チッチの時事評論 第141回:サンクチュアリの時間を持つ | 質 篠原商店 ブログ

質 篠原商店 ブログ

栃木県宇都宮市塙田の質屋(質店)、篠原商店 のブログです

 

 今日は急に肌寒くなりました。ただ今23℃しかありません。昨日と10℃も落差があります。宇都宮は、明日はさらに1、2℃気温が下がるそうです。寒暖差が激しくなり、どんどん秋めいてきました。店舗の周りにはカナブンがたくさんいます。

 

 第141回は【サンクチュアリの時間を持つ】です。今回で【良い休息の取り方】シリーズはおしまいになります。深呼吸をするにも、瞑想をするにも、とりあえずサンクチュアリの時間が必要です。

 

                                                                   

 

【 目 次 】

 

⑴ サンクチュアリは心を癒す場所

⑵ 1人になれる時間を確保する

⑶ 休息専用の場所を設ける

⑷ 休息専用の道具を用意する

⑸ サンクチュアリの時間で深呼吸や瞑想をする

⑹ 心理カウンセラーの力を借りましょう

 

                                                                   

 

⑴ サンクチュアリは心を癒す場所

 

 

 【良い休息の取り方】シリーズも今回で最後になります。最終回にぜひともあなたにいっておきたいことは、1日の中で必ず【サンクチュアリ】の時間を確保して下さい、ということです。

 サンクチュアリsanctuaryは日本語では【聖域】という意味で、ごくごく簡単にいえば、日常の喧騒で疲れた心を癒す場所です。だから、サンクチュアリでは普段のようにぺちゃくちゃおしゃべりをしてはいけません。すれば多忙の普段と変わらず、心を癒せなくなります。サンクチュアリは静かに穏やかに過ごす場所なのです。

 

 

⑵ 1人になれる時間を確保する

 

 

 というわけで、このサンクチュアリを見習って、あなたも1日の中で必ず旦那や子供など誰にも邪魔されず、1人でゆったりと過ごせる時間を確保しましょう。5分10分だけでもいいです。電話やラインに出てもだめですし、テレビや音楽も消して下さい。

 1日の中でサンクチュアリの時間を作ることに当たって、この1人になるということは絶対条件です。犬や猫ちゃんを飼っている方は仕方ないですが、犬や猫ちゃんが「かまって」と遊びにきても、心を鬼にして休息中は相手しないで下さい。

 

 

⑶ 休息専用の場所を設ける

 

 

 時間の次は場所です。これは、休息する時にしか使わない場所を設けて下さい。自室の隅とか、掃き出しの窓の前とか、廊下とか、とにかく普段はほとんど留まらないところが良いです。


 場所を確保できない方は、例えば、いつもはソファーの右側に座っているのであれば、休息時は左側という具合にして下さい。どうしても右側じゃないと落ち着かないという方は、休息にしか使わない座布団やクッションを用意しましょう。

 

 

⑷ 休息専用の道具を用意する

 

 

 座布団も用意できない場合は、ハンカチは用意できますか。ハンカチは膝の上においてもいいし、そばに置くだけでもいいです。休息の時にしか使わないハンカチを用意して下さい。

 とにかく大切なのは、仕事と休息のメリハリをつけることです。そのためには、休息専用の場所を設け、休息でしか使わない物を用意する必要があります。イメージ深呼吸でわざわざマウスピースを用意するのも、こういう理由からなんですね。

 

 

⑸ サンクチュアリの時間で深呼吸や瞑想をする

 

 

 ではここで、サンクチュアリの時間を作るための条件をまとめましょう。

  ① 1人の時間を確保する
  ② 休息専用の場所を設ける
  ③ 休息専用の道具を用意する

 この3つの条件がそろってはじめて、サンクチュアリの時間を持つことになります。そして、これまでご紹介してきた深呼吸やマインドフルネス瞑想というものは、このサンクチュアリの時間の中で行ってこそ効果を発揮するんですね。

 がちゃがちゃうるさい状況では、深呼吸もマインドフルネス瞑想も気が散って集中できませんし、集中できないと、リラックス神経である副交感神経を刺激できません。深呼吸やマインドフルネス瞑想を行うに当たって、サンクチュアリの時間を持つことは絶対条件です。

 

 

⑹ 心理カウンセラーの力を借りましょう

 

 

 物事に絶対はありません。中には、サンクチュアリを持つことができ、深呼吸やマインドフルネス瞑想をしているにもかかわらず、毎日陰鬱とした気分になっている方もいるでしょう。

 こういう方は、心理カウンセリングに行かれてはどうでしょうか。「そんなに重い鬱でもないし」と思うかもしれませんが、軽いからこそ復調も早いのです。ずたぼろの状態になってからカウンセラーの元を訪れても、ずたぼろだけに回復までに長い時間を要しますし、当然お金もかかってきます。

 心の不調というものも、ガンと同じように早期発見が大切です。ガンは初期症状のうちに治療を始めれば、痛みなく速やかに治ります。これと同じように、心の不調のサインを感じ取ったら、カウンセリングに行くのも1つの手です。また、場合によっては、診療内科に行ってお薬の力を借りることも必要でしょう。

 家計、舅姑、ママ友、近隣住人など、さまざま問題を抱えていながらも、誰にも相談できず、孤立している主婦の方が多いことを、チッチは理解しています。そういう方は、カウンセラーに悩みを吐き出してみましょう。カウンセリングの時間が、あなたにとっての大切なサンクチュアリの時間になりますよ。日々の暮らしの中に、定期的にサンクチュアリの時間を持ちましょう。
 

 

(原稿用紙5枚)

 

 

【 良い休息の取り方シリーズ 】

 

⑴ 第137回:深呼吸で思考停止(2020年9月3日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12622244883.html

⑵ 第138回:イメージ深呼吸(2020年9月9日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12623628165.html

⑶ 第139回:マインドフルネス瞑想(2020年9月12日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12624407844.html

⑷ 第140回:不安を恐怖に転換して対応する(2020年9月16日)

  👉 https://ameblo.jp/shinohara78/entry-12625340316.html

 

* 篠原商店は〈主婦〉や〈働く女性〉を応援する【生活改善質屋】です 💓

篠原商店の応援企画 👉 https://shinohara78.co.jp/menu