利点①―出費過多を防ぐ

 

 

 ここから、この予算式やりくりの利点を3点ほど紹介します。まず1点目は、改めて述べますが、予算内に収まるように行動するようになることです。これによって、出費過多になることを防ぐことになります。

 予算とはいってみれば【目標】です。そして人間というものは、目標が定まれば、その目標を達成するように努力するようになります。また、行動しているうちに、目標を達成するための良い手がいろいろ思いつくようになるものです。

 ちなみに、予算内に収まるように行動するということは、行動をコントロールするということであり、その行動をコントロールするということは、自身の欲望をコントロールするということです。飲み食い、ショッピング、旅行など、どんな欲望を満たすにもお金がかかる以上、予算を設定し、お金の使用に一定の制限をかけることは、欲望のコントロールにつながります。

 

 

⑸ 予算設定の利点②―予算の凸凹を利用できる

 

 

 次に2点目は、予算のデコボコを駆使することによって、やりくりがうまくなることです。どういうことかといいますと、例えば、光熱費が思ったよりも行かなかったならば、浮いた分で自身のご褒美にカフェに行くとか、また、食費が予算を上回りそうならば、服の予算を削って食費に当てるとか、こういう具合です。

 何かが浮いたならば、何かが当初の予算よりも多く使えるようになり、逆に何かが出過ぎたならば、何かの出費を当初の予算よりも低く抑える――家計をやりくりするとはまさにこういうことであり、家計簿をつけていないとこれができないんですね。

 【出費の記録】と【項目別の予算設定】というこの2つができてこそ、予算のデコボコを駆使するという能力が身につきます。この能力がつくと、「やりくりが楽しい」とまでは行きませんが、厳しいやりくりの中でも「家計を見事にコントロールしている」という満足感を得られ、やりくりのストレスが軽減します。

 

 

⑹ 予算設定の利点③―生活の問題点に気づく

 

 

 最後の3点目は、自己の生活パターンの問題点に気づくことです。例えば、頭痛や胃痛でしょっちゅう病院に行き、毎月医療費が予算内に収まらないと、「夜更かしや暴飲暴食を止めて、生活習慣を改めよう」という気になるものです。

 また、自分が意外と多趣味でさまざまなことにお金を使い、しかもどれもこれも中途半端な物になっていることに気づき、「収入にも限りがあるし、趣味を絞らないと」という気も湧いてきます。

 予算設定式の家計簿には、QOL(Quality Of Life=人生の質)を高めるためのフレームワークとしての機能があります。悪しき生活習慣からくり出される出費は【浪費】であり、健康的な生活習慣による出費のみが適切な【消費】なのです。生活習慣を改めるだけで、けっこうな支出の削減になりますよ。

 

 

(原稿用紙5.6枚)

 

 

【 主婦への応援企画 】

 

〈良い休息の取り方〉

⑴ 第137回:深呼吸で思考停止(2020年9月3日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12622244883.html

⑵ 第138回:イメージ深呼吸(2020年9月9日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12623628165.html

⑶ 第139回:マインドフルネス瞑想(2020年9月12日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12624407844.html

⑷ 第140回:不安を恐怖に転換して対応する(2020年9月16日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12625340316.html

⑸ 第141回:サンクチュアリの時間を持つ(2020年9月19日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12626046088.html

 

〈家計やりくり必勝法〉

⑴ 第143回:家計簿で支出を把握する(2020年9月30日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12628456645.html

 

 

* 篠原商店は〈主婦〉や〈働く女性〉を応援する【生活改善質屋】です 💓

篠原商店の応援企画 👉 https://shinohara78.co.jp/menu